fc2ブログ
カナット通信~kanatt blog~
京都のヘアサロン kanatt スタッフのブログ
【 避密(ひみつ)の京都 】    NAOYA
image0 (67)


こんな時だからこそ、地元京都を再発見。
密を避けて京都のあちこちを巡って来ました。

題して『避密(ひみつ)の京都』

2021年の上半期(1月~5月)に訪れた場所や眺めた景色を『切り撮り』ました。
今回ご紹介するのは約10カ所。
地元京都ならではの景色や季節の移り変わりを感じて頂けますと幸いです(^-^)
※『避密』とは言え、感染症対策は心掛けて下さいね。

<1月中旬~下旬>
北野天満宮のカラフルな花手水
知る人ぞ知る、花手水の隠れた名所です
image1 (32)

パステルカラーの花々
image0 (48)

菜の花やガーベラ。 春色に彩られた花手水 
image2 (29)

天神さんのシンボル 梅の花
ほころび始めた梅の花が春の訪れを告げます
image3 (26)

綺麗な花を眺めると心が和みますね(^-^)

<2月中旬>
京都一周トレイル 東山コース 
時には適度な運動で自己免疫力を高めるのも大切ですね!

伏見稲荷~稲荷山~清水寺  (ゆっくりペースで2時間弱)
image0 (60)

静かな千本鳥居  人も少ないので歩きやすいです
image0 (51)

伏見稲荷といえば吉凶17種類のおみくじ (ネタバレになるので、番号と○○吉は伏せておきます)
たびだち・・・遠くは悪し 近くは良しetc…   遠出するなよって事でしょうか(^-^;
image1 (34)

この日は竹林経由のマイナーコースを山頂まで
image2 (31)

山頂までの道標
image3 (27)

稲荷山山頂にて 
 image4 (24)

改修されたばかりの清水の舞台  人影もまばら・・・。
京都観光の代表格である清水寺も今は『避密の場所』です。
image0 (49)

仰ぎ見る清水の舞台
image1 (33)

清水寺 西門から市内の眺望
image0 (61)


<3月下旬>
桜色にライトアップされた二条城 (帰宅途中に)
image0 (52)

 同じ日、帰宅途中に眺めた 満月と満開の桜
(今年の桜はは観測史上最も早い開花となりました)
image1 (36)

菜の花と桜の競演 桂川にて
今年の桜は観測史上最も早い開花でした。
京都市内にも こんなに長閑な場所があります。
image2 (33)

桜のトンネル
image3 (29)

<4月上旬>
葉桜と蒸気機関車  梅小路公園にて
image1 (43)

新緑にも映えます
間近で見ると凄い迫力!
(期間限定の鬼滅号)
image2 (39)

京都市内に5カ所設置されたポケモンマンホール  皆さんも探してみては?(^-^)
  image3 (33)


京セラ美術館 (旧 京都市美術館)
image0 (64)
新旧、調和のとれた建築美が印象的でした。
image1 (44)

image2 (40)

image3 (34)

岡崎公園もポケモンマンホールスポットです。
image0 (65)


<4月下旬>
城南宮の藤
image6 (6)

手入れの行き届いたお庭
image5 (10)

見頃を迎えた藤とツツジがとても綺麗でした。
image1 (45)

image3 (35)


松尾大社のヤマブキ
image0 (54)

白虎おみくじが行儀よく並んでます(^-^)
image1 (38)

お酒の神様ならではの風景
image2 (35)


京都一周トレイル 西山コース
嵐山~苔寺

中央に架かる橋は渡月橋
左後方の山は愛宕山
中央やや左はモンキーパーク
image3 (31)

路迷いの心配は無いと思います
image4 (26)

エモいフォントの看板 トレイルゴール地点にて
image5 (8)


長岡京市 柳谷観音楊谷寺へサイクリング

カーネーションの花手水
image0 (55)

ツツジがあしらわれた庭手水 この時期ならでは
image2 (36)

気持ち良さげに泳ぐ立派な鯉のぼり
image4 (27)


JR保津峡駅から嵐山までゆるりとハイキング (保津峡駅~鳥居本まで徒歩で約1時間)
下車した瞬間 この景色
image0 (56)


トロッコ保津峡駅への吊り橋にて
(トロッコ列車と保津川下り)
image1 (40)

鳥居本 新緑の爽やかな季節
image2 (37)


<5月中旬>
観測史上最も早く梅雨入りした京都
北野天満宮 御土居の青紅葉
image0 (66)

柳谷観音楊谷寺
この場所へはいつもサイクリングで
image0 (57)

花手水はマリーゴールド
image1 (41)

庭手水もマリーゴールド
image3 (32)

ハートの盆手水 書院にて
image4 (28)

あじさいの見頃には早かったようです。
image5 (9)


梅雨の合間
爽やかな清滝の朝
image0 (58)

登山道に咲く『クリンソウ』に足を止め
image0 (62)

愛宕山山頂付近からの眺望
image1 (42)

下山後に立ち寄った渡月橋から
image0 (59)


『避密の京都』をあちこち巡った来ました。
遠出が難しい昨今。
京都を再発見するには良い機会かも知れませんね。

かつての賑わいはもう少し先のようですが、何とか乗り越えましょう!
【2021/05/24 14:37】 | 美容室 | トラックバック(0) |
Mt.八経ヶ岳 [MARICO]

IMG-0648.jpg

またまた思い出しブログ。
去年の夏に奈良県の八経ヶ岳(はっきょうがたけ)に行った時の話。
よろしくどーぞ。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

八経ヶ岳とは、、、
紀伊山地の一角として奈良県吉野郡天川村と上北山村の堺に位置する山。
標高1915mで奈良県および近畿地方で一番高い山です。

確かこの時、ワタシは久し振りのお山にもかかわらず、下調べをあまりしていなかったので、
関西で一番高い山ということも知らず、、。
しかもなぜか、山登りの荷物はウルトラライトだ!がワタシの中でのテーマで
最小限の荷物しか持たず。夏だから雨大丈夫っしょと、ちゃんとした合羽を持って行きませんでした。
果たして大丈夫か、、、。

am5:00 迎えに来てもらい出発です。
夜明けの空を見ながら(途中寝ながら)登山口まで。

IMG-0251.jpg

am8:00 駐車場着。
今日のメンバーはお山の先輩Mさんと、そのお友達のSさんです。
しばらく道路を歩いて、登山口へ。
いくぞぉ~ !

06E0518C-6657-4298-9A8C-04813E62E47A.jpg

98B92DDE-C586-45D5-A3F1-F2CB16215319 - コピー
(今日のおやつセット♪)

8月なのにけっこう涼しくて歩きやすかったです。
登山道は石や岩が多くて、苔も多かった。
歩き始めはわりとヨユーだった気がします。

2A4EF650-A730-49F3-A901-1C927F7F7954.jpg

4563CE20-68DA-4EED-A7EF-A23BB39E4405.jpg

歩き始めて2時間後、「雨雲きてるー」(スマホで雨雲レーダーを見て)
エーー!今日カッパ持って来てない!うっすいウインドブレーカーみたいなやつしかない!!

IMG-0679.jpg

仕方なくそれを着て歩きます。
帽子のつばから水がポタポタ落ちてくる。。。
雨なのか、汗(冷や汗)なのか、、このとき、けっこうな急登なのに速いペースで登っていました。
あの速さは普段では出せません。相当雨が嫌だったんでしょう。
(じゃあ合羽持ってこい。ww)

E6B49118-C40B-4887-8757-7428846A42E2.jpg
(階段って地味にしんどいよね)

雨の中歩いて40分、あー!建物が見えてきたーー!!
山の頂上に着いたぐらいの嬉しさ 笑。

2020-08-11 11-35-21
(弥山小屋)


am12:00
雨もあがったー!お昼ご飯です。この日は、家で沸かしていったお湯でカップラーメンが食べられるのか?
というのをやってみました。

IMG-0696.jpg
(小さいサイズのカップラーメンですが)

結果、食べられます!沸騰したお湯を保温ボトルに入れて
8時間後でも十分熱いお湯でした。ボトルをさらに保温(保冷)バックに入れておくと
さらに冷めにくいです。

7EBA7F98-9FDF-4073-B10E-52EDC37D0322 - コピー

Mさんが作ってくれたフルーツ入りの炭酸を飲みながら
やり切った感でしたが、「まだ頂上に行ってないんだョ」と言われる。笑

5B24CA66-2BAD-4206-B1D2-284E909B6A30.jpg

pm12:30
お昼を食べて、目指すは頂上。

が、、真っ白でなんにも見えなーーい!!

403625C3-5401-4FDB-A7AE-9962BD6F7A13.jpg

pm13:00
展望が悪いので、すぐ下山しました。
それとこの時、ちょっと高山病っぽくなりました。
2000mぐらいの山にいくとたまになります。
やたらと息が切れるし、アタマも痛い。。
標高が低くなるにつれて症状は治まります。

8633F0CC-BFDA-4195-8D3D-CADC44819D1C.jpg
(緑に紛れ込む)

7E27990F-846D-496B-85F4-3D95DF5281BD.jpg

pm13:30
弥山小屋まで戻ると、すごい近くまで鹿がやってきました。
てゆうか人なれしてる?!

それから、、、
下山のとき、めちゃくちゃ足が痛くなりました。
登りは駆け上がるように歩けたのに、、、(てゆうか、それがいけなかったのかも?)
ストックと膝用サポーターを借りても歩くのがツライ(;´Д`)
Mさんは下りが得意で歩くのが早いので、先に行って車とってくる!と
いってくれました。
pm16:30
ヒーコラいいながらも、無事下山!よかった!!

IMG-0717_20210506191110e18.jpg
(下山途中に晴れ間があって見えた景色)

9E54A086-FC69-4B3B-B209-8B4893A915DD - コピー
(このポーズはファンタスティックポーズといいます。笑)


43BABD2F-6011-4C4E-9C6C-E97D1668C65C.jpg
(体力の限界が近いが、ゴールも近い!)

帰りは洞川温泉に寄って汗を流して帰りました。

7E6FB293-C4D4-492F-9A11-5E37F164092C.jpg
(温泉街もぶらぶらしました)

今までいろんな山にいったけど、八経ヶ岳はツラかった山のベスト3に入るくらいでした。苦笑
登と下りで合計8時間の日帰り。
これからは合羽は絶対持って行くと心にきめました。
ちなみに、ツラかった登山1位と2位は伊吹山の夜間登山(行ったのは2014年)と、
真夏の愛宕山登山(行ったのは2015年)であります。
でも、不思議とツラかった記憶って薄れていくもので、
今なら伊吹山も愛宕山も行ける気がしてます。 (ワタシだけ?)

関西の最高峰登頂&山をなめるなよby父
の言葉が身に染みた山行となりました。

2020年8月11日
弥山登山口~弥山小屋~八経ヶ岳

9F9E2E3A-EE68-4206-A09E-AF0C77A208B1.jpg
【2021/05/01 13:10】 | MARICO☆(栁澤真利子) | トラックバック(0) |
【ガンプラ日記】part③  最終章
image0 (46)

【ガンプラ日記】 最終章

ジオラマベース&ウェザリング入門編
今回もマニアックな内容ですみません・・・m(__)m

テーマは『砂地のグフ』です。
ガンダムに興味のない方は『グフって何?』ですよね・・・(^-^;

(※グフとは・・・作中の敵側勢力であるジオン公国軍のモビルスーツ。パイロットはランバ・ラル)
image0 (45)

制作風景を失敗を含めてサクッとご紹介。

:今回も材料は100均で揃えました。
・木製トレー
・発泡スチロール
・木工用ボンド
・工作用ねんど
image0 (38) - コピー

・水性塗料
image1 (25) - コピー

・パステル&茶こし   感が良い人なら使い方はピン!ときますね(^-^)
image2 (23) - コピー

・マスキングテープ
image3 (20)

その他の材料も使いますが、その都度ご紹介(^-^)

(制作工程)
:木製トレーの縁にマスキングテープを施して
image4 (18)

:そこに発泡スチロールをはめ込み
image0 (39)

:立体感をプラスして
image1 (26)

:ライターで炙って
image2 (24) - コピー

:補強しながら自然な凹凸を表現
image3 (21)

:工作用ねんど&『木工用ボンド水溶液』(ボンド水)をなじませ、乾燥させます。
image4 (19)

:が、翌日ひび割れ・・・(>_<)
image0 (40)

:水分量が多かったのと急激な乾燥が原因かも知れません(>_<)
image1 (27)

:気を取り直して、「ふわっと軽いねんど」投入
image0 (44)

:ねんど + 「ボンド水」を上乗せして
image2 (25)

:テッシュペーパーを乗せて乾燥
image3 (22)

:ひび割れを防ぎつつ、マットな質感に変わります
image4 (20)

:そこに水性塗料 (ブラウン + ホワイト)を塗布し
image0 (41)

:乾燥
image1 (28)

:パステル(レモンイエロー + こげ茶)を茶こしで粉状にした物と
image2 (26)

:ライターオイルを
image3 (23)

:混ぜたものを
image4 (21)

:わさわさ~っと塗布   ※この工程は換気しながら行って下さいねm(__)m
image4 (22)

:乾燥させて
image5 (5)

:パステルをまぶして調整
image7 (1)

:なじませると
image8.jpeg

こんな感じで
image6 (3)

:砂っぽさが増した気がします
image9.jpeg

:一先ず砂地のベースは完了(^-^)
image0 (42)


続いて
グフのウェザリングをサクッと。

:(before) これだけでもカッコイイけどプラスチック感が否めず・・・。
image1 (29)

image2 (27)

:パーツを分解してリアルタッチグレーでウェザリング。
image3 (25)

:スポンジでチッピング
image4 (23)

:イエロー&ブラウンで『雨垂れ』の錆びた感じに。経年感を表現(^-^)
image5 (6)

:100均のアイシャドウで砂っぽさを表現
image6 (4)

:こんな感じで結構使えます(^-^)
image7 (2)

:初心者のクオリティーはこんな感じでしょうか・・・(^-^;
image9 (1)

image8 (1)


:ガンダムと対峙させると
image2 (28)

:こんな感じに
image1 (30)

:仕上がりました(^-^)
image0 (43)

【ガンプラ日記】3部作は、これにて一旦終了です。
ステイホームを切っ掛けに再開したガンプラ。
40年前、ガンプラブーム真っただ中だった小学生の頃の自分と重ねながら過ごした時間。

技術的には、まだまだ初心者レベルですね・・・(^-^;

何かと不自由を強いられるステイホームではありますが
これはこれで楽しい時間でもありました(^-^)

くだらない内容でしたが最後までお付き合い頂きありがとうございました(^-^)

<追記>
先日購入した東京オリンピック限定verのガンダム
image0 (47)

これは記念として組み立てずに大切に保管しようと思っています(^-^)
image1 (31)
【2021/04/11 11:08】 | 美容室 | トラックバック(0) |
【ガンプラ日記】Part②  ウェザリング入門編
image0 (36)


【ガンプラ日記】 その2
前回の『ジオラマベース入門編』に続き
今回は『ウェザリング入門編』です。

またまたマニアックな内容で興味のない方には申し訳ございません(^-^;

『ウェザリング』とは
模型における塗装技法のひとつ。
もともとのWeatheringという語の意味は「風化」
すなわち、風化や汚れなどの表現を加えることでリアリティな世界観を作り出します。

ウェザリングは初めてなので、超入門編です。
温かい目で見てやって下さい(^-^;

では早速
:今回、リアルタッチマーカーを使用し『ぼかし塗装』に挑戦。
 こんな便利な塗料、昔は無かった・・・
image0 (25)


:その前に、組み終わったプラモデルに『Mr.トップコート艶消しスプレー』でマットな質感に。
表面にごく僅かな凹凸を施すことで塗料の『食い付き』を良くします。
image2 (15)


:リアルタッチマーカー ブラウン1を
image1 (16)


:わさわさ~と塗って
image4 (12)


:綿棒で
image0 (26)


:拭き取りながら
image1 (17)


:リアル感を表現 (右が塗装済み) 分かって頂けますか?
image2 (16)

image3 (14)


:この工程を腕にも施して行きます
image5 (3)


:次に、チッピングという方法で
image0 (27)


:角張った箇所に汚れを表現
image1 (18)


:さらに、シルバー塗料で剥げた感じに。この技法は『ハゲチョロ』と言うみたいです
image2 (17)


:ガンダムのイラスト入り缶コーヒー飲みながら、こんな感じに仕上がりました。
image3 (15)

『ハゲチョロ』で塗料が剥げた感じを表現しています
image4 (14)


:ガンダムと対峙させると
image0 (28)


:こんな感じに
image1 (19)


:仕上がりました
image2 (18)


その他に
勢いで4体ほどウェザリング加工した模様も併せてサクッとご紹介。

:シャア専用ズゴック(before)
image3 (16)

:(after) けっこうお気に入り(^-^)
image4 (15)


:シャア専用ゲルググ(before)
image0 (30)


:からの
image1 (21)

image2 (20)


(after) 汚しちゃいました(^-^;
image3 (18)


: 「赤い彗星」シャア専用 三体揃い踏み
image0 (31)


:ゾック(before)
image0 (29)


:か
image1 (20)


:ら
image2 (19)

image0 (37)

:の
image1 (24)

image3 (17)


:(after) ブラウンを使って錆びた感じを表現しました
image4 (16)

image5 (4)


:お次がゴック(before) 
image0 (34)


:脚 向かって左加工済み ・ 右未加工
image2 (21)


:腕 向かって右加工済み ・ 左未加工
image1 (22)


:重厚感が加わった感じ
image3 (19)

image4 (17)

image0 (33)


:ゴック VS ガンダムといえば
やっぱりこのシーン
image0 (35)


:再現しました(^-^;
image1 (23)

image2 (22)


一人で楽しむ妄想の世界。
ヲタの一面が覚醒(^-^;
まだまだ初心者ですが、それっぽく仕上がった感じです(^-^)

休日を家で過ごすのは勿体ないと思っていました。
こうやって家でのんびり過ごすのも良いもんですね(^-^)
【2021/03/26 16:31】 | 美容室 | トラックバック(0) |
【ガンプラ日記】 Part ①    ジオラマベース入門編
image0 (23)



年明け早々の緊急事態宣言によるステイホームの日々。
それに伴い休日の過ごし方にも変化が。

この機に始めた趣味が【ガンプラ】   (ガンプラとは機動戦士ガンダムのプラモデルの通称)
始めたと言うより、約40年振りに再開です。

とは言うものの期間限定の趣味になる可能性大です・・・(^-^;

ご存知の方も多いと思いますが『機動戦士ガンダム』は2020年に40周年を迎えました。
image7.jpeg

データでも分かるように、我々40代は79%もの人が『機動戦士ガンダム』を見たそうです。
image0 (21)
ほぼ100%だと思っていましたが・・・(^-^;  (逆に21%の人が見てない事に驚きです)

1980年にテレビアニメ放送開始。
image6.jpeg

翌1981年1月頃から『ガンプラブーム』が始まりました。
image1 (13)

当時、僕は小学校低学年で滋賀に住んでいました。
地元のおもちゃ屋で、ガンプラの入荷を待ちに待って¥300の『ズゴック』を買ったのが最初だったと思います。
image2.png
(↑ シャア専用 ズゴック )

組み立てた『ズゴック』を
黒の油性マジックで真っ黒けに塗った記憶があります。
塗料は予算的に無理でした・・・(>_<)

その後も、入荷の情報があれば¥300を握りしめておもちゃ屋に足を運びました。
しかし、本命のモビルスーツが当たらず悔しかった事もしばしば・・・。
image0 (18)
(イメージ)

プラモデルを説明書通り組み立てるだけでは物足りず、
パーツを切ったり、火で炙って曲げたりして、戦闘シーンを再現した『ジオラマ』を作るのも好きでした。

あれから40年。
当時の自分の姿と重ねながら、ステイホームでガンプラ制作するゆる~い時間。
image2 (13)
(イメージ)

久しぶりのプラモデル作りは、楽しいけど難しい・難しいけど、それが楽しい・・・と言う感覚(^-^)

今回、ガンプラを始めるという事で買ったのがこの二体
『ガンダム 1/144』ガンプラススターターセットと
image3 (6)

『シャア専用ザク 1/144』
image4 (5)

この二機はガンプラの王道だと思います(^-^)
image5 (1)


あくまでも【素人レベル】と言うことを踏まえて
ガンプラ&ジオラマ風の土台の制作工程をご紹介させていただきます。
ジオラマ制作は、小学生の夏休みの工作などの参考にして頂ければ幸いです(^-^)

【ガンプラ日記】は、この先 数回に分けてのシリーズ化になりますので暫くお付き合いくださいm(__)m

【シャア専用ザク】 1/144スケール
image0 (19)

最近のガンプラは最初から色分けされており、無塗装でも十分カッコイイです(^-^)
※無塗装・無加工で説明書通り組み立てることを[パチ組み]や[素組み]と言います。

一先ず【素組みのシャア専用ザク】完成!
image0 (20)

これだけでも十分カッコイイ!
ですが、プラスチック感が強くて味気ない・・・?
素人なりにひと手間加えて行きます!
あくまでも素人レベルですm(__)m

その前に…
素組みが完成した段階で、【ジオラマベース制作】に取り掛かりました。
材料は全て100均で揃えました(^-^)
image0 (12)
・A4サイズフォトフレーム
・発泡スチロール
・紙粘土
・木工用ボンド
・筆
・ウッドチップ
・水性塗料 黒・白・茶
・カッター
・ライター etc…

[作業工程]
:フォトフレームの縁をマスキング
image1 (7)

:発泡スチロールを適当な大きさに切って貼り付けます
image2 (7)

:既に完成済みのガンダムとのポージングをイメージ
この距離感なら武器は『ビームライフルよりビームサーベルやな』とか妄想しながら(^-^;
(イイ年したオッサンが部屋で一人で・・・。 これってヤバいですかね)
image3 (7)

:さらに立体感をプラスして
image4 (6)

:発泡スチロールをボンドで固定して
image0 (13)

:ライターで炙ると
image1 (8)

:強度が増すらしいです (火の取り扱いにはご注意ください)
image2 (8)

:木工用ボンドを水で溶いた水溶液、通称『ボンド水』を塗って
image3 (8)

:紙粘土で
image4 (7)

:土台を作っていきます
image0 (14)

:ウッドチップを加えることで
image1 (9)

:『岩っぽさ』を表現していきます
image2 (9)

:ある程度乾いたら、黒の塗料を
image3 (9)

:塗って
image4 (8)

:乾かします
image5 (2)

:黒✖白を混ぜ合わせ、グレーでドライブラシ
image6 (1)

:ドライブラシとは、名の通り 筆が乾く程度の塗料で立体感を表現する技法
image0 (15)

:こんな感じで,軽く筆を動かして
image1 (10)

:立体的に見せます
image2 (10)

:しかし、仕上がりがイマイチだったので
ティッシュペーパーを使ったテクニックを追加
image3 (10)

:ボンド水✖ティッシュを幾重にも重ねて表面をコーティング
image6 (2)

:黒く塗った後に、再びドライブラシを施して
image1 (11)

:イイ感じになりました(^-^)
image1 (15)


:『岩』と言うより『溶岩』っぽい雰囲気に◎
image1 (12)

:ティッシュを使った事で
image0 (22)

:マットな質感になりました(^-^)
image2 (14)

:シャア専用ザク&ガンダムの足をチラッと(^-^)
image0 (24)


:土台の制作は一旦終了して

:【素組みのシャア専用ザク】にひと手間加えていきます・・・
image3 (11)

この後、【ウェザリング】という工程で素人なりにリアル感をプラスしていきますが、続きは次回・・・。
【2021/03/10 11:54】 | 美容室 | トラックバック(0) |
歩いて登って跳んだ日☆KAZUHIKO
IMG_8903.jpg

2021.2

『コロナ禍』と言われてから一年が過ぎ、

「どっか遠くに、旅行にでも行きたいー!」

そんな思いが膨らんでいる方も多いんではないでしょうか。

そんな僕も普段はサロンワーク、休日は事務仕事に家の野暮用等々で時間があっという間に過ぎてしまい、もう長いこと旅行や遠出とか、してないなぁ…と。

反面ではありますが、以前よりも健康ことを気にかけたりするようにもなったのも事実です。
これには一昨年、病気で手術入院し、命の大切さを実感したせいもあるかもしれませんが。


話は変わりまして…

年明けぐらいからひょんなきっかけで、遅ればせながら韓国ドラマに出会い、たまに観るようになりました。
(韓ドラの先輩マリちゃんのオススメ作品アドバイスも受けながら…)

今まで全くスルーしていたジャンルですが、観だすとこれがまたおもしろい!


名称未設定 2


【韓国ドラマのいいところ】

・とにかく脚本がいい!

・カメラワークを含めて映像がすごくきれい!

・主題歌や挿入歌などBGMが秀逸!

そして何より

・俳優の演技が素晴らしい!
話が進むごとにどんどん魅力的に見えてきて最後は必ず 『好き』 になり 『推し』 になります。
(これも演出?と思うぐらい不思議です 笑)

あと、何故か食事のシーンが多く、それが美味しそうで食べたくなったり、ロケ地に行ってみたくなる!

更に、

もう一回観たくなる!

というのも加えておきます。


僕などまだまだ歴は浅いですがとにかくハマる人の気持ちがやっと理解できました^ ^
(今まで 「韓ドラ面白いよ!」 という声を全スルーしていた過去の自分にデコピンしてやりたい!)


話が脱線しましたが…


少し前の休日の朝、
「体を動かしたい!」
という衝動に駆られ、先ずは自転車で京都御所へ向かいました。

IMG_8814.jpg

とりあえずウォーキングです。
御所ウォーキングはたまにするんですが、とにかく中は静か。

そして砂利の上を歩くのがすごく気持ちいいんです^_^

IMG_8776.jpg

IMG_8816.jpg



ただただ頭を空っぽにしてひたすら歩いてもこの上なく安全です。


IMG_8821.jpg

自然を感じながら…

IMG_8768.jpg



アプリを覗くとこの日は御所で5,000歩強稼げました^ ^



その足で左京区の大文字山へ向かい、登ります。


大文字山は去年の夏以来、約半年ぶり。

緊急事態宣言中ということもあり登山口近くの銀閣寺門前のお土産屋さんはほとんど臨時休業中…

登山する人もまばら。

IMG_8826.jpg


上から見下ろすとあんなに広かった御所が真正面に見え、人間の小ささを感じます。

IMG_8856.jpg


遠くには大阪のビル群やあべのハルカスも。

IMG_8831.jpg

ここまでで15000歩をちょっと超えたところです。



下山し、そのまま自転車で帰宅。

お昼を食べて、久しぶりに『なわとび』にチャレンジしてみました。

何十年ぶりでしょう。

IMG_8903-2.jpg


これがまたびっくりするぐらい出来なくなっててショック(ーー;)

今となっては全くイメージを持たれてませんが、こう見えても昔はなわとびはもちろん、スポーツテストなどは常に一級をもらってたスポーツ万能少年だったんですが。。

当時は四重跳びぐらいなら普通に出来てたのに、久しぶりにすると二重跳びどまりであまりにも。。

こればっかりは仕方ないですね (>_<)


でもまあ、

「今日は思いっきり体を動かしたー!」
と思える充実した休日のお話でした。
(後日筋肉痛。。これからはあまり無理はせず適度に^ ^)

私たちはお客様を迎える仕事。
健康で、そして元気でなければ!
を肝に銘じて。

皆様もどうかお身体大切に!

早く、『どっか遠くに行ける日』が来ますように!

そしたら是非是非、韓国に行ってみたいな。。
【2021/02/15 14:11】 | KAZUHIKO(岸田カズヒコ) | トラックバック(0) |
ゆるキャン△ MARICO
IMG_0883.jpg

またまた、ワタシのブログの更新が滞ってしまいました、、、。(;^ω^)
なので、去年の夏までさかのぼってキャンプに行った事を
書こうと思います。笑
半年も前のネタですみません。m(__)m
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
去年の夏休み、帰省するのをやめたもののどっか行きたい気持ちがおさまらず、
『そうだ、キャンプ行こう』と。笑
テントも一式買っていたので、その設営練習もしたいなとも思っていたし、
S香ちゃんを誘っていきました。

ワタシたちは車がないので、電車で日帰りで行けるところを検索し、、、
滋賀県の伊吹山の麓、グリーンパーク山東(さんとう)に行くことにしました。
山登りはするけど、キャンプは行ったことないし何を持っていけばいいのかな?
とりあえず検索してみる。(こればっかり)

IMG_2892.jpg
(軽量のテーブルを購入。今後も行くだろうと、ちょっといいやつを)

YouTubeでキャンプ飯なるものを見たり、足りない道具はダイソーでも買ったりして
準備しました。

IMG_2893.jpg
(ちっさいフライパン200円)

キャンプ当日。
JRの湖西線で米原まで行き、東海道本線に乗り換えて近江長岡駅まで。

IMG_0805.jpg

駅からはバスのつもりが乗り遅れて駅からタクシーで(^-^;
キャンプ場に到着!!

IMG_0808.jpg

今日はデイキャンプ(日帰り)です。
トイレもあるし~水道もあるし~アイスも買える!
ゴミも捨てて帰れて設備は完璧です。

IMG_0810.jpg

ワタシたちのテント張る場所も誰もいな~い(^O^)/
で、まずタープ設営です。わかりやすく言うと、ビーチパラソルの代わりのような感じ。
要は日陰です。
初めて建てるので途中説明書見ながら。簡単なハズがけっこう難しい。。。

IMG_2895.jpg
(書いてあることよくわからない、、、)

IMG_2896.jpg
(これをこの上にかけて、、、)

IMG_2897.jpg
(風に飛ばされながらも)

IMG_2898.jpg

やっとの思いで出来ました!そして飾りつけ。笑
イヤ、特にやらなくてもいいんですけどネ。なんかみんなかわいくしてたから、、
(検索のしすぎです)

IMG_0825.jpg
(改めて見ると、なんやこの飾りはww)

そうこうしているうちに、11時。お昼の用意しよう。
キャンプ初心者なので、茹でるだけと焼くだけの、ツナサラダそうめんとウインナーにしました。
カスバーナーでそうめんを茹でようと思ったら、、今度は火がつかない!
使うの久しぶりでしたので(^▽^;)慣れないことをした時のあるあるですナ。

IMG_2899.jpg
(アレーー??)

IMG_2901_20210122150311ced.jpg
(ガスがないんかな?心配そうに見つめるS香ちゃん。)

とにかく誰かに聞こうと思ってキャンプ場の人に持っていったら、無事つきました!よかった!!笑

IMG_2894.jpg
(そうめんを茹でるの図)

IMG_0836.jpg
作るの簡単でおいしかったです♡

IMG_0853.jpg

それから、、
凧あげもしました。(お決まりの)
この時期に外にいたらめっちゃ暑いんだろうなと思いきや、風があって日陰はすずしかったです。
蝉は絶えず鳴いていましたけどね。

IMG_0846_2021012016265307c.jpg
(のんびり過ごす、の図)

ひとしきり休憩(お昼寝)したあと、インスタントのワンタンスープ食べる。笑

IMG_0904.jpg

キャンプは山登りと違って、一カ所にとどまっていられるところがいいです。
歩いて疲れるってことがない(当たり前か)

IMG_0841.jpg

食べて、寝て、、なんか自由 笑。
そんな感じでチェックアウト時間まで過ごし、
隣接されている旅館(鴨池荘)の温泉に入って帰りました。

帰りはちゃんとバスに乗ろうと、教えてもらったバス停で待っってたのに
なぜかバスが素通りしていき、50メートル先にあった停留所で止まったのでそこまでダッシュするハメに。ε-(´∀`; )
たくさんの失敗を経て、人は成長してゆく。笑

はじめて行ったキャンプで思ったことは、車じゃないと荷物が多くて大変だってこと。苦笑

IMG_0907.jpg
(このリュックと、大きいトートバック、クーラーバックも、、、重たかった)

泊りで行くなら+テントと、寝袋、防寒着も必要だし、次の日分の食材も要ります。
でもまた電車とかで行くんなら、もっと荷物を減らすしかない。。。
またYouTube見て勉強しないといけません。(そればっかり)
駅の階段の上り下りが一番疲れたけど、楽しいキャンプでした。
今年も、楽しく安全キャンプや山登りに行けますように☆★
【2021/01/20 11:13】 | MARICO☆(栁澤真利子) | トラックバック(0) |
【希望に満ちた初日の出】 @愛宕山     NAOYA
image0 (11) - コピー

寒中お見舞い申し上げます。
本年もどうぞ宜しくお願い致します(^-^)

今回は2021年の幕開けにふさわしく【初日の出】のブログです。

ここ数年、自身の恒例行事となりつつある愛宕山初日の出登山。
愛宕山(924m)山頂付近は、京都市内で初日の出を拝める一番高い場所。
つまり、京都市内では最も早く初日の出を拝める場所とも言えますね(^-^)

当日は『年越し寒波襲来』の天気予報(>_<)
更に、日の出時刻 朝7時の天気予報は☁曇り。
流石に2021年の初日の出はダメ元で決行しました。
(登山を計画される方はタイムスケジュールご参考にして下さいね)
※冬の愛宕山は積雪対策としてアイゼンがあると安心です。


午前1:30
家族には『無理なら引き返すし、取敢えず行ってくる』と告げて家を出発。
(清滝まで自転車で)

午前2:30
登山口の清滝まで自転車で約1時間で到着。
清滝までの登り坂が地味にキツイ!
(この時点で、ほぼウォーミングアップは済んでます)

午前2:45
ヘッドライトを装着。
先ずは鳥居で一礼してスタート。
毎回オーバーペースになりがちなので『ゆっくりゆっくり』と、自分に言い聞かせ。
image0 (2)

午前3:30
五合目の休憩所を過ぎ
image1.jpeg

午前3:50
中間地点を過ぎた辺りのビューポイント
新年を迎えた京都市内の夜景
image4.jpeg
この時点では予想外の好天です。
※愛宕山登山は道中のビューポイントが極めて少ないです・・・(^-^;)

午前4:20
水尾別れ(おおよそ七合目)

ここまで数人の方とすれ違いました。
この日ばかりは『こんにちは!』ではなく『おめでとうございます!』の挨拶(^-^)

午前4:45
黒門付近はすっかり雪景色。
ここまで来れば愛宕神社まであと少し!
image3.jpeg

午前5:00
愛宕神社到着!
最後の石段の先に見える神社の灯り。
どっと溢れる安堵感。
image5 - コピー

凛とした空気の中にも温もりを感じます
image0 (3) - コピー

気温-7℃!
image1 (1) - コピー

本殿にて初詣
image0 (11)

午前6:00
ビューポイントにて一人で初日の出を待ちますが・・・

ご覧の通り、真っ白け(>_<)
image4 (1) - コピー

初日の出は絶望的。
僅かな期待を込めてひたすら待つのみ。
体感気温-10℃以下
image3 (1)

白み始めた
午前6:25
絶望から一転。
ん?もしかしたら初日の出見れるかも??
IMG_6654.jpg

午前6:40
日の出まで25分。
またまた雲に覆われて諦めムード・・・
image2 (1) - コピー

午前6:50
日の出まで15分。
徐々に雲が流れ
image1 (2) - コピー

絶望から希望へ!
image4 (2) - コピー

午前6:55
日の出まで10分
舞台の幕が開くかのように
image0 (5) - コピー

雲が掃け
image2 (2)

午前7:00
日の出まで5分
さあ、準備は整いました!
image3 (2) - コピー

静かにその時を待ちます・・・

午前7:05
2021年の初日の出!
神々しい輝きと温もりを感じる瞬間。
image4 (3)

徐々に輝きを増しながら昇る太陽
image1 (4)

刻一刻と移り行く景色に
image2 (3)

暫く
image3 (3)

足を止めます
IMG_6776.jpg

午前7:30
下山開始 ガッチリ凍ってるのでアイゼン必須です
image0 (7)

黒門を抜け
image2 (4)

『中年ハイカー気を付けて!』←僕も該当者ですね(笑)
image3 (4) - コピー

遠くにサンガスタジアムを眺めながら
image4 (4)

水尾別れで
image3 (5) - コピー

これくらいの積雪
image1 (7) - コピー

気持ちいい雪景色の登山道
image0 (9) - コピー

すっかり日も昇った頃に
image1 (6) - コピー - コピー

午前9:20
無事に下山。
最後に鳥居に向かって一礼を終えて全て完了。
image2 (6) - コピー - コピー

<今年の愛宕山初日の出登山を振り返って・・・>

日の出時刻のギリギリまで雲に覆われ、半ば諦めていました。
しかし、
そんな絶望から一転、奇跡的な絶景!

世界中の願いでもある
『一日も早い終息を・・・』
みんなの願いが通じたかのような綺麗な初日の出。
2021年は希望に満ち溢れた幕開けとなりました(^-^)

皆様にとって幸せな一年となりますように。


【2021/01/13 15:20】 | NAOYA(岸田直也) | トラックバック(0) |
【2020年 last blog】 今想うこと    NAOYA
image0.jpeg

2020年も残すところ僅かとなりました。

今年の漢字は【密】
image0 (1)
(写真:京都新聞より)

その意味を調べると
①隙間がないこと・・・「人口が密だ」
②関係が深いこと・・・「連絡を密にする」
③きめ細かいこと・・・「密な計画」
④こっそりと・・・「謀は密なるをもってよしとす」
etc・・・
確かに、今年は【密】の言葉はよく耳にしました。
「親密な関係」や「密集」のように、人と人との距離が近いイメージが強いです。

しかし、この一年は人と人との距離を置く生活を強いられています。
僕自身、体感的には密の対義語である【疎(そ)】の印象が強いですが如何でしょうか・・・?

2020年はあっという間に過ぎたように感じます。
『過ぎ去った』の表現が正しいのかも知れません。

今年の元旦、愛宕山山頂付近から初日の出を眺めたのが昨日のことのよう。 
image0 (1)

今こうして当時の画像を見返すと、”いやらしい曇”に覆われた初日の出。
何かを暗示するかのような、スッキリしない2020年の幕開けでした。

今現在、世界規模で誰もが経験したことのない不自由な日常を強いられています。
イベントの中止や縮小、外出の自粛や制限etc…。
”失われた一年”と表現する人も。

出口の見えないモヤモヤの中での生活は今も継続中。

この一年、全てが色褪せた思い出になってしまうんじゃないか・・・。

そんな折
テレビから流れる心地良いポップなサウンド
♪思い出はモノクローム 色を点けて(つけて)くれー 
【君は天然色】 
作詞:松本隆 作曲・歌:大瀧詠一 1981年リリース

作詞に込められた本来の意図とは違うものの、このフレーズが今の心とリンク。

【君は天然色】のタイトルにもインスパイアされ、秋色を求めて休日ごとに出掛けました。
僕目線で切り取った2020年の秋色コレクション。
モノクロームではなく、色鮮やかな一期一会の景色。
そこには僕の知らなかった京都の秋色がたくさんありました。

下手な写真ですが良かったらご覧ください。

【初めて訪れた宇治 息子と二人でハイキング】 (2020 11/3)
・平等院鳳凰堂 あえて後ろから
image2 (2)

・このショット、大多数の人が撮ると思われます(^-^)
image3 (2)

・鳳翔館
image4 (1)

・天ヶ瀬吊橋
image0 (2)

・天ヶ瀬吊橋 全景
image1 (3)

・大吉山展望台からの宇治市内の展望
image4 (2)


・源氏物語ミュージアムにて①
image2 (3)

・源氏物語ミュージアムにて②
image3 (3)


・朝霧橋
image0 (3) - コピー


【大原野神社 サイクリング】 (2020 11/10)
・鯉沢の池と紅葉①
image1 (4)

・鯉沢の池と紅葉②
image2 (4)

・紅葉 見頃間近の静かな参道
image3 (4)

・狛犬ならぬ”狛鹿”に見守られ
image4 (3)

・街路樹も秋の装い
image0 (4)

・足元の紅葉
image1 (5)

・足元の黄葉
image2 (5)

【柳谷観音 楊谷寺 サイクリング】 (2020 11/16)
・花手水①(龍手水)
image3 (5)

・花手水②(庭手水)
image4 (4)

・花手水③(恋手水)
image5.jpeg

・花手水④(苔手水)
image1 (6)

・上書院にて
image2 (6)

・上書院から①
image4 (5)

・上書院から②
image3 (6)

・静かなお庭
image5 (1)

・本堂の甍を紅葉越しに
image0 (5)

・帰りに立ち寄った長岡天満宮にて
image0 (8)

【保津峡駅から嵐山 ソロハイク】 (2020 11/17)
・保津峡の朝
image1 (7)

・保津峡駅のホームを紅葉越しに
image2 (7)

・しずかな保津峡 トロッコ保津峡駅にて
image3 (7)

・道しるべ
image4 (6) - コピー

・鳥居本の紅葉①
image0 (6) - コピー

・鳥居本の紅葉②
image1 (8) - コピー

・化野念仏寺
image2 (8) - コピー

【浄住寺~嵐山ハイキング】 Withまりちゃん (2020 11/24)
・静かな佇まいの浄住寺
image3 (8) - コピー

・まりちゃん  紅葉を撮影中
image4 (7) - コピー

・フォトジェニックなお魚 黄檗宗特有の木魚の原型
image1 (9) - コピー

・まりちゃん お庭を眺める
image2 (9) - コピー

・地蔵院  通称:竹の寺
image3 (9) - コピー

・鈴虫寺
image6 - コピー

・松尾大社を経由して
image7 - コピー

・嵐山 渡月橋からの眺め   このあと対岸の小高い丘(嵐山公園)まで歩きます
image1 (10) - コピー

・眩い嵐山公園の紅葉
image2 (10) - コピー

・嵐山公園展望台からの保津峡
※川沿いの建物は「星のや京都」
image3 (10)

駆け足でご紹介した2020年の秋色。
出会った景色、どれもが色鮮やかに感じました。

最後になりますが・・・
失われた一年と言う表現もありますが、そうでしょうか?

”例年通り”とは行きませんでしたが
この一年で
新しく誕生した生命もあります。
めでたくご結婚された方。
素敵な記念日を迎えた方。
華々しく人生の節目を迎えられた方etc…
おめでとうございます!

それだけに限らず、
日々、小さな幸せは誰にでも訪れているはず。
その小さな幸せに気付ける心でありたいと思っています。
幸せは自分の心が決めるんだと。

今はモヤモヤした世の中ですが、近い将来 必ず晴れます。

そんな今
僕の好きな言葉の一つ
『雲の向こうは、いつも青空』が、フィットします。
(ルイーザ・メイ・オルゴットの言葉)

厚い雲に押しつぶされそうな日は、覚えていてください。
太陽がなくなったわけではなことを。
ただ、少しの間 雲が邪魔しているだけ。

雲の向こう側には、いつも青空が広がっていますよ!

2021年が皆様にとって素敵一年でありますように。
image4 (8)

スタッフ一同願いを込めて・・・
(2020 11・24 @松尾大社) fhoto by naoya


【2020/11/30 14:58】 | NAOYA(岸田直也) | トラックバック(0) |
麒麟と桔梗と半沢直樹 [KAZUHIKO]
IMG_7700-0.jpg

2020.10

今年の大河ドラマ『麒麟がくる』もいよいよ後半戦。

「大河観てないよっ」
「歴史そんな興味ないよ」っていう方、すいませんm(_ _)m


でも安心して下さい。
この投稿は決して高尚な内容ではありませんw


『麒麟がくる』は戦国時代の明智光秀が主人公のドラマです。

皆様、明智光秀ってどんなイメージをお持ちですか?

・本能寺の変で主君の織田信長を討った人。反逆者。

それから…
・三日天下。

僕自身はそんな感じですかね。というかそれ以外の事はよく知りません。。

どちらかというと『裏切り者』としてネガティブなイメージが勝ちますね。

まあ、ほとんどの人がそうじゃないでしょうか?


でも今回主役で光秀を演じるのがあの(誠実感あふれる⁈)長谷川博己さんです。

IMG_7303-2.jpg


彼が演じる役が悪人?
なわけありませんよね(笑)

「きっと色々あったんやろなぁ」と思ってしまいます。



明智光秀はわりと遅咲きの武将のようで、40歳を過ぎた頃に織田信長のもとで働くようになるまでの半生は謎が多く、ドラマではフィクションも交えてそのあたりを面白くしてあります。

そのオリジナルストーリーがまたすごくて、特に門脇麦さん演じる『お駒さん』の役どころ。

IMG_7306-2.jpg


戦災孤児で京都の町医者の助手。
ひょんなことから明智光秀と出会い、そして幼いころ火事にあった時に命を助けられたのが光秀の父だと知り…

あの織田信長の奥さんとも親友になり…

若かりし頃の徳川家康に自分が作った薬をプレゼントしたり…

まだ何者でもない頃の豊臣秀吉に偶然出会い文字を教え、恩人と慕われ…

公家の関白殿下や室町幕府最後の将軍になる足利義昭や堺の豪商なんかとも遭遇して普通に話をしてたり…

歴史上の人物と出会いすぎ!
しかも結構影響与えてる…

駒さんいったい何者⁈
すごくスーパーな一介の町娘ですよね(笑)

いくら何でも!
という設定ですが、まあ、面白ければいいと思う派です。

ドラマなんですし^ ^

IMG_7702.jpg


話が逸れましたが、この原稿を書いている時点での話の進み具合がちょうど光秀が信長の元で働くようになり、さあこれから世に出ようか、というところ。

今後、信長に反旗をひるがえすまでのその「何故?」が描かれるわけです。

このタイミングで、これから舞台になるであろう場所をいくつか巡ってみました。

【京都亀岡大河ドラマ館】(亀岡市)昨年完成したサンガスタジアム内にあります。先ずはここでドラマの世界観を体験。

IMG_7298.jpg

IMG_7322.jpg




【亀山城址】(亀岡市)光秀の城。本能寺の変を決意し、この城から出陣しました。

IMG_7356.jpg

IMG_7424.jpg




【本能寺跡】(京都市中京区)当時は西洞院六角あたりにありました。今は石碑のみ。

IMG_7466-2.jpg




【本能寺】カナットのすぐ近く。信長の供養塔もあります。僕もほぼ毎朝ここの境内を歩きます。現在『本能寺の変と天下人』という寺宝展示が開催され今ているので観てきました。(21年1月まで)

IMG_7476.jpg


IMG_7473.jpg

IMG_7477.jpg




【天王山】(京都府大山崎町)光秀が秀吉と天下をかけての戦い、そのキーポイントになったのが天王山。登ってきました。

IMG_7513.jpg

IMG_7542.jpg


各地巡って感じたのは、

亀岡は明智光秀びいき、

本能寺は完全に織田信長側、

天王山は豊臣秀吉が主人公の物語…

当たり前と言ったら当たり前ですが
“それぞれの側に立った歴史”
が記してありこれも面白いです。


IMG_7486.jpg
明智かめまる【亀岡ゆるキャラ】(ひそかにゆるキャラあつめてます^^)

IMG_7488_20201012162507d2d.jpg
『シューラスクがくる』  ネーミング(笑)
でもめっちゃ美味しかったのでおすすめです^^


『本能寺と天下人』(本能寺・信長展 これは信長だそうです)
IMG_7480 のコピー


『秀吉の道』(天王山登山道の各所に秀吉が天下を取るまでの絵がかかげてあります)
IMG_7535_20201012162512992.jpg


ところで同じく日曜の夜のもうひとつの楽しみであった半沢直樹。
視聴率も凄かったようですね。

その最終回でのやりとりもグッときました。

白井国交大臣(江口のりこ)が、恐い怖い上役設定の政界のドン美濃部幹事長(柄本明)に反旗をひるがえした場面。

白井大臣は半沢直樹の奥さんである花ちゃん(上戸彩)からもらった桔梗の花を大事にポケットに忍ばせていました。


『桔梗』といえば…


そうです。
明智光秀の家紋であり旗頭のシンボルです。

『麒麟がくる』の同じ日の回にもその桔梗の紋をクローズアップしている場面がありました。

IMG_7486-2_2020101320482158f.jpg



『麒麟』と『半沢直樹』が『桔梗』でつながってましたね。

半沢直樹の脚本にやられました^ ^

そして花ちゃんが言った桔梗の花言葉は

『誠実』

半沢や白井大臣がこの言葉のとおり、自分の信念をとおして謀反した姿と、『麒麟がくる』での光秀のこれからがかぶってみえるのは僕だけではないと思います。


あの“誠実”な『長谷川光秀』がこれからどのようにして本能寺の変を決起していくのか…

『光秀の1000倍返し!!!!』

今から楽しみです。



ここまでお読みいただきありがとうございますm(_ _)m
【2020/10/14 15:47】 | KAZUHIKO(岸田カズヒコ) | トラックバック(0) |
【いにしえの都 奈良ハイキング】     NAOYA
20-10-07-16-52-30-088_deco.jpg


秋晴れの下

【駅からはじまる ハイキングブック】を片手に
20-10-08-14-55-31-924_deco.jpg

息子と二人で、古都・奈良の豊かな自然と悠久の歴史に触れてきました。

奈良は天平文化を今に受け継ぎ、京都とは違った魅力を今に残します。
また、奈良公園・春日大社界隈や、その奥に続く若草山・春日山原始林など、豊かな自然も魅力のひとつ。

そんな奈良を、のんびりハイキング(^^)/

<奈良駅周辺ハイキングコース>
20-10-08-14-55-00-425_deco.jpg

JR奈良駅
   ↓  約3km
春日大社
   ↓ 
春日山原始林
   ↓ 約8km
 若草山
   ↓
 東大寺
   ↓ 約3km
JR奈良駅
(コース距離 約14km)

当日の行程を写真多めにサクサク行きます!
今後の参考にしていただければ幸いです(^^)

11:00
奈良駅到着。久し振りに訪れた奈良駅は新しくなっていました。
20-09-21-10-56-16-597_photo.jpg

余談ですが、Wikipediaによると京都駅から奈良駅間の距離は約41.7㎞。すなわちフルマラソンに匹敵する距離。
そう考えると、この距離を完走するマラソンランナーって凄いな!と別の意味で驚いた( ゚Д゚)

本題に戻って・・・
駅構内で《せんと君》がお出迎え (^^)
20-09-21-10-52-20-398_photo.jpg

奈良市総合観光案内所(先代の駅舎)のレトロ感がイイ感じ
20-09-21-10-57-17-819_photo.jpg

歩き始めてすぐ。この自販機をよく見ると・・・
20-09-21-11-11-57-344_photo.jpg

奈良の鹿の保護活動を支援する、レアな『募金』のボタンが( ゚Д゚)
せっかくなので募金しました。

11:30
春日大社 一の鳥居前を右折
20-09-21-11-27-20-504_photo.jpg

11:35
「浮御堂」が浮かぶ鷺池はどことなく中国の雰囲気が?
20-09-21-11-36-35-396_photo.jpg

11:40
志賀直哉 旧居 (暗夜行路はここで完結した)
20-09-21-11-48-11-207_photo.jpg

ささやきの小径を抜け
20-09-21-11-53-00-520_photo.jpg

春日大社へ 
20-09-21-12-04-39-605_photo.jpg

お約束の鹿せんべい
20-09-21-11-57-16-658_photo.jpg

※鹿の群がり注意!
20-09-21-11-57-57-066_photo.jpg

本殿にて参拝し
20-09-21-12-08-31-404_photo.jpg

鹿みくじは
20-09-21-12-11-52-893_photo.jpg

後に確認したら大吉でした!(^^)!
20-09-21-12-13-14-703_photo.jpg

春日大社すぐそばの水谷茶屋も雰囲気あります(^^)
20-09-21-12-27-02-268_photo.jpg

12:30
春日山遊歩道から若草山へGO!
20-09-21-12-29-45-542_photo.jpg

歩きやすい静かな山道が続き・・・
20-09-21-12-31-11-533_photo.jpg

天然記念物春日山原始林は
20-09-21-12-47-10-494_photo.jpg

標識もしっかり設置され
20-09-21-12-36-17-723_photo.jpg

路迷いは無いと思います。
20-09-21-12-42-21-329_photo.jpg

登り初めから約50分で
20-09-21-13-14-07-153_photo.jpg

この景色! 奈良の市街地の向こうに金剛山・葛城山・生駒山などなど
20-09-21-13-19-28-926_photo.jpg

若草山山頂は『鶯塚古墳』
20-09-21-13-29-07-120_photo.jpg

天気良し! 展望良し!!
20-09-21-13-30-57-433_photo.jpg

13:30
三角点にタッチ!
20-09-21-13-28-43-307_photo.jpg

若草山の下山途中に入山料、大人¥150・小人¥80を支払います。
20-09-21-13-36-43-621_photo.jpg

20-10-08-14-53-34-635_deco.jpg


時々、鹿をお供に
20-09-21-13-55-48-942_photo.jpg

左に春日山原始林の山々を
20-09-21-13-38-22-857_photo.jpg

右に東大寺etc・・・を眺めながらの下山
20-09-21-13-56-05-246_photo.jpg

14:10
下山完了(^^)
20-09-21-14-14-45-384_photo.jpg

東大寺へ向かう途中、お水取りで有名な二月堂の前を通り
20-09-21-14-22-31-610_photo.jpg

石畳の道を抜けて
20-09-21-14-23-46-435_photo.jpg

14:30
いよいよ大仏殿へ
20-09-21-14-31-21-973_photo.jpg

入場待ちの長蛇の列でしたが、10分ほどで入れました(^^)
20-09-21-14-34-56-934_photo.jpg

20-10-08-14-54-17-527_deco.jpg


大仏殿!(国宝)  スケールの大きさは圧巻!!
大仏殿の高さは約49m 興福寺の五重塔約50mに匹敵する高さを誇る
20-09-21-14-47-39-145_photo.jpg

大仏殿前の八角灯籠(国宝)
20-09-21-14-53-10-198_photo.jpg

何年か振りに拝観した大仏さん(国宝)は、やっぱり大きかった( ゚Д゚) 座高14.98m
20-09-21-14-54-32-570_photo.jpg

個人的には、四天王の廣目天や
20-09-21-15-00-03-307_photo.jpg

多聞天(毘沙門天)の凛々しいフォルムが大好きです。
20-09-21-15-03-20-062_photo.jpg

東大寺ミュージアムの『大仏さんの手』 実物大のレプリカ
20-09-21-15-30-31-451_photo.jpg

南大門(国宝)の
20-09-21-15-34-07-098_photo.jpg

金剛力士像(国宝)  まさに阿吽の呼吸で立ちはだかる仏教界の守護神
<阿仁王>
20-09-21-15-32-22-140_photo.jpg

<吽仁王>
20-09-21-15-32-40-763_photo.jpg

『本物』の迫力に魅了された東大寺を後に。
興福寺の国宝館を訪れる予定が時間的にパスし帰路へ。

16:20
『高速餅つき』が有名で、知る人ぞ知る<中谷堂>へ立ち寄って
よもぎ餅 ¥150  美味しかった(^^)
20-09-21-16-19-33-368_photo.jpg

きょう一日 奈良駅周辺ハイキングを楽しみ
JR奈良駅16:53発のみやこ路快速で、心地良い疲労感とともに京都へ・・・。
20-10-04-13-27-51-621_deco.jpg

最後に・・・
今回、久々に訪れた奈良。
豊かな自然と併せて、歴史や文化にも触れることができました(^^)/
春日大社や東大寺といった社寺仏閣のみならず、ハイキングを織り交ぜる事で旅のバリエーションが増えます。
これから迎える紅葉シーズンに、京都近郊の魅力に気付けたらと思っています(^^)





【2020/09/25 11:01】 | NAOYA(岸田直也) | トラックバック(0) |
Mt.唐松岳[MARICO]
IMG_1313.jpg

長野県にある唐松岳へ、姉と2人で登山に行きました。
毎度毎度、山ネタブログですみません。m(__)m
今回初めてのテント泊であります。

am 11:00
特急しなのにゆられて篠ノ井駅に到着。(実際この特急はよく揺れる)
アネに迎えに来てもらって白馬に向かう予定でしたが、急遽お父さんとお母さんが
会いに来てくれる事に!着いて早々の予定変更!笑
でも今年は夏休みに帰省しなかったので、会えてよかったです。
またゆっくり帰るからね~ありがと~\(^o^)/

pm 2:30
白馬グリーンパークキャンプ場。
ここにテントを張って泊まります。

IMG_1247.jpg

最初の計画は、八ヶ岳の『東天狗岳』に登る予定でしたが、天気が悪そうなので行き先を
変更。それでも山頂付近(標高2600m付近)はどこへいっても風が強すぎるということで、
唐松岳の麓をベースキャンプにし、夜明け前から登ろうという計画にしました。

ワタシの中でキャンプ熱が高まっていたのもあるんですけどね!
8月にも滋賀県で日帰りキャンプしました。
なにをするのかっていうと、ほとんど食べてるだけ。笑
お肉を焼いて食べるつもりが、お昼にお母さんたちとハンバーグ食べちゃったので、
夜はキャンプの定番!カレー(インスタントのだけど)

IMG_1249.jpg

呑んだり食べたりしゃべったりしながら、のんびり時間が過ぎていく。。。

IMG_1042.jpg

IMG_1282.jpg
(向かって左は白馬、右は伊那地方で作っているビール)

pm 9:00には就寝。。。

IMG_1054.jpg


am 3:00 起床です。(+o+)
身支を度整えてパッキング。夜明け前なのでヘッドライトをしながら準備します。
テントも撤収し、車で登山口まで。
いよいよ登山開始、、ドキドキ、、、!!

am 5:00
スタートであります。
駐車場からかっこいい山が見えてテンションがあがります!

IMG_1070.jpg

でも、目指すピーク(山頂)は霧の中。果たして、、、。
朝日に背中を押されながら歩きます。

IMG_1079.jpg
(なかなか顔を出さない朝日)

唐松岳は、中学2年生の時に学校の行事で来たことがある山でした。
あのころは、登山なんてただただしんどいだけって思ってたのに、
こうして自ら来たいと思うようになるとはねェ~。

IMG_1283.jpg
(お山の解説をしてくれてるの図)
 
am6:50
日が昇るにつれて青空が見えてきました。
最初のポイント八方池。
真っ白け~でなにも見えない!!笑
ガス(霧)がなくなるのを待ちつつ軽い食事。
結局ここでは何も景色が見えませんでした。

IMG_1119 (1)

でもその後、歩き出して少ししたらなんか見えてきたー!!
キレイな景色が観えるとヤル気が出てきます。

IMG_1131.jpg
(指さしてるのは白馬岳)

am 8:16
雪渓到着。雪少なー!

IMG_1140.jpg

am 8:37
丸山ケルンというポイントに着きました。
ちょっと風がでてきた。
お山も出てるよー!!白馬三山。白馬鹿島槍岳、杓子岳、白馬(しろうま)岳。
かっこいい・・・シビレました!!
標高2430mなので空気の薄さを感じてきました。息が切れます。。。

IMG_1284.jpg
(山の?ポーズ)

IMG_1148.jpg
(雲海だ~)

丸山ケルンを過ぎてから、だんだん道が険しくなってきました。
歩いてるところの両側が急な斜面になっていて、怖くなってきた。。(高所恐怖症なので)
こんな感じだったっけな?あの頃は高い所が怖くなかったんかなァ。
登山道も変わるからねェ~と、終始ヨユーなアネ。

空気が薄いから歩いててドキドキしてるのか、怖いからドキドキしてるのか
よくわからなくなってきました。(@_@;)
ロープを持ちながら歩くところもあるし、岩をつかみながら、這いつくばって進みました。
たぶん、高い所が怖くない人は普通に歩けると思います。笑

IMG_1254.jpg
(リアル ロッククライミング)

なんだかブログを書きながら、この辺を歩いていた時の記憶があんまりないなあ、と。
朦朧としていたのかもしれません。 アネも前に、あの場所歩いていた記憶があんまりないってうい登山があった
らしいけど、それかなァ。(^_^;)

IMG_1297.jpg
(もーふらふら(~_~;))


am 9:22
そしてついにーーー!
見えました!山荘です!!

IMG_1281.jpg
(山登りでワタシがいつもする、凧揚げ。山荘が見えて意識を取り戻したときでもあります。笑)

ここからピーク(山頂)までが往復40分。どうする?と、アネに聞かれ、
風もだいぶ強いしもういいよ!と、ワタシ 笑 
お昼ご飯も食べるつもりが、風が強すぎてお湯わかしてカップラーメン食べてる場合ではなく、、
トイレを借りて下山しました。

16F64E88-0DBA-4AB1-883B-179D135FAC10.jpg


IMG_1285.jpg
(遠くの方までよく見える~~)

ピークは行けませんでしたが、おかげで?
下山してすぐぐらいに雷鳥に会えました!

IMG_1288.jpg

登りは4時間半(休憩も含めて)かかりましたが、下りは3時間程。下りは早い~。
一番最後はリフトでスイ~っと、楽ちんです。

IMG_1259.jpg

IMG_1258.jpg
(ゴールテープを切った瞬間 笑)

でも、ここからまだ京都まで帰らないといけないのです!
移動距離が半端ない!笑
今度は妹が会いに来てくれて、ひとしきりしゃべった後
バタバタと電車に乗り込み家路に着いたのでした、、、。

IMG_1287.jpg

家に帰ってから、中学校の時の登山が懐かしくなって
文集を出して読んでみました。
その当時は雪渓にもたくさん雪が残っていたらしく、その雪の中にペットボトルの水を埋めて冷やした、
と書いてありました。笑 今はロープが張っていて、雪渓には近づけないようになっています。
昔は今ほど夏は暑くなかったし、冬に降る雪も多かったんだろうな。。。

担任の先生の文章も読んでみると、
『・・・自然が本当に身近に感じられる事に気がつきました。
人工的な物は極めて少なく、花や樹木や動物そして雲や雪や岩だけですから
当たり前と言えばそれまでですが、何かホッとする自分に出会いました。』
と、書いてあり
あの頃あんまり好きになれない先生だったけど、
今ならその気持ち、、すごくわかります!!
と、ウン十年の時を経て初めて先生の気持ちを知ったのでした。

あっという間の二日間だったけど、
超リフレッシュ&懐かしい気持ちにさせられた
唐松岳登山でありました。


IMG_1253.jpg
【2020/09/10 10:58】 | MARICO☆(栁澤真利子) | トラックバック(0) |
前ページ | ホーム | 次ページ
プロフィール

カナット

Author:カナット
京都の美容室
kanatt
*KAZUHIKO Kishida
*NAOYA Kishida
*SAYAKA Kitagawa
*MARICO☆ Yanagisawa

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード