FC2ブログ
カナット通信~kanatt blog~
京都のヘアサロン kanatt スタッフのブログ
白馬大雪渓[MARICO]
IMG_7106 (1)

2020.2

今年最初のブログなんですけど、ネタがなかったので
去年の夏に山へ行った時のことを書きます。(苦笑)
しばしお付き合い下さい。

------------------

今年の冬は雪が少ないですが、去年の夏に雪を見に行っていました。海外ではなく、
長野県北安曇郡白馬村にある、白馬(しろうま)大雪渓。
メンバーは私の姉(以下 アネ)とお父さんです。

IMG_7045.jpg

千曲市から車で猿倉に向かい、そこからスタート。(写真は猿倉山荘)
今回の目的は雪渓を見ることなので、歩く時間は1時間くらいです。

IMG_7044.jpg
(アネが登山届を出してるところ)

登山道は、歩きやすい遊歩道になっています。
しばらく歩いていると、なんかやたら水が流れてくる。ついには川になっている、、。

IMG_7060.jpg

どうやら去年の猛暑で、雪がけっこう溶けてきてるらしい!
ワタシとアネはトレランシューズだったので、水が染み込んできそうでヤダな、、と思ってたら、
年季が入ってるけどしっかりとしたブーツを履いてたお父さんに『山をナメるなョ』と言われる、、、。

IMG_8877 (1)
(お父さんのブーツ。40年前に買ったやつ!高かったらしい!笑)

確かにこの日は暑かった。標高1250mなのに蒸し暑く、歩いてると汗がダラダラ流れてきました。
それから大きい川が見えたとき、お父さんは語る。
「道に迷ったら川を下るな。来た道を戻れ」
山で道に迷ったとき、川を下っていったら抜けれると思いがちだけど、川幅がずっと同じとは限らない。歩くスペースがなくなっていたり、滝になっていたりしていて、最終的には川に落ちて流されてしまう事もある。
いや、そんなの常識デショ、と思ってる人もいるでしょうが、
迷ってる時はパニック状態なので、川を下ってしまいがちらしいです。

人生に迷った時も、初心に帰るといいって事なのかもしれない、、。笑

IMG_8792 (2)
(お父さんからレクチャーを受ける私たち)

だんだん道幅が狭くなって、森の中に入っていく感じに。

IMG_8878.jpg

わりとヨユーの表情のワタシ↓
IMG_7076.jpg

えっちらおっちら歩いて、白馬尻小屋に到着ー!視界悪め!ガスってる!!(霧)

IMG_7079.jpg

この日の天気予報は午後からが雨のハズが、、降ってきてる、、カッパ着るレベル!(笑)

IMG_7092.jpg

、、、とりあえず休憩。
「あ!コーラ売ってる!買ってきて~あと、雪渓まで何分ぐらいで着くか聞いてきて~」
山の上で炭酸が飲めるって嬉しいです。

ワタシ 「雪渓までどれくらいで着きますか?」
山小屋の人 「2、30分ぐらいですよ。雪渓登るんですか?そのトレランシューズでは歩けないよ~」
ワタシ 「いえ、雪渓見に行くだけです!雨も降ってきたので写真撮ったら帰ってきます!笑」

山小屋の人のさりげないアドバイス。さすがだな~と思いました。
2、30分で着くなら行こうということで、カッパを着て出発。

IMG_7095.jpg

しばらく歩くと見えてきました!雪があるーー!!
汚ネエ~と、お父さん(^_^;)
確かに溶けて土と混ざって、春先のスキー場みたいな感じ。

IMG_7110.jpg

所々にクレパス(亀裂)があるし、よく見たら雪渓の下は川になっていて、もしこの上で滑ってころんだら
どこまで行くかわかんないよ、、、(汗)
記念撮影したら早々に下山。
この場所は夜になったらめちゃくちゃ気温が下がるから、雪が溶けないんだなぁ。
山ってスゲエな。

IMG_7144.jpg
(ワタシとアネ なんかスキー場にいる写真みたい)

また山小屋に戻って、お昼ご飯~♪
お湯を沸かしてどん兵衛と、お母さんが作ってくれたおにぎり、リンゴとキュウリも。(食べ過ぎ、、?)
歩いてるときは暑かったのに、雨に濡れたせいもあって冷えてきました。
山小屋に入るとストーブが付いてる!暖かいって幸せ。(さっきまで暑くて汗だくだったのに)

IMG_7124.jpg

こちらの山小屋は、冬季の雪崩による崩壊を防ぐために6月から小屋を組み立て、
営業終了ご10月には解体する特殊な山小屋です。
ワタシは手拭いとバッチを買いました。
他にもTシャツや軽アイゼン、ゴアテックスの雨具も売ってるんだ~
としゃべっていたら、
山小屋の人 「ペラペラのビニール合羽で登ろうとする人もいるので、そうゆう人には声を掛けます。
亡くなっている方も見てますからね、、、。」

スタッフの方々はみんな優しくて、登山者の安全も考えてくれている。
山小屋ってホットする場所だな~と感じました。

そうして下山。
登りはしんどそうにしていたお父さんも、下りは早かった!
ワタシとアネは下りの方が苦手、、、。
お父さんは大学生の頃、長野の山はたくさん登ったらしい。(探検部という山岳部みたいのに所属してた)
最近は自身も年をとったナアと思う事もあるらしいが、まだまだイケるなっ!
といってました。アタシから見たら、全然ヨユーでしょ、、、笑
でもまた行こう。お山の上級者のお父さんには、まだまだ教えてもらうことが
たくさんあるもんね。

IMG_7125.jpg
(下山後のアイスは格別♪)

半年も前のネタですみません。
次からは、旬な話題を提供できるようがんばります!笑

今回のルート
猿倉荘~白馬尻小屋(1h)~大雪渓(20min)

7B3BA110-D0F7-4284-810F-40FE3F4652D1 (2)
スポンサーサイト



【2020/01/31 11:14】 | MARICO☆(栁澤真利子) | トラックバック(0) |
トラックバック
トラックバックURL
http://kanatt.blog59.fc2.com/tb.php/221-4e86ea16
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

カナット

Author:カナット
京都の美容室
kanatt
*KAZUHIKO Kishida
*NAOYA Kishida
*SAYAKA Kitagawa
*MARICO☆ Yanagisawa

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード