FC2ブログ
カナット通信~kanatt blog~
京都のヘアサロン kanatt スタッフのブログ
ラグビー花園観戦記[KAZUHIKO]
IMG_3660.jpg

2020.1

大いに盛り上がった昨年のラグビーW杯。
以来、見ない日は無いというぐらい日本代表の選手達はテレビでも大活躍ですね。
みんな、それぞれの個性が魅力的です。
トップリーグも開幕してこちらも大盛況の様子。


僕自身ラグビー経験は皆無。
強いて言えばドラマ『スクール☆ウォーズ』を見ていた世代で、
それきっかけでちょっとしたブームがあり、
平尾選手や大八木選手が活躍してた頃に
興味があって見ていたぐらいのもの。

当時、80年代後半から90年代初めごろは
大学ラグビーの人気もとても高く、
明治の吉田、早稲田の堀越、今泉といった
その頃有名だった同年代の選手の名前は
よく覚えてますが、生観戦した事もなく、
ルールも熟知しているわけではありません。

そんな僕でも昨年のW杯をテレビで観て感動し、
ラグビーの良さや面白さを改めて知ったうちの
ひとりです。

にわかの中でも『再認識派』といったところでしょうか。

053C7857-.jpg


カナットのお客様でもラグビー経験者や
部活動を現役でされている方も何人かおられます。

今年のお正月休み、
全国高校ラグビー大会に出場されるお客さんもいるという事で
元日(3回戦)、3日(準々決勝)、5日(準決勝)の試合を応援を兼ねて家族で行ってきました。
(よく考えると1日おきに試合するってめっちゃハード!)

IMG_3687.jpg
(元日&5日はマリちゃんも応援に^^)


高校ラガーマンの聖地『花園ラグビー場』。
野球で言えば甲子園みたいなものですね。

IMG_3640 (1)


ここに出られるのはほんの一握り。
夢の舞台です。



IMG_3679.jpg
(東大阪はラグビーの町☆)

IMG_3677.jpg
(マンホールまで☆)



初めての生観戦。


スタンドの応援は、甲子園とちがいブラスバンドなどの鳴り物はなく、すべて部員の『地声』。
この野太い男くさい応援もまた新鮮で、
掛け声もラグビーならでは。


例を挙げると…

「鬼のっ!鬼のっ!鬼のスクラム!」
(鬼のタックルのバージョンもあり)

という掛け声は多くの学校が使っていて、
共通の応援パターンという感じ。

IMG_3675.jpg
(↑こんな場面で聞こえてきます)


他にも各校、替え歌の応援歌にもバラエティがあり、
特に印象に残ったのは…

『明日があるさ♪』の替え歌で

「♪お前たちにはオレらがいるー
 苦ーしい時 つらーい時は
 スタンド見てくれよー!♪」


ずっと一緒にキツイ練習に耐えてきたにも関わらず、メンバー入りを逃したスタンドにいる部員達に、こんな歌で応援されたら奮い立たないはずがありません。

ラグビーは怪我の多いスポーツ。
怪我で『最後の花園』のユニホームをもらえなかった選手もいる事でしょう。
特に三年生の想い。。
ここにもドラマがあります。
ちょっとウルッときました。。

試合に出ている選手もスタンドの部員も
みんなで戦っている…
これぞ『ワンチーム』ですね。

IMG_3628.jpg


ラグビーを観ていてよく思うのは、
「自分が決めた!」「オレが点を取った!」
という自己アピールを必要以上にしないというか、
W杯を観ていても「自分の手柄にしない」姿勢が印象的でしたね。

というのもラグビーという競技の特性なんでしょうが、
味方が玉砕的につぶされながらも、
「1メートルでも前へ!」と必死につないでくれた楕円のボール
最後の『トライ』は、言わば仲間の自己犠牲の延長線上にあるものだからでしょうか?

「仲間に託す」という概念がもともと色濃く現れるスポーツに感じます。

IMG_3676.jpg


当たり前ですが『託す』と言っても『人任せ』にするんじゃなく、
自分がやらなければいけない事を十二分にやっての話ですね。
(仕事でもスポーツでもここは大事です)


さすがに生で観ると、人と人がぶつかる音が
生々しく聞こえてきます。
190cmオーバー、100kgオーバーの大男が
もし自分に突進してきたら…
そんな相手にも果敢にタックルに行くラガーマンを尊敬します。

僕なら。。(笑)

ラグビーの魅力のひとつに
大きい人、細い人、小さい人、それぞれに
適材適所で活躍出来るポジションがあるのも魅力ですね。
でも、全てのポジションに共通して言えることは、
『ガッツがあること』では無いでしょうか。

IMG_3681.jpg
(S君ナイストライ!:毎日新聞より)

IMG_3680.jpg
(T君ナイスタックル!:京都新聞より)



今回、応援していた2校のうちの1校
滋賀県代表の光泉高校は
1回戦、2回戦を勝ち抜き同校初のベスト16の快挙!

花園での『正月越え』というのが
高校ラガーマンの夢だそうですが
見事に達成してくれました!

IMG_3434.jpg


IMG_3674.jpg


一方、京都府代表の京都成章高校は
準々決勝で終了間近に惜しくも逆転されベスト8!

優勝候補だっただけに悔しい敗戦だったでしょうが、
高校ラグビー史に残るといわれるほどの
めちゃくちゃいい試合でした。
(その日の観客は花園ラグビー場新記録の超満員!)

IMG_3673.jpg

IMG_3537.jpg
(席もびっしり!)

優勝した神奈川の桐蔭学園
おめでとうございます!
準優勝、奈良の御所実業も強かった!


2020年はラグビー観戦でスタートしましたが、
来年も是非来たい!と思いました。

ラグビーに限らず、
何かを一生懸命頑張っている人達を
今年も一生懸命応援します!

IMG_3659.jpg
(熱戦終わってノーサイド☆カナニャンはやっぱり笑わない?)
スポンサーサイト



【2020/01/20 14:44】 | KAZUHIKO(岸田カズヒコ) | トラックバック(0) |
トラックバック
トラックバックURL
http://kanatt.blog59.fc2.com/tb.php/219-eccc7ff4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

カナット

Author:カナット
京都の美容室
kanatt
*KAZUHIKO Kishida
*NAOYA Kishida
*SAYAKA Kitagawa
*MARICO☆ Yanagisawa

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード