FC2ブログ
カナット通信~kanatt blog~
京都のヘアサロン kanatt スタッフのブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
西郷どんと幕末維新とカナット[KAZUHIKO]
IMG_8321.jpg
2018.10

歴史は好きなほうではあるんですが、
中でも『幕末』はちょっと特別な感じがします。

『昔すぎない』のも要因かもしれないけど、
あのたった10年ほどの間の激動…

この時代に活躍した偉人達のストーリーはもちろん、

時代を『変えようとした側の正義』と
『守ろうとした側の正義』が
複雑に絡みあって生まれた『悲劇性』も
人の心に響くんではないでしょうか。

幕末を題材にした小説も沢山ありますが、
『誰を主人公にするか』
で印象はだいぶ変わりますよね。

単純に『善』と『悪』の戦いではなく、
時代が大きく変わろうとしている中で
信じたものに命をかけて散っていった人達のドラマでもあり、
今の日本があるのもそんな出来事の上に成り立っていると思うと

「ちゃんとしないと!」と思わせられます。




まあ、むずかしい事はひとまず置いといて、、



ちょうどNHKの大河ドラマ『西郷どん』も年末に向けていよいよクライマックス。

ということで

今までに放映された回のエピソードの舞台にもなった場所を幾つか自転車で巡ってみたくなりました。

あと、カナットの近所は幕末維新関連スポットが沢山あるのでそちらも合わせて。。

20181018map1.jpg


先ずは当時天皇がいた『御所』は外せません。

IMG_8101.jpg

ここは目まぐるしく情勢を左右する出来事があったのが想像出来ます。

『禁門の変(蛤御門の変)』は有名で
ドラマでは長州藩士の来島又兵衛役を長州力が熱演。

IMG_8115.jpg


撃たれて壮絶な死を遂げたのはこの木の下とか

IMG_8112.jpg


柱に当時の弾痕が。

IMG_8117.jpg

今では街のオアシスみたいに、
だだっ広い広場にのんびり時間が流れている光景が対照的。



烏丸通を北に上がると『薩摩藩邸(跡)』
今は同志社大学のキャンパスです。
MAP1-②
IMG_8302.jpg



少し北、鞍馬口駅近くには『薩長同盟』が交わされた、通称『御花畑御屋敷(跡)』。
MAP1-③

(牧場ではありません「屋敷」です)

IMG_8311.jpg



なんともメルヘンチックな名前ですね。

薩摩・西郷(演・鈴木亮平)、大久保利通(瑛太)、長州・桂小五郎(玉山鉄二)。

取り持ったのは坂本龍馬(小栗旬)。

今はお洒落なカフェになってました。




次は江戸幕府最後の将軍徳川慶喜(松田翔太)が大政奉還をした『二条城』。

IMG_8119.jpg

IMG_8148.jpg

当時が一番残ってる場所かも知れません。





いよいよ西郷達が旧幕府側を潰しに行った『戊辰戦争』の初戦『鳥羽・伏見の戦い』

20181018map2.jpg


鳥羽周辺での戦いで維新軍が陣を構えた『城南宮』
MAP2-④
IMG_8198.jpg


西に進むと激戦の地(跡)の石碑があります。今は住宅街。
MAP2-⑤
IMG_8202.jpg


ほぼ同時に起こった伏見の戦いで
維新軍が陣を構えた『御幸宮神社』
MAP2-⑥
IMG_8237.jpg


南に行くと旧幕府軍が構えた『伏見奉行所(跡)』
MAP2-⑦
今はマンションです。

IMG_8240.jpg


伏見の戦いが始まったとされる場所にも石碑だけが建ってます。
MAP2-⑧
IMG_8230.jpg



こうして色々まわってみると、
「ここで◯◯があった場所跡」と
石碑だけが建てられている事がよくありますが、

「ふーん。それで?」と、素通り出来るか

「ココがっ!」と、その時の状況を勝手に思い浮かべて想いにふけってしまうか…

悲しいかな、僕は後者です。。



この近くには坂本龍馬の定宿で有名な『寺田屋』があります。

IMG_8218.jpg

(現在では龍馬推し満開…)

IMG_8219.jpg



寺田屋では2度大きな事件がありましたが
1度目事件(龍馬が関係した方ではない)寺田屋騒動の回(23話)は幼なじみ同士が斬り合わなくてはならないという 切なすぎる回でした。



伏見には幕末の史跡も多く、やっぱり坂本龍馬は人気なのが分かります。

IMG_8233.jpg

IMG_8234.jpg




そしてカナットの近所のスポットに目を移しますと…

20181018map3.jpg

京都ホテルオークラがある辺りが長州藩邸だったという事で、桂小五郎や妻になる幾松に関連した場所が近くにあり
MAP3-⑩⑪
IMG_8096.jpg

IMG_8094.jpg



長州藩士・大村益次郎(演・林家正蔵)が襲われた場所(石碑)
MAP3⑫
IMG_8090.jpg

隣の石碑は思想家・佐久間象山が襲われた場所を記すもの。
斬ったのは『るろうに剣心』の主人公・人斬り抜刀斎(緋村剣心)のモデルにもなった河上彦斎という人物
(やっぱり奥義・飛天御剣流でしょうか…)


三条通りには幕末の悲劇のヒーロー『新撰組』が一躍有名になった『池田屋騒動(跡)』(今は居酒屋)
MAP3-⑬
IMG_8087.jpg

近藤勇が、土方歳三が、沖田総司がブレイクした場所です



一筋下がり坂本龍馬が居候していた『酢屋(材木商)』
MAP3-⑭
IMG_8083.jpg



河原町通を下がると龍馬達が命を落としたあの、
『近江屋』があります(今は回転寿司)
MAP3-⑮
00000oumiya.jpg




あと、東山の高台寺を山手に上がったところには幕末維新に関わった大勢の人達の墓があります。
MAP1-⑨
BE78C953-.jpg

やっぱり龍馬のお墓は人気ですね。


その目の前には幕末維新に特化した博物館
『霊山(りょうぜん)歴史館』

IMG_8293.jpg


ちなみにこの時代を動かしていた人達は
若くして散っていった人も多いんですよね。

坂本龍馬31歳。暗殺
桂小五郎43 歳。病死
大久保利通47歳。暗殺
西郷隆盛49歳。西南戦争で自決


「勝てば官軍、負ければ賊軍」
という言葉がありますが、

負けて賊軍の汚名を着せられた
旧幕府のために戦った側でいうと、
新撰組の面々もほとんどが若くして非業の死を遂げ、

戊辰戦争の悲劇『会津の白虎隊』に至っては
15,6歳の若者まで戦に駆り出され
戦死や自決に追い込まれています。

一方、旧幕府側のトップだった徳川慶喜は
明治維新後もこの中の誰よりも長く生き続け、
76歳で亡くなるまで余生は写真や狩猟など
多くの趣味を楽しんだとか。

何だか皮肉ですね。


今年でちょうど維新150年。

昔の出来事のようであるけど、
150年っていうとそう遠くない昔。

当時とは景色も随分変わりましたが
このすぐ近くを維新志士が駆け抜けていたと想像すると
ワクワクが止まない今日このごろです。



読んで頂いてありがとうございました!

IMG_8322.jpg


*本文中の地図は「京都観光ガイドマップ」より抜粋
スポンサーサイト
【2018/10/18 12:58】 | KAZUHIKO(岸田カズヒコ) | トラックバック(0) |
トラックバック
トラックバックURL
http://kanatt.blog59.fc2.com/tb.php/207-11b1ec73
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

カナット

Author:カナット
京都の美容室
kanatt
*KAZUHIKO Kishida
*NAOYA Kishida
*SAYAKA Kitagawa
*MARICO☆ Yanagisawa

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。