カナット通信~kanatt blog~
京都のヘアサロン kanatt スタッフのブログ
【剣道 25年振りの試合】 この一撃に賭ける!     NAOYA
DSC03187.jpg


今から25年前・・・高3の夏。
高校生活最後の試合で敗れた僕は、その試合後 人目をはばからず思いっきり泣いた。
『試合に負けた悔しさ』というより、 『これが最後の試合なんだ』という淋しさから溢れ出る涙。

小・中・高と、『強くなりたい』一心で12年間続けてきた剣道。

小・中学校時代は滋賀県愛知川剣心会で週4回の稽古に加え、中学は部活で毎日稽古。
16-11-11-09-03-44-150_deco.jpg
(中3の夏。 団体戦で県予選を勝ち抜き 全国大会へ  [列 後ろから3人目] )

高校時代は部員約50人の剣道部のキャプテンとして日々稽古に励んできた剣道が一旦終わった 『あの日』
2016-11-10-16-37-10.jpg
(高3の頃 同期と。 高校卒業アルバムより [中段 右])

時が経ち
『あの日』から25年経過した今、
『あの日』の自分に言葉を伝えれるとしたら・・・
『その涙は、今は流さず大事に取っとけよ』と伝えたい。

なぜなら、『再び 試合に出場できる機会が巡って来るから・・・』

そして今年の夏。
厳しい暑さの残る稽古後に、道場の先生から『11月に大人も出場できる試合がある』というお知らせが。

{ 11月6日(日) 『第三回 八幡市剣道優勝大会』 指導者・OBの部  (36歳~49歳) }
16-11-10-18-14-41-855_deco.jpg

思いもよらず巡ってきた出場機会。
『是非、出場したい!』 という自分と 『いや 待てよ・・・』という自分が混在。

実際 出場に至るまでは幾つかハードルが・・・。
・日曜日の試合、仕事を休む事に。
・現状での稽古不足
・25年もの長きに渡るブランク etc・・・。

しばらく悩んだ結果、出場したい気持ちは抑えきれず無謀にも自らエントリー。
こうなれば試合当日までの約二ヶ月間をどう過ごすかは自分との戦いとも言えます。

<試合まで、あと二ヶ月>
エントリーした8月末から、基本中の基本である素振りを毎朝300本。 
やがて400本・500本と増やし 朝から一汗。
16-09-27-07-16-03-414_photo.jpg
(毎日の素振りでできた左手のマメ)

素振りで基本的な部分は強化できても『実戦』から遠ざかっていて、相手との間合いや試合運びなど一向に勘が戻らず不安が増すばかり・・・。

<試合まで、あと一か月>
いよいよ自分の中でのカウントダウン開始。
毎朝の素振りに加えて、出稽古の準備。
大人の方相手に稽古をつけてもらうことに。

と思っていた矢先、まさかのアクシデント発生!
とある事情で肋骨骨折・・・。
試合までのカウントダウンも始まってるので、痛み止めの薬とコルセット着用で出稽古へ。

仕事帰りの夜8時頃から他道場に出向き、実質1時間程度の内容の濃い稽古。
高校の部活を思い出すかのような厳しい稽古。
10人ほどおられる大人の方との熱のこもった良い稽古です。

初めての出稽古で痛感した、体力不足とブランクによる実戦感覚の鈍さ。
やればやるほど不安は増すばかり・・・。
とてもじゃないけど試合どころでは無いレベル。
DSC_0034.jpg
(背中を向けておられる先生に稽古をつけて頂きました)

仕事帰りの厳しい出稽古。
心の中で『今日は帰ろうかなぁ・・・』と逃げ出したくなる自分も居たり。
DSC_0033.jpg
(閉ざされた扉の向こうから聞こえてくる掛け声、逃げ腰の自分を奮い立たせて扉を開けます)

出稽古を2回3回と重ねる事で、ようやく解って来た部分もあり、とても意味のある稽古でした。
稽古の後は決まって『今日来て良かった』と思えます。

16-11-09-17-52-32-767_deco.jpg
(稽古後は、たいていこんな感じで青アザが・・・)

更に、帰宅後は ほぼ毎日のように剣道の試合の動画を見てあれこれ研究。
試合までの準備期間で少しでもブランクを埋めようと必死でした。

今回の試合では、『会場の雰囲気や相手の気迫に臆することなく、今まで培ってきた自分の剣道が出来れば』の気持ちで挑むことにしました。

16-11-01-07-14-12-981_deco.jpg
(試合の一週間前、僕の誕生日に子供達から貰った『必勝お守り』を携え試合に挑みます)

DSC_0058.jpg
(お店のスタッフからは『袴』をプレゼントしてもらい、この袴で挑みます)

<そして迎えた試合当日>

試合前の何とも言えない緊張感が懐かしく思えたこの日の朝。
DSC_0073.jpg

今回の試合会場となる『太陽が丘・体育館』へ向かいます。

京都・大阪・滋賀・兵庫・奈良・和歌山を始め、東海・北陸から、100団体以上、約1500人の剣士が集結。
1478470811189.jpg

開会式終了後、8コートにて一斉に小学生の試合開始。
16-11-09-20-07-10-839_deco.jpg

『ヤーッ!』  『メーン!』  『コテー!』
会場に響き渡る、掛け声・歓声・拍手・・・すべてが懐かしかった。
 『また帰ってきたんだ』 と実感。

小学生の試合を観戦しながら午後からの自分の試合に備えます・・・。

余談ですが、観戦中に剣道界では有名な寺本先生が居られたので撮らせていただきました。
DSC03158.jpg
(*寺本先生・・・2007年度 全日本剣道選手権にて日本一の座に。大阪府警)
息子には、剣道を始めたからには日本一を目指して欲しいです。


<間もなく試合開始>
16-11-07-12-00-43-929_deco.jpg
(たっての願いで、息子に襷を託しました)


16-11-07-16-26-06-703_deco.jpg
(これから試合に挑む父の姿は、息子にはどのように映るのか…)

DSC03203.jpg
(面ひもをギューッと締め、心身ともに引き締まる思い)

<そして迎えた運命の初戦>
主審の『始め!』の合図で試合開始。
今回の試合で、僕が最も大切にしてきた最初の一太刀。
相手に隙が生じた瞬間、渾身の一撃!

『面あり!』 旗三本!
16-11-07-14-39-18-658_deco.jpg

25年前の忘れ物を取り戻せた瞬間。
つづく二本目も面が決まり、二本勝ちさせて頂きました。

<二回戦>
二戦目は、逆に面を二本取られ敗北・・・。
1478470805335.jpg

敗れはしましたが、自分から攻めての敗けだったので、悔しさの中に清々しさもありました。
この敗戦が次に繋がる第一歩だと信じています。

この春から再開した剣道。
この秋実現した25年振りの試合。

また、こうして大好きな剣道を続けさせて貰える環境に感謝しなだら、これからも更なる高みを目指して挑戦していきたいです。
16-11-07-22-24-24-012_deco.jpg


今回の試合を終えて痛感した、次の剣道の教え。

≪打って反省 打たれて感謝≫
「打って反省」・・・本当に正しい心で無駄なく打ち込めたか常に自己反省すること。
「打たれて感謝」・・・打たれることで、自分の隙を教えてくれた相手に感謝すること。
すなわち、相手に対する感謝の気持ちを忘れず、切磋琢磨する精神。
いくら段位に差があっても、共に教わる事があり、常に謙虚であれという意味。

DSC03194.jpg

僕の挑戦は、まだまだ始まったばかりです・・・。









スポンサーサイト
【2016/11/07 17:28】 | NAOYA(岸田直也) | トラックバック(0) |
トラックバック
トラックバックURL
http://kanatt.blog59.fc2.com/tb.php/184-f3127654
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

カナット

Author:カナット
京都の美容室
kanatt
*KAZUHIKO Kishida
*NAOYA Kishida
*SAYAKA Kitagawa
*MARICO☆ Yanagisawa

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード