FC2ブログ
カナット通信~kanatt blog~
京都のヘアサロン kanatt スタッフのブログ
おうち時間[MARICO]
IMG_9996.jpg


外遊びが大好きと言ってきましたが、家にいる時間が多くなった今日この頃。。。
というわけで、料理することが多くなりました。
もともと作るのは好きなんですけど、ワタシの料理ブームにはムラがあり、
ブームが去ると全然やりません。

でもやはりこの時期、料理する人が多いみたいで、
これ作りました、アレ作りました、こうすると簡単に作れますよ~って言うのをいろんなところで目にし、
影響を受けて毎日作るようになりました。笑

IMG_9435.jpg
(切り干し大根作る途中)

飽きもせずコンビニで買っていたお昼ごはんも(ホントは飽きてた)
お弁当を作って持っていくまでになりました!
こういう形で日常が変わることもあるんだなぁ。

オンライン料理なるものもやりました。
要は、テレビ電話しながら作るってこと。
普段使ったことなかったけど、スマホの画像もキレイだし、音声もはっきりしてて聞き取りやすい。
文明の利器すごいな~ 笑
しゃべりに気を取られて、〇○入れ忘れた!とかありましたけど、
作ってから食べるまでを一緒に過ごせて楽しかったです。

IMG_9743.jpg
(長野の友達N美と一緒にオムライス作りました)

1F11DBB4-7C36-4930-9868-8EF4930073A9.jpg
(ケチャップで絵とか文字、かくよね~ 左 ワタシ 右 N美)

IMG_9998.jpg
(この日はタコライス。盛り付け方がよくわかんなかったけど。笑)

で、気付いたことが、、、
ウチにある食器イケてない!笑

IMG_9962.jpg
(リラックマとミッフィーちゃん。。。(^_^;))

そういば、ここ数年食器を買っていなかった。
家にあるのは、コンビニでシール集めてもらったやつか、結婚式の引き出物だし、
なんならお皿が欠けてるところあるのに使ってるぅ~(^_^;)))
家に居る時間が増えた今、日頃見えていなかった問題点が浮き彫りに。(大げさだな)

仕方ない、やたらあるランチョンマットで気分を変えよう!笑
無かったら無いで、在るもんでやっていくしかありませんネ。

IMG_9579.jpg

IMG_9981.jpg
(ホットケーキミックス品薄です、、無いとムショーに食べたくなる!)

そうしてマイブームも一か月が過ぎ、
食べたいものが無いな~と、、、思いはじめていた時に出会ったのが
ドラマ 『昨日何食べた?』

IMG_9922.jpg

西嶋秀俊さん演じる弁護士のシロさんと、内野聖陽さん演じる美容師のケンジ。
ふたりは同居する恋人同士なんです。そんな二人のほろ苦くもあたたかい毎日と、日々の食卓を描いた物語です。
(ワタシはパラビという動画配信サービスで観ました。アマゾンプライムビデオでも観れます)

いろんな料理レシピが紹介されるドラマかな~とか思いきや、
けっこうおもしろいんです!
内野サンが今まで演じてきた役柄とは全く違うんですけど、そこにハマりました。笑
見た目は43歳の男性なのに、恋する乙女の心を持っていて、かわいい(?)んです。
西嶋さんは、そのまんまシュッとした男前の役だけど、いつも定時に家に帰って晩ごはんを作り、ケンジの帰りを待つ。
お料理は凝ったものではないけれど、丁寧に作られていて、おかずのバランスも良い。
なによりとってもおいしそう!!

おいしいって幸せなことなんだなぁ、と。。。

食べてもらう人のことを想いながら、それがたとえ自分の為にだとしても
思いを込めて作るときっとおいしくなる。(気がする)
こうして料理ブーム再燃!!
今日は何食べよ??

IMG_9978.jpg
(掃除してたらイイ感じのお皿出てきました)



今までの日常がガラリと変わって2か月くらい?
戸惑いや不安もありましたが、その間にいろんな事に気付かされたり、
今の状況に慣れつつある自分もいます。
お山への思いを馳せつつも、おうち時間もけっこう快適です。

その他、おうち時間でやった事。
・家の窓ふき
・家の中でテントを組み立てる
・ドラマ一気観
・友達に便りを送る
・オンライン帰省
・読書 etc、、、



それから、直也さんに習って『壁アート』もやってみました。
初心者は「木」を作るところからやってみるといいそうです。

はじめにパーツを切っておいてから、貼っていきます。

IMG_0009.jpg

(自宅の冷蔵庫に貼っています)

IMG_0010.jpg

りんごの木。なんか、日本昔話に出てくる絵みたいになりました。笑笑


スポンサーサイト



【2020/05/07 11:19】 | MARICO☆(栁澤真利子) | トラックバック(0) |
Mt.信貴山[MARICO]
IMG_9198.jpg


またまたお山の話し。
こんなネタばかりですみません。m(__)m
今回行ったのは、信貴山(しぎさん)。
奈良県生駒郡平群町に位置する山です。
メンバーは摩耶山に一緒に行ったMさんと、Mさんのお友達で
この日に初めて会ったSさんの3人で行きました。

恩智神社からスタート!(最寄りの駅は、近鉄大阪線、恩智駅)
この時期に山登りしたことがなかったので、服装はどうしよう?
寒かったらやだナ、でも歩いてたら暑くなるよね?!レイヤリング(重ね着のこと)には
悩みました。
この日は天気がよかったので、やっぱり歩いていると暑かった!!

IMG_9142 (1)
(今日のおやつはコレ!甘いのとしょっぱいの)

IMG_9152.jpg
(イノシシじゃなくて、イノブタなんだ、、、)

IMG_9160.jpg
(センパイ方、今日もよろしくおねがいします!!)

Sさんは、2000m級の山でテント泊や、富士山も登った事のある方なので、
いろんなお山の話しが聞けました。
予約していた山小屋が、到着したところと間違っていた話とか、、、。笑
お山ではハプニングはつきものなので、対応力も必要です。笑

IMG_9165.jpg
(芽吹いてきてる♪)

1時間ぐらいで『のどか村』に到着。
ここにはBBQができるところがあったり、いちご狩りができるところがあります。
売店もありました。

ベンチもたくさんあるのでここで昼食。
この日はめずらしく家で作って持ってきました!
豚汁とおにぎり。

IMG_9180.jpg

昼食後、目指すは山頂!
ケーブル線高安山駅を経て、高安山山頂。

IMG_9190.jpg

道案内の文字がなんかこわい、、、(^_^;)

IMG_9254.jpg

IMG_9294.jpg

からの~信貴山山頂へ!

IMG_9236.jpg
(上り坂が少なくて、歩きやすい~)

鳥居がたくさんあるので、二礼二拍手でお詣りしていたら、
「ここはお寺だよ~」とMさんに言われる。笑

IMG_9255.jpg

IMG_9210.jpg
(木の切り株の上にあった)

IMG_9235.jpg
(鳥居がたくさん)

展望もよかったんですけど、気ままな山歩きをしていたので時間がなくなり(焦)
早々に山頂を後にし、コーヒータイム場所を探す。笑

IMG_9225.jpg

気分的に下山したかのような、ほっこり気分になっていましたが、
ここからまだ1時間半ほど歩きます。

IMG_9221.jpg
(大きいトラのハリボテ 信貴山 朝後孫寺 ここはトラが縁のある神として、信仰されているそうです)

IMG_9230.jpg

影が長くなってきた~、、、
無事戻ってきて(下山できた)ホッとする気持ちと、山登りが終わっちゃうのが
夕暮れ時っていうこともあって少しさみしく感じるこの気持ち。

今回も、楽しいお山になりました。
なんでワタシは山に行きたくなるのか、前々回のブログで書きましたが、
ワタシはよく、天空の城ラピュタでシータが言っていた言葉を思い出します。

『土に根をおろし、風と共に生きよう。種と共に冬を超え、鳥と共に春を歌おう。
どんなに恐ろしい武器を持っても、たくさんの可哀想なロボットを操っても、
土から離れては生きられないのよ。』

ホントだよネ~
大人になって、この言葉の意味がわかってきた気がします。

いつもの日常が、変わってしまっても
ちゃんと季節は巡ってく。
外での活動は、いろんなことを教えてくれます。

IMG_9192.jpg


・・・下山報告
〆はラーメンで!丸源ラーメン。
登山した後は、タンパク質や糖質(炭水化物)を取ると疲労回復に効果的
らしいですョ。(まりこ調べ)

IMG_9296.jpg
【2020/03/18 19:08】 | MARICO☆(栁澤真利子) | トラックバック(0) |
白馬大雪渓[MARICO]
IMG_7106 (1)

2020.2

今年最初のブログなんですけど、ネタがなかったので
去年の夏に山へ行った時のことを書きます。(苦笑)
しばしお付き合い下さい。

------------------

今年の冬は雪が少ないですが、去年の夏に雪を見に行っていました。海外ではなく、
長野県北安曇郡白馬村にある、白馬(しろうま)大雪渓。
メンバーは私の姉(以下 アネ)とお父さんです。

IMG_7045.jpg

千曲市から車で猿倉に向かい、そこからスタート。(写真は猿倉山荘)
今回の目的は雪渓を見ることなので、歩く時間は1時間くらいです。

IMG_7044.jpg
(アネが登山届を出してるところ)

登山道は、歩きやすい遊歩道になっています。
しばらく歩いていると、なんかやたら水が流れてくる。ついには川になっている、、。

IMG_7060.jpg

どうやら去年の猛暑で、雪がけっこう溶けてきてるらしい!
ワタシとアネはトレランシューズだったので、水が染み込んできそうでヤダな、、と思ってたら、
年季が入ってるけどしっかりとしたブーツを履いてたお父さんに『山をナメるなョ』と言われる、、、。

IMG_8877 (1)
(お父さんのブーツ。40年前に買ったやつ!高かったらしい!笑)

確かにこの日は暑かった。標高1250mなのに蒸し暑く、歩いてると汗がダラダラ流れてきました。
それから大きい川が見えたとき、お父さんは語る。
「道に迷ったら川を下るな。来た道を戻れ」
山で道に迷ったとき、川を下っていったら抜けれると思いがちだけど、川幅がずっと同じとは限らない。歩くスペースがなくなっていたり、滝になっていたりしていて、最終的には川に落ちて流されてしまう事もある。
いや、そんなの常識デショ、と思ってる人もいるでしょうが、
迷ってる時はパニック状態なので、川を下ってしまいがちらしいです。

人生に迷った時も、初心に帰るといいって事なのかもしれない、、。笑

IMG_8792 (2)
(お父さんからレクチャーを受ける私たち)

だんだん道幅が狭くなって、森の中に入っていく感じに。

IMG_8878.jpg

わりとヨユーの表情のワタシ↓
IMG_7076.jpg

えっちらおっちら歩いて、白馬尻小屋に到着ー!視界悪め!ガスってる!!(霧)

IMG_7079.jpg

この日の天気予報は午後からが雨のハズが、、降ってきてる、、カッパ着るレベル!(笑)

IMG_7092.jpg

、、、とりあえず休憩。
「あ!コーラ売ってる!買ってきて~あと、雪渓まで何分ぐらいで着くか聞いてきて~」
山の上で炭酸が飲めるって嬉しいです。

ワタシ 「雪渓までどれくらいで着きますか?」
山小屋の人 「2、30分ぐらいですよ。雪渓登るんですか?そのトレランシューズでは歩けないよ~」
ワタシ 「いえ、雪渓見に行くだけです!雨も降ってきたので写真撮ったら帰ってきます!笑」

山小屋の人のさりげないアドバイス。さすがだな~と思いました。
2、30分で着くなら行こうということで、カッパを着て出発。

IMG_7095.jpg

しばらく歩くと見えてきました!雪があるーー!!
汚ネエ~と、お父さん(^_^;)
確かに溶けて土と混ざって、春先のスキー場みたいな感じ。

IMG_7110.jpg

所々にクレパス(亀裂)があるし、よく見たら雪渓の下は川になっていて、もしこの上で滑ってころんだら
どこまで行くかわかんないよ、、、(汗)
記念撮影したら早々に下山。
この場所は夜になったらめちゃくちゃ気温が下がるから、雪が溶けないんだなぁ。
山ってスゲエな。

IMG_7144.jpg
(ワタシとアネ なんかスキー場にいる写真みたい)

また山小屋に戻って、お昼ご飯~♪
お湯を沸かしてどん兵衛と、お母さんが作ってくれたおにぎり、リンゴとキュウリも。(食べ過ぎ、、?)
歩いてるときは暑かったのに、雨に濡れたせいもあって冷えてきました。
山小屋に入るとストーブが付いてる!暖かいって幸せ。(さっきまで暑くて汗だくだったのに)

IMG_7124.jpg

こちらの山小屋は、冬季の雪崩による崩壊を防ぐために6月から小屋を組み立て、
営業終了ご10月には解体する特殊な山小屋です。
ワタシは手拭いとバッチを買いました。
他にもTシャツや軽アイゼン、ゴアテックスの雨具も売ってるんだ~
としゃべっていたら、
山小屋の人 「ペラペラのビニール合羽で登ろうとする人もいるので、そうゆう人には声を掛けます。
亡くなっている方も見てますからね、、、。」

スタッフの方々はみんな優しくて、登山者の安全も考えてくれている。
山小屋ってホットする場所だな~と感じました。

そうして下山。
登りはしんどそうにしていたお父さんも、下りは早かった!
ワタシとアネは下りの方が苦手、、、。
お父さんは大学生の頃、長野の山はたくさん登ったらしい。(探検部という山岳部みたいのに所属してた)
最近は自身も年をとったナアと思う事もあるらしいが、まだまだイケるなっ!
といってました。アタシから見たら、全然ヨユーでしょ、、、笑
でもまた行こう。お山の上級者のお父さんには、まだまだ教えてもらうことが
たくさんあるもんね。

IMG_7125.jpg
(下山後のアイスは格別♪)

半年も前のネタですみません。
次からは、旬な話題を提供できるようがんばります!笑

今回のルート
猿倉荘~白馬尻小屋(1h)~大雪渓(20min)

7B3BA110-D0F7-4284-810F-40FE3F4652D1 (2)
【2020/01/31 11:14】 | MARICO☆(栁澤真利子) | トラックバック(0) |
Mt.摩耶山[MARICO]
IMG_8124.jpg

一年ぶりの山ブログ。
でも今年はいつもより山へ行っていました。
大文字山も入れたら6回。女友達とも今年は何回か行けたので、山ガール友達が増えて嬉しがっています。笑
山登りって楽しいの?たまに聞かれます。
めっちゃ楽しいよ!!でも、具体的にどこがどういいのかといいますと、、

①外で体を動かせるのがいい

IMG_7758.jpg
(10月に行った滋賀県 栗東市にある金勝山での写真)

普段室内で仕事しているので、外に出て、季節を感じれるのがいい。
新緑が芽吹いてきたなとか、雲が夏っぽいとか、紅葉してきたなとか。

②外で食べるご飯がおいしい

IMG_8143.jpg
(ガスバーナー↑8月に行った滋賀県 蓬莱山で)
普段しない事をするのがいいのかもしれません。ガスバーナーでお湯を沸かしてカップラーメンを食べる。
コーヒーを飲む。それだけでなんか楽しい。
むしろ『食べること』が、ワタシが山へ行った時の楽しみ、目的の一つだったりします。笑

③あまりお金を使わずに楽しめる

IMG_8097.jpg
(摩耶山でのコーヒータイムの時の↑)

街中で買い物したり、おしゃれなカフェへいくのももちろん楽しいけどだんだん飽きてくる。
山へ行くとき、場所によっては交通費がかかったりしますが、お昼ご飯を買うぐらいなので
あんまりお金を使いません。でも得られる満足感は大きい(ワタシ的には)

④きれいな景色が観れる

IMG_8155.jpg
(今年の夏休みに行った、長野県白馬村にある、白馬大雪渓
冬に降った雪が8月でも残っています)

良い面ばかり書きましたが、やはり山歩きは疲れます。
でも、しんどい思いをして登ったあとに観る景色はサイコーです!!
高~いところから、遠くの方まで観える山々を見たとき、なんて自分はちっぽけなんだろうと
思えてきます。
登ってる時は歩くことに集中できるから、他の事考えないので
日常の悩みなんか(もともと悩むタイプじゃないけど)どーでもよくなります。
女友達と行ったときなんかは、逆にいろんなことを喋りながら歩けてそれも楽しい。
などなどが、ワタシが思う山登り良い所です。


そして、、、今年7回目になる山登りは、神戸の摩耶山。
メンバーは去年ポンポン山に一緒に行ったSさんとMさんと、11月に行きました。
神戸の三ノ宮駅から、先ずは新神戸駅へ。
祝日だったこともあり、登りに来ている人がたくさんいました。

IMG_7999.jpg

新神戸駅~布引の滝

IMG_8023.jpg
(布引貯水池)
紅葉にはまだ早そうでした。

~市ヶ原分岐
ここから先、行こうとしていたルートに崩落個所があるという情報が、、!
どの道でいこうか悩んでいたら、通りがかりの人が丁寧に教えてくれました。
迷ったら、迷わず人に聞くのが一番!笑

~地蔵谷ルート
IMG_8038.jpg

ときどき、岩を登らないといけない道もあったりしてけっこうハード、、
でも天気が良かったので、とっても気持ちよかったです!

IMG_8035 (1)

そして、、、

IMG_8049.jpg

山頂に到着!!
でもここは展望はゼロです。笑

なので、展望台のある掬星台まで移動。
地図を見ながら、あっちかな?と思って歩いて行ったら
なんかあの鳥居さっきもみませんでした??みたいな。
こっちの道でしたね~、、といった具合に、たまに迷ったりもあります。笑

迷いながらも無事、掬星台到着~!!
そうここで、本日のメインイベント?!お昼ご飯♪
トマト鍋なのです!!
Sさん⇒具材担当 Mさん⇒ガスバーナー担当 ワタシ⇒鍋、取り皿、ごはん、トマト缶担当
何人かで行くと、持ち物を分担して持って行けるのでイイですね。

お山で本格的な料理を食べるのは初めてで、とっても楽しみにしていました。
この日は天気もよく暖かかったけど、風が吹くとちょっと寒い。
なのであったかいご飯が嬉しい。おいしい~~!!

IMG_8076 (1)

トマト鍋はSさんが手際よく作ってくれましたし、
Mさんは食後のコーヒーと、スイーツを持ってきてくれていました。
お二人は、山には何回も行っていて慣れた方々なんです。
山のルートを事前に調べてもらったり、お昼ご飯も作ってもらったりで、
ワタシは後についていくだけでした。笑
おかげでとっても楽しいお山になりました。

帰りも3時間ぐらい歩くのに、
シメのリゾットまでがっつり。。。

IMG_8082.jpg

この日来た摩耶山。
山を登って、観えた景色が都会の街並みでした。海や港、ビル群も。
なんかそれがとっても新鮮に感じました。

IMG_8128 (1)

IMG_8130.jpg


来年は、何回山に行けるかな?
日帰りじゃなくて、一泊で行きたい!っていうのが
今のところの目標です。
【2019/11/06 11:24】 | MARICO☆(栁澤真利子) | トラックバック(0) |
ぶらり in kyoto パート3 [MARICO]
IMG_6293.jpg

今回のぶらり旅は~、、、伏見稲荷と嵐山。それから美味しいものを求めて
食べ歩き&ゲストハウス宿泊!
2年前にも京都に来た、高校の時の友達と行きました。

IMG_6279 (1)
伏見稲荷到着am6;49
夜行バスで来た友達を京都駅に迎えに行き、そのままJRで。

IMG_6285.jpg
映えスポットに、謎の紅白の棒が、、、^_^;
(お祭りの準備のためだったみたい)

山頂までは行かずに、見晴らしの良くなる四つ辻までいきました。
けっこう階段が多かった(@_@;)

IMG_6321.jpg

IMG_6814.jpg

友達はインスタグラマー(とワタシは思っている)なので、あの手この手を使って写真を撮りまくる!
知らん間に動画を撮られてたりする!(笑)
でも、フットワークの軽い、テンション高めでよく食べる、、じゃなくて
美味しいもの好きの友達のおかげで、いつも楽しませてもらっています。

IMG_6371.jpg
(GoPro fusionというカメラを使って。360度撮影できるのでこんな写真になります!)

IMG_6819.jpg
伏見稲荷でいなり寿司を食べる。笑

IMG_6813.jpg
この日の移動は『歩くまち・京都レール切符』を使って。
行ける範囲は決まっていますが、JR、京阪、阪急、地下鉄に乗れます。1500円。

IMG_6818.jpg

IMG_6815.jpg
嵐山に到着。でもまだam10:00

ここに来たら行きたいところが、、『嵐山 MITATE』
カナットの隣にある『龍のひげ』の系列店です。 予約の取れない人気店なんです!!
この日はお店の人に会いに来ただけだったので、
今度は食べに来ますね!

IMG_6355.jpg

IMG_6351.jpg
(お店の方に撮ってもらった)

IMG_6361.jpg
嵐山に来た一番の目的は、ランチを食べる事(*^_^*)
『舞妓飯』(まいこはん)
ひと口くし天ぷらのランチコース。
種類好きな具材を選べます。土瓶蒸しの出汁、ごはんはお代わりできますよ。

IMG_6367.jpg
ホントはこのあと、アイスを食べに行きたかったんだけど、
あいにく定休日で、、、
通りがかったゲストハウスの一階にあるカフェで休憩。
たまたま入ったけど、おっきいソファがあって居心地良かったです。

この後どうしよう?pm1:00スギ

IMG_6377.jpg
天龍寺の蓮の花

IMG_6386.jpg
京福電車でのんびり移動
嵐山駅にあった、京友禅を用いた光ポール。(昼間は光ってない)

かく言うワタシも、写真をよく撮ります。
誰に見せるわけではなくても、いい感じに撮りたい、映えさせたい(写真映えよくしたい)
とういかあえて映えさせて撮る!(みんながやってる撮り方を真似して撮る)みたいな、、。
もはや写真を撮るのは遊びの一つのようなもの。

んで、晩ごはんどうする?pm5:00ごろ(えっ、もう食べるんかい)

IMG_6581.jpg
友達曰く、京都にはおばんざい屋さんが多くていいよね、と。
いろんな種類のおかずを少しづつ食べたいなってことで、(よくばり?)
おばんざい定食。

IMG_6394.jpg

IMG_6812.jpg

今日泊まるのは、ピースホテル京都。(ワタシも泊まった 笑)
6人部屋です。同室の人とあいさつしたりすんのかな、、とか思いきや
カーテンでプライベート空間が作れるし、同室の人ともあまり顔を合わせることがありません(ホッ)

IMG_6398.jpg
トイレ、洗面所、シャワー室、ホテルのフロントにあるリビングは共同です。
朝ごはんもシンプルなメニューですが、食べれます。
一泊3000円。安いけど快適なんです。

IMG_6407.jpg
(朝ごはんに用意されていた卵スープ。
この他に、ごはん、漬物、パン数種類、サラダ、キッシュがありました)

IMG_6403.jpg
チェックインしてからの~
タピ活
この時ほとんど初めてタピオカドリンクというものを飲みました!笑
京都タワーのあるビルの地下1階『タピオカベリーズ』
モチモチしていておいしい。ミルクティーとよく合います。
友達はカラフルなタピオカを注文してました。
これにて、ぶらり旅終了。

今では観光地は、人が多すぎてゆっくり見れなかったり、本来の目的を忘れがち。。
流行ものにも踊らされ、、でもそれなら楽しんだほうがきっといい!!
楽しい事、美味しいものへの探求心は尽きません。笑

ぶらり旅、次はどこへ行こうか?西か、東か、南か、北か、、??

IMG_6416.jpg
【2019/07/19 11:08】 | MARICO☆(栁澤真利子) | トラックバック(0) |
| ホーム | 次ページ
プロフィール

カナット

Author:カナット
京都の美容室
kanatt
*KAZUHIKO Kishida
*NAOYA Kishida
*SAYAKA Kitagawa
*MARICO☆ Yanagisawa

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード