カナット通信~kanatt blog~
京都のヘアサロン kanatt スタッフのブログ
ぶらり in kyoto パート2[MARICO]
FullSizeRender (48)

今回のぶらり旅は~、高校の時の友達とセンパイの3人で行ってきました。
数日前から、どこ行く?何食べたい??など入念な打ち合わせ・・
センパイは来ることが直前に決まり、行き先などはおまかせだったのですが、
旅好きな彼女は(ワタシ達の間でボヘミアンと呼ばれている)京都のゲストハウスに泊まりたい、
といって宿を予約。
ゲストハウスってどんな所か見てみたいな~・・なんて話してたら、
じゃあみんなで泊まる?!ということになり・・ワタシも一泊することになりました!!


一日目。
まず最初に向かったのは、着物レンタルのお店。
今日は着物deなのです!(ワタシは自分で支度しました)
店内に入ると、ずら~っと着物がたくさん。着たい柄を選んで、帯と草履、バックも借りれます。
ワタシはジッと座って待っていると、女の子のお客さんが次々入ってきます。
流行ってますね。

IMG_3978.jpg

FullSizeRender (49)
(支度を終えて、上手に自撮り棒を操る2人。ピンクの着物が先輩で、緑の着物が友達です)

IMG_4302.jpg
(前から見るとこんな感じ)


観光の前に、まずは腹ごしらえ。
京都 二条 とさか
旬の食材をたくさん使ったお料理の、三段重ねお弁当です。
おいしゅうございます。
着物を着ると背筋がピンと伸びるので、自然と所作も良くなる(気がする・・。)

FullSizeRender (50)

IMG_4136.jpg
(たのしそう (^O^))

それから向かったのは、やっぱり清水寺!
たくさんの人で賑わっていました。

IMG_4362.jpg

IMG_4241.jpg

今は改修工事?の為か木でできた足場に囲まれて、お寺の全貌は見にくくなっていたけど、
めったに見られない清水寺の姿が見れました。

IMG_4012.jpg

IMG_4088.jpg


そして次なる目的は、お茶しよ~♪
喫茶 ソワレ

IMG_4107 (1)

このお店のカラフルなゼリーの入ったソーダが有名(というか、雑誌やインスタグラムによく載っている)
らしいのですが、あいにくこの日は売り切れ・・・。店主さんにコーヒーゼリーも終わりですか~と尋ねると、
「そうなんですよ~なんかゼリーの店みたいになっちゃって・・」と、ぽつり。

そっか、そうですね。もしかしたら客層も変わってきてるのかもしれません。
店内は照明が暗めで、映画に出てきそうな喫茶店です。
ワタシ達はウインナーコーヒーをいただきました。

FullSizeRender (51)
(クリーム後のせタイプです)

それから着物を返しに行って、今日泊まる宿へ。

FullSizeRender (52)

IMG_4053.jpg

ピースホテル三条。

ゲストハウスではなく、ユースホステルです。(格安で泊まれる宿)
ワタシ達が泊まるのは4人の相部屋で、ワタシ達3人以外にも一人宿泊している方がいらっしゃいます。
トイレ、洗面所は共同で、お風呂はなく共同シャワールームがあります。
それから、キッチン兼リビングルームのようなスペースがあり、自由に使えます。
だいたいみんな、ここで寛いでます。


夜ごはんは、ホテル周辺をブラブラ歩き、最終的においしそうな写真に惹かれ 
キッチンゴンへ行きました。
丸太町にあったお店が、六角柳馬場に移転してました。

IMG_4068.jpg

こうして一日目は終了。。

二日目。
天気予報見て予想はしてたけど、朝から雨・・・。
このホテルは一泊3400円ですが、(部屋によって料金は異なります)
キッチンには朝ごはんが用意されていて、自由に食べられます。

IMG_4372 (1)

パン、ごはん、TEA REZZOT(お茶漬けの事らしい!)ゆで卵、ポテトサラダ、
お味噌汁はインスタントです。
いずれもセルフサービスで、使った食器は各自で洗って元の場所に戻します。

FullSizeRender (53)


ここにはいろんな国の人が宿泊してるので、なんだか京都に居るんじゃないみたい。
ホテルがたくさんできてるとは聞いていたけど、こんなに快適とは~♪♪
ボヘミアン先輩に誘ってもらったおかげで、ワタシも旅行気分を味わえました。
ありがとう!

IMG_4455.jpg


ホテルを後にし、下鴨神社へ。

IMG_4387.jpg


昨日は仏様、今日は神様のところで入念な祈り(よくばり?)

IMG_4395.jpg

河合神社にも行って、美人祈願!(これが今日の一番の目的)
欲望はつきません・・・。笑

IMG_4399.jpg
(この絵馬にお化粧してあげて、裏に名前とお願い事を書きます)

FullSizeRender (55)


やまない雨の中、「伏見稲荷行けなかったね~(当初は行く予定でした)また京都来なきゃ~」と、
終始ポジティブな2人。
この旅でガイド役のワタシは、行く先を事前に下調べし・・(方向オンチです)
でもわからなかったら、グーグルマップを見ながら・・・。
そんなワタシに、「道間違えてもだいじょぶだよ~だってあたしたち道知らないから、
間違えてても気付かないし~笑」と、友達が。

ほんとだね~笑、間違えて通った道でなにか出会いがあるかもしれないし?
それが旅のおもしろさかも。


この日のお昼は
出町 ろろろ
土鍋で炊いたご飯と、大原で採れた野菜中心の定食。
このお店もそうだし、今回行ったお店はほとんど友達がリサーチしてくれて、
おかげでワタシも行った事のない所にたくさん行けました。
ありがとね!

FullSizeRender (58)

こうして、楽しかった京都旅もあっという間に終わっちゃいました。
友達もセンパイも、すごく喜んでくれて「京都い~ねぇ~」と、しきりに言っていました。

二日間、3人で撮った写真を眺めながら(300枚ぐらいあった 笑)
ワタシも2人のおかげで、旅することに目覚めてしまいました!!
また、どこか遠くへ・・近くてもいいけど・・!行きたいです。 

IMG_4317.jpg
スポンサーサイト
【2017/03/23 12:54】 | MARICO☆(栁澤真利子) | トラックバック(0) |
Mt.冠着山[MARICO☆]
IMG_2961.jpg


ワタシの出身地である長野県千曲市では、りんごやぶどうを作っている地域が
多いです。ワタシの実家でもりんごを作っているので、
先日りんご採りの手伝いに行ってきました。

今回採るのは『ふじ』という品種で、蜜がたくさん入っているのが特徴です。
手伝いに来るのは、子供の頃以来かも?
畑には真っ赤なりんごがたくさん!!とりあえず、とれるだけとるぞっ。

IMG_3084.jpg

IMG_3071.jpg

高い所にあるのは脚立に登ってとります。
はじめは慣れなくて、脚立の上に手籠を置いてたらりんごを落としてしまったり(^_^;)
失敗もしたけど、だんだん慣れてきてペースアップ!
したところで、「お茶にするかぁ~」とお父さん。
わりとゆっくりペースでいいんだね。笑

IMG_3080.jpg

一息ついてまた再開。今日きた場所は少し高い所にあって、脚立に登るとワタシが住んでいる
町が見下ろせます。
この時期に帰省したことがなかったから知らなかったけど、周りの山々は紅葉していて
赤や黄色でいろとりどり。この時期にしては暖かい日で仕事がしやすかったです。

IMG_3058.jpg

今年は、天候が不順だったり、シカやイノシシなどの動物に食べられてしまったりで、
採れる量が少ないとか・・・。
色の付き方も、赤くなっているようでもひっくり返すとまだ色がついていなかったり
(こうゆう場合はまだ取れない)

IMG_3109.jpg

それでも、たくさん採れました!
日当は現物支給で 笑。

IMG_3091.jpg


それから、今回の帰省はもう一つ目的がありました。

IMG_1069 (1)

お母さんが春ごろに新聞(信濃毎日新聞)に投稿し、掲載されたものです。
夏に冠着山へ行ける機会がなかったので、今回登ることにしました!
メンバーは、母・父・姉・ワタシ。
登山口までは車で行くので、実際歩くのは1時間弱ぐらいの道のりですが。
この日の天気は・・・曇り。というか、濃い霧・・。

IMG_2954.jpg

IMG_2956.jpg

落ち葉を踏みしめ歩きます。
この日もそんなに寒くなく、霧のせいかしっとりした冷たい空気が気持ちいい。

IMG_2986.jpg

IMG_2988.jpg

冠着山は、小学校の遠足で行ったりする地元ではなじみの山です。
ワタシと姉はペースを落とさず歩けたけど、父と母に早いよ~と声を掛けられ
休憩しながら、もうちょっとだよ~!とワタシが声をかけながら、目指す山頂。
相変わらず霧は晴れない・・。

そうしてなんやかんや言いながら、無事到着!
展望はゼロです!笑

IMG_3001.jpg

記念撮影もそこそこに、風が強くなってきたので山頂にある神社の小さな小屋?の中で
休憩させてもらいました。

今回は、歩くことが目的の山登りになってしまったので、
また来なきゃな~とお父さん。
いつかリベンジに行こう!

お母さんは、家に帰ってまた新聞に投稿する文章を書き、その日のうちに
ポストに投函していました。掲載されるかな・・?

普段、室内で仕事をしているワタシにとって、外で体を動かすことはとても新鮮です。
一週間があっという間に過ぎて、もう月が替わっちゃう~ていう毎日だけど、
外での仕事は季節の移り変わりを肌で感じることができます。
もちろん天候には左右されるので、思うように仕事が進まなかったり、真夏は暑いし(長野でもやはり、日中は35度ぐらいになります)大変なことも多いんですけどね。


京都ではこういった休みの過ごし方はないので、充実した二日間になりました。
(仕事もしたけど)
地元に帰ると、忘れかけていた事を思い出させてくれる、、
そんな気がします。


それから・・・
お母さんの投稿した文章が掲載されました。
前回の投稿の結果を待ってくれていた方もいたみたいです。
ちょうどワタシがブログをアップする前に、掲載されたと連絡が来たので
載せてみました。。

IMG_3173.jpg


【2016/12/25 11:48】 | MARICO☆(栁澤真利子) | トラックバック(0) |
〇○の秋・・・?![MARICO]
IMG_2750.jpg

すっかり秋めいてきた今日この頃・・・。
スポーツの秋、読書の秋、芸術の秋。
京都では、10/13~10/16まで『京都国際映画祭』というイベントがやっています。
京都市役所前広場も会場のひとつで、期間中はこのオブジェがおいてあります。
この会場では、芸人さんのネタステージなんかもやっているみたいです。
くわしくはWebで・・。(笑)

IMG_2754 (1)

そしてやっぱり、秋といったら食欲の秋!!
というわけで、「おいしいお店」をいくつかご紹介しようと思います。 
マリコ的食べブログです。(←強引)

ちょっと前にカナットのみんなで『リトルラビット』へ行きました。
こちらのお店は祇園にあるビルの、2階にあります。
基本的にはバーなのですが、マスターが日替わりで作っている
「まかない」があります。この日はナポリタン。
マスターの作るパスタは、ホントにどこのお店よりもおいしいんですよ!
パスタ以外にも、カレーやおでんを煮込んでいる日もあります。

FullSizeRender (38)

マスターはいつもいろんな話をしてくれます。
最近は近場の山登りにもよく行っているそうなので、その話や
「美味しいお店」の話はたくさんしてくれます。
そのお店の、何の料理がおいしいのか、店員さんはどんな人なのか、
店内の雰囲気はどんな感じなのか・・・。細かく教えてくれました。

その中で、滋賀県の浜大津で行くべきこのお店!というのがありました。
ちょうさんの店 五目汁そば(中華料理)
アケミ (洋食屋さん)

マスターがオススメしてくれるなら間違いない!
というわけで、この前さっそく行ってみました。
目指すはちょうさんの店!場所は浜大津駅のロータリーをあたか飯店の見える方向に歩いて行って、
階段を下りるとあります。
五目汁そば楽しみだなぁ~と思いながら店内に入ると、「30分カ40分マッテモライマ~ス」
と店員さんが(@_@;)
マジで~めっちゃ麺を食べる口だったのに・・・。

麺はあきらめて「アケミ」に行くことに。
こちらのお店はながら商店街を通って脇道にそれた所にあります。

IMG_2510.jpg

一見スナックのような看板。中に入ると長ーいカウンターが。
メニューはとんかつ定食や生姜焼きなどの定食が中心ですが、一品ものもあります。
ワタシはオムライスを注文しました。それから、琵琶マスの塩焼きも食べました。
ケチャップが少しだけかかった、オーソドックスな見た目。
中のライスは、濃くないけどお肉の味がしっかりしていながらも、
ていねいな味付け。琵琶マスは、焼鮭のような感じでした。どちらもおいしかったです(*^_^*)
こちらのお店はワインやチーズもおいてあり種類も豊富で、夜はまた違った雰囲気なんだろうな
という感じでした。

IMG_2723.jpg
(料理の写真を撮っていなかったので、雑誌に載っていた写真を撮って載せました。すみません)

高いお金を払えば、いくらでも美味しいものは食べれるのかもしれません。
でもワタシはその場所(お店)の雰囲気や居心地の良さも重要だと思います。
だからといって、ものすごく丁寧に接客をしてほしいとも思いませんし・・
店主さんの口数は少なくても、お店を出るとき見送ってくれた笑顔がとっても素敵だったら
それだけで十分って思えるし。
おしゃれでスタイリッシュな場所が苦手なだけなのかもしれませんが。^^;
人気の美味しいお店には、”ワケ”がある。

食べることも好きですが、料理をするのも好きです。(こう見えて)
得意な料理は『味噌汁』(果たして料理といえるのか?笑)
この本を読んだときは、食堂のようなカフェ?をするのも楽しそうだなぁ~なんて思ったりしました。
カナット文庫に置いています。(ワタシの独断でこっそり置いた)

IMG_2733.jpg


それから・・・リトルラッビトに行った時、
かずひこさん、なおやさんから、勤続10年ということでプレゼントをいただきました!サプライズで!!
「ポイズンリムーバー」と「サコッシュ」。どちらもおもに山に行くとき持っていく物です。
ポイズンリムーバーは、蜂に刺された時の応急処置道具。
サコッシュは、いわゆるウエストポーチみたいな感じで、すぐに取り出したい行動食やスマートフォン、
地図などを入れるのに便利です。

FullSizeRender (40)

ありがとうございます!
これを持ってたくさん山行きます!
また10年、仕事頑張ります!!
まずは今日から、明日から。
カナットがたくさんの人たちに愛される場所であり続けるように。
また行きたい、会いたいな、とおもってもらえるような存在に
ワタシもなりたいな と思っています。

FullSizeRender (39)
【2016/10/12 14:53】 | MARICO☆(栁澤真利子) | トラックバック(0) |
Mt.大文字[MARICO]
FullSizeRender (26)

最近山へ行ってなかったので、久しぶりに行ってきました。
といっても、今回行ったのは近くの里山「大文字山」です。
(しかも目指すのは山頂ではなく、火床まで^_^;)

大文字山を登るルートはいくつかありますが、ワタシは銀閣寺のところから登ることにしました。
そんなに時間のかかる山じゃないんだけど、
リュックサックにおかしを詰め込んで。笑
この日は朝から天気がよく、日中は30℃まで気温が上がるとのこと!
暑くなりそう。。

IMG_0976.jpg

登り口までは自転車で。
銀閣寺周辺は観光客や修学旅行生でにぎわっていました。
おみやげ屋さんが立ち並んでいて、みたらし団子やら
ソフトクリームやらの誘惑が・・・(下山したら食べようかなぁ)

自転車をとめて、いざ出発!!
地図持ってきてないけど、今まで3回来てるし、絶対人通りもあるし迷うことはないだろう!
と思いながらも内心ドキドキ・・・
前の方にいるリュックを背負ったオジサンを見失わないように歩きました。笑

IMG_0985 (1)


IMG_0981.jpg

やはり日陰は涼しい~。
たまに写真を撮りながらマイペースに歩いてく♪

IMG_0974.jpg

IMG_0984.jpg

しばらく行くと、小学生の遠足の集団がたくさん!!
この日はいくつかの学校から遠足に来ていたようでした。
ワタシもその列に紛れながら歩き、おかげで道に迷わずにすみました。笑

ワタシも小学校の時、毎年春と秋に遠足がありました。
行き先はほとんどがどこかの山でした。
どんな所に行ったのかほとんど覚えてないけど、小6の時にいった冠着山の事はなんとなく覚えてる。

遠足の楽しみといえばやはり『お弁当を食べる事』
おやつは300円までなんてものはなく、その代わりに?くだものが3種類までと決まっていました。


そんなこんなで(話がそれましたが)小学生の子達に追いつき追い越されながら、
30分ぐらいで火床に到着~!
暑かった~!!

ここから見える景色がけっこうキレイで、ワタシの好きな場所でもあります。
(この日は天気が良すぎて少し空がかすんでますが・・・^_^;)

IMG_0998.jpg

IMG_1014.jpg

木の下で休憩&軽いお昼ごはん。
今日は一人だし、休憩時間たっぷりとってもいいんだ~♪
とか思ったけど、あんまり休むと帰り道がしんどくなりそうだったので、
食べ終わったら帰ることに。。

IMG_1009.jpg


行きはよいよい、帰りは~・・・
下りを歩くときはけっこう膝に負担がかかります。
転ばないように気をつけながら、一気に下山。
これまた後ろから来た小学生に追い越されながら、無事スタート地点に到着しました。

所要時間は休憩も含めて約1時間。
展望も良いのでオススメスポットです。

そして
無事アイスも買って、家路に着きました。

FullSizeRender (25)

今回は『遠足』っていうぐらいの山登りでしたけど、
気持ちのいい汗がかけました。


『冠着山』について・・・
長野県千曲市と東筑摩郡筑北村にまたがる山。
別名、姨捨山、更科山とも言われ、数多くの伝説が残っています。
中でも有名なのが「姨捨山伝説」
標高は1252m(大文字山は472m)
名所は「棚田」と「姨捨駅」周辺から眺める夜景。
夜景はとてもキレイですが、ワタシ的には昼間に見る景色のほうが好きです。

IMG_20141202_104756.jpg
(数年前の夏に、姨捨のサービスエリアで撮った写真。笑
後ろに写るのが冠着山です)


【2016/07/15 10:00】 | MARICO☆(栁澤真利子) | トラックバック(0) |
artist[MARICO]
先日、フラッと長野へ~・・・
今回の帰省の目的はコレ!!

IMG_0400.jpg

上田市立美術館、サントミューゼで開催中の
『越 ちひろ展 ~ワンダーワンダー~』

越ちひろ(以下、ちーちゃん)はワタシの高校先輩で、地元ではちょっと有名な「画家」なんです。
代表的なのが「壁画」。自分の何倍もある大きさの壁のキャンバスに、
彼女の世界が広がる。素晴らしい作品がたくさんあるんです。


サントミューゼに来るのも初めてだったんですが、来てみてびっくり!
こんな素敵な建物、素敵な空間が長野にあったとは。(←失礼)

IMG_0420.jpg

IMG_0421.jpg


この個展では、ちーちゃんの作品の展示と、公開制作というのがあって、
期間中に少しずつ出来上がっていく作品もあるんです。
実際にちーちゃんが描いてるところも見ることができます。

IMG_0405.jpg

IMG_0406.jpg


ワタシが行った日はまだこれくらい。
この先どんな風に変わっていくんだろう。。。
完成が楽しみです。

IMG_0413.jpg

こちらは、穴の開いてるところから顔を出して写真を撮れるパネル(*^_^*)

IMG_0412.jpg

それからこれは、参加型作品「peace tree」
好きな色の紙を結んだりつなげたりしてみんなで作っていく作品。
こちらもまだまだこれから形を変えていきます。



高校生の時、ちーちゃんとファミレスのガストでしゃべっていて
「マリコの夢って何~?」というような事を聞かれた。美容学校に通うことが決まっていたワタシは、
「美容師かな~・・?」と言ったんだけど、ちーちゃんはその時
「ワタシの絵を世界中の人にみてもらいたい。とくに子供たちに見てもらいたい。」
というようなことをいっていたのをよく覚えてる。(本人は忘れてるかもしれないけど)


確実に、その夢は叶えられていってるようにみえる。
それでも、まだ夢の途中かな ??
彼女はいつもキラキラ輝いて見える


この個展では、ちーちゃんの中に広がる世界観、ワンダーが見れると思います。
彼女の絵を見て、何かしらのパワーみたいな?上手く言えないけど
何かしらの「影響」を受けたくて見に行ってきました。

5月8日までやっています。
京都からは少し遠いけれど、是非行ってみてください☆★

IMG_0424.jpg



定期的に書いてるこのブログ(ワタシは何か月に1回だけど)実は文章を書くのに
難儀しているんです。なんかワタシが書く文章って薄っぺらいなみたいな。笑
そういえばウチのお母さんはよく、新聞に文章を投稿して掲載されていました。
どんな文章書いてたんだろう? ?見たくなって実家で探してみた。

FullSizeRender (22)


『私の声』というコラム?的なもの。新聞の切り抜きがごった返している部屋からでてきて、
3つのお母さんが書いた『私の声』を読んだ。
そのうちの一つに、ワタシが出てきている。6年生(当時)の二女が書く修学旅行の作文が
幼稚すぎるといった内容・・・。小学校の隣りのクラスでは、授業でこの記事の事を
とりあげたりしていた。(そのとき、お母さんが新聞に投稿してるなんて全然知らなかった)
確かにその頃は、作文とか読書感想文を書くのが嫌いでした。

今では、ブログいつも上手に書けてるじゃん~とお母さんは言ってくれたけど、
人に何かを伝えるのって、簡単じゃなかったりします。

これからはエッセイ本とか読んで文章の書き方勉強しよう、と思っていた矢先、一冊の本との出会いが・・。
『ガケ書房の頃』 山下賢二 

IMG_0549.jpg


ホホホ座という本屋さんを営んでいる山下さんが書いた本です。
子供の頃の話からガケ書房(ホホホ座になる前の本屋さん)を開くまでに至る話など、
笑いあり、涙ありの内容になっています。
ワタシはサインをしてもらいました。(ミーハー?笑)

FullSizeRender (23)


ちなみに・・・フェイスブックにも書きましたが、
カナットに置いてあった編みぐるみの『カナニャン』が
ホホホ座でも販売してもらえることになりました!!
諸事情により、少し値段は変わるのですがご了承ください・・・。

今年は、去年よりもたくさんアップしよう!と
なかなか書きあがらないブログを書きながら思うのでした。


IMG_0543_20160407183102cbc.jpg


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

↓↓良かったらkanattのFacebookページ&Instagramもご覧ください♪↓↓

カナット




Instagram
kanattInstagramもよろしく☆
【2016/03/31 20:06】 | MARICO☆(栁澤真利子) | トラックバック(0) |
| ホーム | 次ページ
プロフィール

カナット

Author:カナット
京都の美容室
kanatt
*KAZUHIKO Kishida
*NAOYA Kishida
*SAYAKA Kitagawa
*MARICO☆ Yanagisawa

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード