FC2ブログ
カナット通信~kanatt blog~
京都のヘアサロン kanatt スタッフのブログ
今年の大文字は“ひっそりと”[KAZUHIKO]
2EEE0043-.jpg

京都の4大イベントといえば、

葵祭(5月)
祇園祭(7月)
大文字の送り火(8月)
時代祭(10月)

が有名ですね。

中でも

『祇園祭』で本格的な夏の始まりを、

『大文字の送り火』で夏の終わりを感じる…

と京都の人は何となく体内にインプットされている方も多いのではないでしょうか?

それだけこの二つのイベントは『京都の夏』には欠かせない行事ですね。


今年はコロナの影響で4大イベントどころか、大小ほぼ全ての行事がことごとく中止もしくは大幅な縮小で、『季節』というものを実感しづらいです。。

節目なく淡々と日ばかりが過ぎていくようで、
時が経つのが異様に早く感じるのは僕だけでしょうか?

「いつの間にか8月やん!でもそんな感じしいひんやん!」って。。。。



ここから本題です。

今回は『カナットで一番山が似合わない男』カズヒコの山ブログです^^

この間の休みの日、
久しぶりに大文字山に登りました。

大文字山は幼稚園や小学校の行事でも登山が組み込まれるほど京都人にとってはすごく身近な山です。
実際、登るとまあまあの確率で山上でお昼の弁当を食べる子供達に囲まれます(笑)

子供達だけではなく近所の人達が散歩代わりに登ることも多く、先日来の緊急事態宣言が出された頃は、密になりやすいという理由で大文字山登山も控えるように…とのお達しも出たとか。

IMG_6408.jpg



「運動不足やし大文字でも登ろっか!」
となる人、結構いるかもです。

まあ、今回僕も半分はそんな感じでしたが。。
(あとの半分は更新が遅れていたブログのネタのためです^^;)

IMG_6420.jpg


今はコロナ禍で京都の観光地も人はまばら。

IMG_6418.jpg
(銀閣寺門前もひっそり)

その日も登山中や山上でもほとんど人に出会わないという、

IMG_6215.jpg

これまで何回も登っている中では初めての経験でした。

IMG_6217.jpg


とりあえずは『火床(ひどこ)』まで。

8F6DDD27-.jpg


ここは『大』字の交わる最重要の点火台です。




IMG_6224.jpg
(火床からの眺め)

IMG_6337.jpg
(拡大:河原町御池方面を望む)

IMG_6227.jpg
(大の字三画目はこんな感じ)

ご存知の方も多いと思いますが、今年の送り火は例年のように『文字』や『形』にはなりません。

『点』です。

例えば大文字ならこの中心部と頂点の6カ所。

その他の山も各1ヶ所か2ヶ所の『点』のみです。

IMG_6438.jpg


見物する人や点火に携わる保存会の人達の密を避けるための大幅な縮小。

「大文字観るために集まらないで!」
というメッセージですね。



五山送り火は、今年に限っては大々的は『イベント』というよりは

「密集せず、お盆に迎えた先祖の霊を静かに送る」

という本来の目的に沿った最小限なものになるようです。

送り火が中止もしくは大幅縮小になるのは
1943年から1945年までの戦時中までさかのぼり、
今回のケースは異例中の異例。

ちなみにお客様から教えていただいた情報で興味が湧いて調べてみたんですが、その1943年から1945年までの3年間は、送り火が中止された代わりに当日早朝、地元の小学生の児童達が白いシャツを着て大文字山に登り、人文字で『大』を描き、英霊にラジオ体操を奉納した。というエピソードもあるようです。
当時小学生だと現在は85歳から90歳前後になっておられますね。


中止以外の五山送り火の記録としては、

日清、日露戦争に勝った時も五山送り火をしたそうです。


また、僕の記憶では、2000年12月31日に

『20世紀を送り21世紀を迎える…』

という意味合いで五山送り火が行われました。

その時、大の字を観ながら率直に
『大文字はやっぱり夏でないと。。』
と感じたのを覚えています。

寒くて(笑)


あと、大文字関連の余談として2003年に阪神タイガースが優勝した晩にファンが大文字山に登り、各々の懐中電灯で阪神のHTマークを人文字で灯したとか。

この発想(笑)

大阪の人が道頓堀にダイブするように
「京都やったら大文字やろ!」

というぐらい親しまれている⁈
証拠でしょうか^ ^

六甲おろしを絶唱しながら
浮足立ってあの登山道を登っている阪神ファンの姿を思い浮かべるだけで
笑えます。



今年は本当に大変な年になりましたが、気持ちだけは前向きに、自分なりに季節を感じたいと思います。

長かった梅雨も明け、夏本番!

皆様もくれぐれもお元気で!

kanko_map.jpg


スポンサーサイト



【2020/08/01 15:00】 | KAZUHIKO(岸田カズヒコ) | トラックバック(0) |
ラグビー花園観戦記[KAZUHIKO]
IMG_3660.jpg

2020.1

大いに盛り上がった昨年のラグビーW杯。
以来、見ない日は無いというぐらい日本代表の選手達はテレビでも大活躍ですね。
みんな、それぞれの個性が魅力的です。
トップリーグも開幕してこちらも大盛況の様子。


僕自身ラグビー経験は皆無。
強いて言えばドラマ『スクール☆ウォーズ』を見ていた世代で、
それきっかけでちょっとしたブームがあり、
平尾選手や大八木選手が活躍してた頃に
興味があって見ていたぐらいのもの。

当時、80年代後半から90年代初めごろは
大学ラグビーの人気もとても高く、
明治の吉田、早稲田の堀越、今泉といった
その頃有名だった同年代の選手の名前は
よく覚えてますが、生観戦した事もなく、
ルールも熟知しているわけではありません。

そんな僕でも昨年のW杯をテレビで観て感動し、
ラグビーの良さや面白さを改めて知ったうちの
ひとりです。

にわかの中でも『再認識派』といったところでしょうか。

053C7857-.jpg


カナットのお客様でもラグビー経験者や
部活動を現役でされている方も何人かおられます。

今年のお正月休み、
全国高校ラグビー大会に出場されるお客さんもいるという事で
元日(3回戦)、3日(準々決勝)、5日(準決勝)の試合を応援を兼ねて家族で行ってきました。
(よく考えると1日おきに試合するってめっちゃハード!)

IMG_3687.jpg
(元日&5日はマリちゃんも応援に^^)


高校ラガーマンの聖地『花園ラグビー場』。
野球で言えば甲子園みたいなものですね。

IMG_3640 (1)


ここに出られるのはほんの一握り。
夢の舞台です。



IMG_3679.jpg
(東大阪はラグビーの町☆)

IMG_3677.jpg
(マンホールまで☆)



初めての生観戦。


スタンドの応援は、甲子園とちがいブラスバンドなどの鳴り物はなく、すべて部員の『地声』。
この野太い男くさい応援もまた新鮮で、
掛け声もラグビーならでは。


例を挙げると…

「鬼のっ!鬼のっ!鬼のスクラム!」
(鬼のタックルのバージョンもあり)

という掛け声は多くの学校が使っていて、
共通の応援パターンという感じ。

IMG_3675.jpg
(↑こんな場面で聞こえてきます)


他にも各校、替え歌の応援歌にもバラエティがあり、
特に印象に残ったのは…

『明日があるさ♪』の替え歌で

「♪お前たちにはオレらがいるー
 苦ーしい時 つらーい時は
 スタンド見てくれよー!♪」


ずっと一緒にキツイ練習に耐えてきたにも関わらず、メンバー入りを逃したスタンドにいる部員達に、こんな歌で応援されたら奮い立たないはずがありません。

ラグビーは怪我の多いスポーツ。
怪我で『最後の花園』のユニホームをもらえなかった選手もいる事でしょう。
特に三年生の想い。。
ここにもドラマがあります。
ちょっとウルッときました。。

試合に出ている選手もスタンドの部員も
みんなで戦っている…
これぞ『ワンチーム』ですね。

IMG_3628.jpg


ラグビーを観ていてよく思うのは、
「自分が決めた!」「オレが点を取った!」
という自己アピールを必要以上にしないというか、
W杯を観ていても「自分の手柄にしない」姿勢が印象的でしたね。

というのもラグビーという競技の特性なんでしょうが、
味方が玉砕的につぶされながらも、
「1メートルでも前へ!」と必死につないでくれた楕円のボール
最後の『トライ』は、言わば仲間の自己犠牲の延長線上にあるものだからでしょうか?

「仲間に託す」という概念がもともと色濃く現れるスポーツに感じます。

IMG_3676.jpg


当たり前ですが『託す』と言っても『人任せ』にするんじゃなく、
自分がやらなければいけない事を十二分にやっての話ですね。
(仕事でもスポーツでもここは大事です)


さすがに生で観ると、人と人がぶつかる音が
生々しく聞こえてきます。
190cmオーバー、100kgオーバーの大男が
もし自分に突進してきたら…
そんな相手にも果敢にタックルに行くラガーマンを尊敬します。

僕なら。。(笑)

ラグビーの魅力のひとつに
大きい人、細い人、小さい人、それぞれに
適材適所で活躍出来るポジションがあるのも魅力ですね。
でも、全てのポジションに共通して言えることは、
『ガッツがあること』では無いでしょうか。

IMG_3681.jpg
(S君ナイストライ!:毎日新聞より)

IMG_3680.jpg
(T君ナイスタックル!:京都新聞より)



今回、応援していた2校のうちの1校
滋賀県代表の光泉高校は
1回戦、2回戦を勝ち抜き同校初のベスト16の快挙!

花園での『正月越え』というのが
高校ラガーマンの夢だそうですが
見事に達成してくれました!

IMG_3434.jpg


IMG_3674.jpg


一方、京都府代表の京都成章高校は
準々決勝で終了間近に惜しくも逆転されベスト8!

優勝候補だっただけに悔しい敗戦だったでしょうが、
高校ラグビー史に残るといわれるほどの
めちゃくちゃいい試合でした。
(その日の観客は花園ラグビー場新記録の超満員!)

IMG_3673.jpg

IMG_3537.jpg
(席もびっしり!)

優勝した神奈川の桐蔭学園
おめでとうございます!
準優勝、奈良の御所実業も強かった!


2020年はラグビー観戦でスタートしましたが、
来年も是非来たい!と思いました。

ラグビーに限らず、
何かを一生懸命頑張っている人達を
今年も一生懸命応援します!

IMG_3659.jpg
(熱戦終わってノーサイド☆カナニャンはやっぱり笑わない?)
【2020/01/20 14:44】 | KAZUHIKO(岸田カズヒコ) | トラックバック(0) |
瀬戸内の島旅〜海とアートとおいしいもの〜[KAZUHIKO]
タイトル1

2019.9
お題そのままいただきました^_^;

瀬戸内海の島々とその周辺を舞台に、
三年に一度『瀬戸内国際芸術祭』というのが
開催されていて、
ちょうど今年がそれに当てはまるのもあり
この夏 行って来ました。
久しぶりの家族旅行です。


瀬戸芸パンフ

もうちょっと詳しく説明するとこの芸術祭、
【春・4/26→5/26】
【夏・7/19→8/25】
【秋・9/28→11/4】
と3つの会期に分けて行われ、
『夏の部』に行った事になります。

芸術祭と言っても一カ所の美術館などで行われる
のではなく、国内外の様々なアーチストの作品が
各地に点在していたり、民家や壁にアートが
施してあったり、
ジャンルにとらわれない作品に
あちらこちらで出会えます。

何年も常設展示されているものもあるので、
そういう作品は既に各島のシンボル的なスポットに
なっていたりもします。

今回は香川県の高松を拠点に、
『女木島(めぎじま)』、『男木島(おぎじま)』、
日を変えて『直島』を巡る計画です。

瀬戸内マップ
(瀬戸内国際芸術祭MAPより)

高松ー塔
(高松港にあるオブジェ)

先ずは高松港から『めおん号』という
とっても“ゆるかわいい”フェリーに乗って
『女木島』へ。
(めおん号は女木島男木島航路専用の小型フェリーです)

めおん1

女木島は高松港から約20分とわりと近く、
島から高松市街もよく見えます。

上陸してみるとやっぱり離島。
対岸の近代的な高松の建物群とは対照的に、
時間が止まったような昔ながらの家並みが
たたずんでいました。

何十年前かにタイムスリップしたような
どこか懐かしい風景…


女木島で出会った主な作品…

女木ーカモメ
【カモメの駐車場】

女木ーモアイ
【モアイ像】めおん号とのツーショト



めこん

女木ー女根4
【女根(めこん)】



o-te.jpg
【オーテ】
アート作品ではないですが
家を波風から守る目的で組まれている石垣。
自然と共存する人間の知恵ですね。


女木島で食べたおいしいもの…
『龍潜荘』のそうめん
女木ーそうめん2
女木ーそうめん1

たまたま見つけて入ったお店ですが
すごく美味しかったです。
ロケーションもお店の人もとても感じが良くて、
ほっこり出来ました。


更に めおん号で20分ほど先にある『男木島』へ。

女木島とは打って変わって、
こんもりとした小さな島の斜面に
民家がぎゅっと詰まり、
人が1人通れるぐらいの路地が
迷路のように張り巡らされた街並みが個性的です。

男木―路地1
男木ー路地2
男木ー路地3

坂道と階段と路地の島。

ノスタルジックな雰囲気あふれ、
とても印象的でした。


男木島で出会った主な作品

男木ー歩く方舟
【歩く方舟】


男木ー壁
【壁アート】民家の壁にアートペイント


男木ー男木魂
【男木島魂】男木港のフェリーターミナル。
これもアート!


めおん3
港にたたずむ めおん号。


男木島で食べたおいしいもの…

『ダモンテ商会』のフレンチトースト
男木ーダモンテ2
男木ーダモンテ1
古民家を改装したオシャレなカフェ。

男木ーダモンテ3
(窓から見えた めおん号 も、けなげでかわいい。。)


男木ー景色
そして男木島を後にしました。

ありがとうめおん号!
さよなら めおん号!


次の日『直島』へ。

直島ーフェリー


ちょっとびっくりしたのが各民家や
お店の玄関先にかかっている
のれんのデザインがそれぞれ違って
どれもこれもオシャレ。

直島ーのれん
(他に写真がないのが…後悔)

直島は『アートの島』と言われるぐらい、
島をあげて芸術祭を盛り上げている感じです。

他にも建築家安藤忠雄氏の美術館なんかもあります。




直島で出会った作品

直島―赤かぼちゃ
【赤かぼちゃ(草間彌生)】



直島ー銭湯
【直島銭湯・I ♡湯(アイラブユー)】
もちろん入れます



直島ー駐輪
【直島港ターミナル】中は駐輪場


直島ー青
【BUNRAKU PUPPET】


直島で食べたおいしいもの

『直島バーガー』
直島ーバーガー2
香川の県魚であるハマチのフライをサンドした
ご当地バーガー。

直島ーバーガー1
南国風のゆる〜い店でした。




ついでに…
香川に来たならせっかくだからと
ちょっと足をのばして
琴平の『金毘羅宮(こんぴらさん)』へ。
こんぴら1


本殿は予想外に山の上にあり、
ひたすら石段、石段、また石段…
こんぴら2

やっとの思いで登りきり参拝。

こんぴら3

上からの眺めは格別です。

金毘羅さんで食べたおいしいもの

『てんてこ舞』さぬきうどん
こんぴら4
うどん県に来たなら食べとかないと!(^_^)v



今夏はタイトルどおり
『海とアートとおいしいもの』の旅でした。

それでも実際観れたのは展示されている作品の
ほんの一部で、行けていない島や会場も
たくさんあります。


作品を楽しむのはもちろんですが
知識のない僕にはむしろ、
瀬戸内の島々に脈々と続く、
人の営みの証しを少し知れた旅でもありました。

常に移動手段がある陸続きの土地で生まれ育っ
た者には普段なかなか感じ得ない、
離島ならではの時間感覚や空気感も含めて。

芸術祭が行われるようになり
外部から観光客がどっと押しかけるようなっても、
島民や地域の人が一緒に祭典に
関わっていていたりして、
当初思っていた

「なんで国際芸術祭が瀬戸内の島で?」

という疑問が少し溶けたように思います。

島ごとにそれぞれ違う個性と魅力がある
瀬戸内の島だからこそであり、

そういうバックグラウンドも含めて
作品がより魅力的なものになっているのでは
ないでしょうか?


何度でも巡りたい 素敵な場所でした。

IMG_2582.jpg
めおん号愛ゆえに 夏休みの絵日記風に描いてみました^^
【2019/09/24 21:20】 | KAZUHIKO(岸田カズヒコ) | トラックバック(0) |
お茶とアジサイと私 [KAZUHIKO]
IMG_0894.jpg

2019.6.4
緑茶の味が恋しくなり宇治に行ってきました。
久しぶりのお出かけです。

何年か前に宇治茶の産地である
京都南部の和束町を訪れた際、

『ちゃんと入れたお茶は美味しい』
という事を知ってからは時々そんな衝動にかられます。

IMG_0716_201906042210541f5.jpg
(↑これは以前和束町の茶畑に行った時の写真です)

『お茶』というのは元々は一種類の木で、
育て方や製法によって色んな種類のお茶になるという事をその時初めて知って、
茶文化って奥が深いなぁと感銘を受けたのを覚えてます。

かといってそこまでディープなマニアでもなく、
特別くわしいわけでもありません。

時々美味しいお茶が飲みたくなったり、
『抹茶味のなんとか』
を食べたくなったりする程度のもんです。。



京都でお茶と言えば宇治。

ちょうど今は梅雨入り前の6月初旬、
アジサイの季節でもあります。

宇治には通称『あじさい寺』と呼ばれる
アジサイの名所、三室戸寺もあるので
ちょっとそちらも寄ってみました。

IMG_0817.jpg

IMG_0892.jpg

IMG_0891.jpg

IMG_0821.jpg


去年の今頃にも行ったんですが、
今年は少し開花が遅れてるようで
見頃は6月中旬以降でしょうか。


IMG_0895.jpg

この石段の上に本堂とかがあるんですが
ちょっとキツそうなんで
今回はここより上に上がるのはやめときました。。


アジサイは日本原産の『ガクアジサイ』というのが大元らしく、
私達がよく目にするこんもり丸いアジサイは
それを西洋で品種改良され、
逆輸入されたものらしいです。

IMG_0847_201906042207285fd.jpg

青や紫やピンクの花は別の種類のものというわけではなく、
その木が生えている場所の土が酸性なら青、
アルカリ性ならピンクになるそうで、
咲き始めは青いけどだんだんピンクになったりする事もあるとか。

これも数年前に知りました。

『種類が違うと思ってたけ実は同じものだった』

何だか自分の中ではお茶に共通するものがあります。



そして今日一番の目的、
『抹茶味のなんとか』を求めて…

入ったのは宇治茶の老舗・伊藤久右衛門本店。

IMG_0882.jpg

そこで見つけたのが季節限定メニュー
『あじさいパフェ』。


IMG_0893.jpg

『お茶とアジサイと私♪』

今回のブログのタイトルそのものではないですか!
(昔流行った曲ではないですが。。)

朝から抹茶パフェの口になってたのもあって
迷わず一択です。
(抹茶付きで)

見た目だけではなくとても美味しかったです。


これで目的完了!

お昼前には帰路につきました。



最後に。。
4月後半から入院治療のため
数週間のお休みをいただきましたが、
おかげ様でその後の回復も順調で、
以前に近い日常を取り戻しつつあります。

休み中は本当にたくさんの人に助けていただき、
周りの支えがあってこそ成り立っているんだということも改めて認識しました。

元気に仕事が出来ることや、
今日みたいなちょっとしたお出かけなど、
今まで当たり前と思ってたことが出来る幸せを感じています。

これからも出来るだけ長く、
少しでも皆さんのお役に立てるよう頑張りますのでどうかよろしくお願いします!

IMG_0897.jpg
(カナットのアジサイは現在満開です^^)
【2019/06/30 21:49】 | KAZUHIKO(岸田カズヒコ) | トラックバック(0) |
“スポーツの”平成![KAZUHIKO]
IMG_9430.jpg

2019.2

平成も残すところあとわずか。

ひとくちに30年と言っても、
本当にいろんなことがありましたよね。

最近、平成を振り返る番組もよく見かけますが、今回は『スポーツ』にスポットを当ててみます。
(わりとスポーツ見るの好きなんで…)

もちろん『平成スポーツ史』など一つのブログで書き尽くせませんので、あくまで僕個人が勝手に選んだ『特に感動したシーンベスト5』を中心に書いてみます。

ランキングの前に…

それ以外に平成スポーツで印象に残っているものとして

★羽生結弦選手の五輪連覇

朝日新聞デジタル羽生
(写真:朝日新聞)

(中学生の時?サラエボ五輪・アイスダンス金メダルペアの演技で感動して以来隠れフィギュアファンなんです…)

saraebo.jpg



★なでしこジャパン女子ワールドカップ優勝

なでしこロイター
(写真:ロイター)



★競泳の岩崎恭子選手、北島康介選手の金メダルは本人の名言も有名。

岩崎ナンバー

北島朝日新聞
(写真:朝日新聞)



★アテネ五輪・体操男子団体
「伸身の新月面が描く放物線は、栄光への架け橋だ!」
の名実況はゆずの曲とセットで何度でも見たいシーンですね。

アテネたいそうロイター
(写真:ロイター)

点を取り合う競技やタイムを競う競技、採点型の競技と、スポーツにも色々ありますが、

水泳のあの、永遠にも感じる白熱したラスト10メートル、


体操の(特に鉄棒)最後の着地が 「トン!」と決まった瞬間など

興奮して声を出さずにはいれません。




余談ですが、スポーツで平成いち 凹んだのは
圧倒的に『ドーハの悲劇』。

ドーハ

試合終了後しばらく呆然として声を発する事も出来ず、動けない感覚。


未だにコレを超えるものはありません。





では『平成スポーツ勝手に感動ランキングベスト5』を。。

先ずは…

5位
『オグリキャップ奇跡のラストラン』
有馬記念復活V

日刊ゲンダイ
(写真:日刊ゲンダイ)

日刊スポーツ2

いきなり『人』ではありませんが(笑)
地方競馬出身、決して良血ではないけれど、中央のエリート馬を打ち負かし続けた芦毛の怪物も歳を重ねて惨敗が続き、「オグリはもう終わった」と言われた中での引退レース。
馬もこれが最後と分かってたんでしょうか。
(この時の鞍上は若き日の武豊騎手)




4位
ジョホール・バルの歓喜
『野人岡野の延長Vゴール』

ジョホールバル朝日新聞
(写真:朝日新聞)

今ほどワールドカップが当たり前じゃなかった時代、決定的チャンスを何度も何度も外しながら…
やっとの事で重い扉をこじ開けてくれました。

日本中が歓喜に包まれた瞬間ですね。




【ベスト3の前に番外編】
スラムダンク
『湘北vs山王工業』

この試合は正に芸術的な描き方(マンガですが)


安西先生の名言


「あきらめたらそこで試合終了ですよ…?」


はあまりにも深くて…






それはひとまずおいといて



3位
長野五輪スキージャンプ団体
『原田の大ジャンプ』

朝日新聞デジタル
(写真:朝日新聞)

「今度は高い、高くて、高くて高くて、、いったー!」

この実況は何十回聞いたか分かりません。

「ふなきぃ〜」の声に込められた、1回目の失速はもとより
前回大会の大失敗、からの伏線込みの感動です。




2位
『浅田真央ソチのフリー』

浅田真央



これは説明不要でしょう。
実質僕の中では同率1位です。

演技が終わった瞬間、涙が止まらない自分がいました。

スポーツを見て1番泣いた瞬間かも知れません。




そして

1位は…

第2回WBC決勝
『イチローのセンター前ヒット』

イチロー・number
(写真:Number)

ichiro.jpg


言わずと知れた日本が世界に誇る天才バッターも大会が始まるとまさかの絶不調。

韓国との決勝、最後の最後に勝ちを決めてくれたあの「センター前」。
打ったあと塁上でクールさを装ってたのは
「ベンチを見ると泣いてしまいそうだったから」
だとか。



とまあ挙げてみましたが、
ひとつ共通点として気づいた事があります。

ベスト5に選んだものは全て

「アァ…もうダメか…」

とまわりやファンが半ばあきらめかけたところで見せた選手の意地というか、執念というか。

“アスリートが極限状態で自分に打ち勝った瞬間”
全部それに当てはまります。
(一頭 馬もいますが)


あきらめないところにスポーツの神様は降りてくる。。

さっきの安西先生の名言そのものなんですよね。







諦めたらそこで試合終了ですよ






「スター選手が危なげなく勝つ」

それもスポーツの醍醐味ではあるけど、それよりもむしろ、スランプや、挫折、ドン底をから這い上がって掴んだギリギリの勝利や演技は、その感動の振り幅も大きく、人の琴線にふれるんではないでしょうか?



平成から新時代へ。

来年はいよいよ東京オリンピックも控えています。

tokyo2020.jpg


新しいスポーツも増え、新しいヒーローの出現も楽しみですがスポーツにおける『感動』の質はこれからもずっと変わらないかも知れませんね。

楽しみで仕方ありません。




【2019/02/18 16:34】 | KAZUHIKO(岸田カズヒコ) | トラックバック(0) |
| ホーム | 次ページ
プロフィール

カナット

Author:カナット
京都の美容室
kanatt
*KAZUHIKO Kishida
*NAOYA Kishida
*SAYAKA Kitagawa
*MARICO☆ Yanagisawa

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード