fc2ブログ
カナット通信~kanatt blog~
京都のヘアサロン kanatt スタッフのブログ
【冬の琵琶湖 西から見るか東から見るか】  NAOYA
IMG_1969.jpg


暖冬と言われるこの冬。
とはいえ、
寒いのが大の苦手の僕には辛い季節…(>_<)

そんな中『冬だからこそ』の景色を楽しもうと
1月上旬、滋賀方面へ二度にわたって出掛け、
琵琶湖を西側・東側から眺めてきました。

今回訪れた先は
西側…びわ湖バレイ(雪山トレッキング編)
IMG_2633.jpg

東側…守山なぎさ公園(早咲きの菜の花畑編)
IMG_2548.jpg


冬の琵琶湖、冬の湖国の風景をお届けします。

『雪山トレッキング編』 
※道中にライトダウンを落とすという失態💦

JR志賀駅⇔びわ湖バレイ
5:30 JR西大路駅
IMG_1704.jpg

5:50 JR京都駅3番線 (湖西線のりば)
IMG_1710.jpg

6:25 車窓から(東の空が徐々に明け始め、日の出は何とか見れそう…)
IMG_2516.jpg

6:28 JR志賀駅着 (曇り空というより、厳密に言えば雲海の下です)
IMG_1715.jpg

6:30 駅から最寄りの浜へ (日の出前のマジックアワー)
IMG_1719.jpg

押し寄せる波の音と
IMG_2630.jpg

水鳥のさえずりをBGMに日の出を待ちます
IMG_1722_20240124155421b71.jpg

7:10 日の出
IMG_1767_20240124155421b4c.jpg

水面に伸びる一筋の陽光が印象的
IMG_1801_20240124155421a16.jpg

一日の始まりを体に感じスタート!

目指す場所を雲の切れ間からチラッと
IMG_1819 (1)

7:50 杉木立を抜けて
IMG_1824 (1)

8:00 ここはまだ雲海の下
IMG_1827.jpg

8:45 雲海エリアに突入
IMG_1835_2024012416012803c.jpg

8:50 びわ湖バレイライブカメラからの画像 (雲海が広がってますね)
IMG_1831.jpg

9:00 雲海エリア抜けました
IMG_1848.jpg

9:15 薄っすら雪
IMG_1855.jpg

9:30 気持ちいい登山道
IMG_1859.jpg

この日は ノー トレース
IMG_1862.jpg

9:35 ビューポイント『クロトノハゲ』と呼ばれる場所
IMG_1877.jpg

湖北方面が見渡せます。 快晴‼
IMG_1874.jpg

9:45 『びわ湖テラス』が見えるとあと少し!
IMG_1907.jpg

辺りには🐇野兎の足跡が
IMG_1918.jpg

あちらこちらに🐾
IMG_1916_202401241602566b1.jpg

ノー トレースの道に
IMG_1920.jpg

振り返ると自分の足跡👣
IMG_1921.jpg

寒さに耐えながらの芽吹く植物
IMG_1925.jpg

ローアングルからアートな世界
IMG_1933.jpg

10:00 キタダカ道で、僕が大好きなビューポイント
IMG_1969.jpg

雲海越しに広がる琵琶湖

10:10 びわ湖バレイのゲレンデが見え
IMG_1983.jpg

ゲレンデ到着
IMG_1987.jpg

到着後 小休止しようとした時
さっきまでザックの※雨蓋に挟んでたライトダウンが無い‼

※雨蓋とはザックの蓋になる部分
IMG_2544.jpg

この時 落としたことに気付く…(-_-;)

『あのマーモットのライトダウン、失くしたら痛いなあ…(>_<)』

帰りの選択肢としてロープウェイもありましたが
落としたライトダウンを回収すべく帰りも歩き決定‼

この日は時間の関係で山頂を目指さず
IMG_2003.jpg

ゲレンデ辺りで帰ることに。
IMG_2004.jpg

ご覧のように、今シーズンは雪不足のためゲレンデは閉鎖中。
IMG_1988.jpg



地面見えてますね…
(この日はゲレンデでは神主さんによる『雪乞い』のご祈禱が行われていました)
雪不足はスキー場にとって死活問題です。

11:00ゲレンデを後に、ロープウェイの下を通って
IMG_2632.jpg

一気に下ります。

すれ違った登山者に『道中、緑色のライトダウン見ませんでした?』と尋ねると
『クロトノハゲ辺りに落ちてたから、木に掛けといたよ!』と。
ありがたいですm(__)m

11:25 木に掛かったライトダウン発見!
IMG_2547.jpg

ライトダウンを無事回収‼
IMG_2029.jpg

(落としたのが登りで良かった…)
(もし、下りで落としてたら回収は諦めてた可能性大…)

発見場所がビューポイントのクロトノハゲ。
折角なんで再度展望を楽しんで…

11:45 再び雲海の中へ
木々に差し込む陽光が印象的
IMG_2054.jpg

12:00 シンボルツリーの天狗杉
IMG_2064.jpg

13:10 舗装道まで戻って
IMG_2071.jpg

13:20 登ってきた『びわ湖バレイ』を振り返り
IMG_2077.jpg

JR志賀駅から帰路へ…
IMG_2081.jpg

この日は、積雪がくるぶしほど。
アイゼン無しで登れた雪山トレッキングでした(^-^)


『早咲きの菜の花畑編』
京都からバイクで1時間ちょっと。
IMG_2139.jpg

守山なぎさ公園へ🏍

守山なぎさ公園には、第一と第二があり
この季節、第一なぎさ公園に咲き誇る早咲きの菜の花が有名で
冠雪の比良山系と菜の花のコントラストが一足早い春の訪れを告げます。
IMG_2181.jpg

ビタミンカラーの菜の花畑に春の訪れを感じます
IMG_2225.jpg

第一なぎさ公園とは
カンザキハナナ(寒咲花菜)という早咲きの菜の花が
面積約4000㎡に約12000本咲き 1月下旬~2月上旬が見頃。
夏にはスマイルキッズという小さめのヒマワリが約12000本咲き誇る。
IMG_2312.jpg

第二なぎさ公園とは
ビワイチのスタート地点として、多くの自転車愛好家から親しまれる。
「琵琶湖サイクリストの聖地碑」や
IMG_2205.jpg

「BIWAKOモニュメント」があり写真スポットとして有名。
IMG_2216.jpg

浜辺から眺める対岸の比良山系
IMG_2196.jpg

冠雪の比良山系と菜の花の景色が見れるのはこの時期限定。
なおかつ、青空をバックに稜線がくっきり見える景色は稀。
『時期的にちょっと早いかなー?』と思いつつ、ダメもとで訪れました。

この日は、びわ湖バレイ付近に雲が掛かって稜線が見えず残念でした…。

何度も言いますが、僕は寒いのが大の苦手。
今では『こうなったら寒さを楽しもう』と考えるようになりました(^-^)

日々の生活の中にも
「季節の移ろうを愛でる心」は大切にしたいと思う今日この頃です(^-^)
スポンサーサイト



【2024/01/31 16:00】 | 美容室 | トラックバック(0) |
【くせ毛にまつわるお話しPertⅡ】    NAOYA

IMG_1227.jpg


【くせ毛にまつわるお話し】 partⅡ

〔項目〕
・ストレートパーマと縮毛矯正の違い
・毛髪の構造
・毛髪の結合とは?
・パーマ(縮毛矯正)の工程
・ストレートパーマの歴史

以前、カナットのブログでくせ毛にまつわるお話しをしました。

繰り返しとなりますが
ストレートパーマと縮毛矯正の違いは…?

<ストレートパーマ>
・パーマとり
・くせ毛を伸ばす力が弱い
・ストレートアイロンは使わない

<縮毛矯正>
・くせ毛を矯正する
・ストレートアイロンによる熱処理の工程がある

ざっくり言うとこんな感じです。

今回は、もう少し掘り下げます。
※なるべく解かりやすく…

<毛髪の構造>
先ずは毛髪の構造を簡単に説明します。
(拡大した図)
IMG_1180.jpg

毛髪は、キューティクル・コルテックス・メデュラの3層構造

・キューティクル
半透明のうろこ状のもの(筍の皮のような形状)が
4~10枚重なり髪の内部を保護。
キューティクルの枚数は欧米人の方が多いとされる
日本人:厚くて少なめ ・ 欧米人:薄くて多め

・コルテックス
髪の85~90%を占める。
この部分のタンパク質・脂質の構造や水分量が
髪の柔軟性や太さに影響します。
また、メラニン色素は主にこの部分に含まれ、種類と量で髪色が決まる。

・メデュラ
髪の中心にあるメデュラは柔らかいタンパク質。
働きはよくわかっておらず、膨潤や収縮する際の緩衝スペースや
断熱効果があると考えられます。

毛髪の構造を[カッパ巻き]に例えるなら
IMG_0414.png

海苔・・・キューティクル
ご飯・・・コルテックス
キュウリ・・・メデュラ
のイメージ

<毛髪の結合とは>
毛髪の主成分はケラチンと呼ばれるタンパク質。
ケラチンは18種類のアミノ酸が集まってできており、
4つのアミノ酸同士の『結合』によって繋がれています。

①ペプチド結合
②シスチン結合
③イオン結合
④水素結合

①ペプチド結合
IMG_0408.png

アミノ酸とアミノ酸を繋いでいるのがペプチド結合。
アミノ酸同士がペプチド結合で連なり
長い鎖状になっているのが[ポリペプチド鎖]

※トリートメントに記載される[ppt配合]とは
ポリペプチドの意味です。

このポリペプチド鎖とポリペプチド鎖を繋いでいるのは
シスチン結合・イオン結合・水素結合です。

ペプチド結合は、一度切断されると二度と戻りません。
切断されること枝毛などの状態になります。
切断に至る原因はカラーやパーマなどの繰り返しによるハイダメージ。

②シスチン結合
IMG_1177.jpg

シスチンとは毛髪を構成しているアミノ酸の一種。
このシスチンは毛髪の弾力性や強度といった性質を与えています。
パーマや縮毛矯正で使う1剤に含まれる還元剤でこの結合を切断。
2剤に含まれる酸化剤で再結合します。
(S・S結合とも表記します)

②イオン結合
IMG_1181.jpg

IMG_1183.jpg

ポリペプチド鎖を電気的(イオン的)に繋いでいる結合。
ph4.5~5.5が最も結合力が強く
phが大きく傾くことで切断される。

イオン結合はシスチン結合同様、パーマ・縮毛矯正で活躍します。
パーマ剤に含まれるアルカリ剤でphをアルカリにもって行き切断。
酸化剤でphを戻すことで再結合させる。

③水素結合
IMG_1178.png

水で簡単に切断され、乾燥(水分を取り除く)ことで再結合します。
(ブローの原理)
水素結合は、ブローやアイロン、コテ、寝ぐせなど
生活しているうえで最も関わってくる結合です。

ここまで、何となく伝わりましたか?

以上を踏まえて
パーマの原理へと進めます。
<パーマ> <ストレートパーマ> <縮毛矯正>
パーマの工程に共通して必要なのが[還元剤]

<縮毛矯正の工程>
IMG_0438.png

①1剤の<還元剤>の働きでシスチン結合を切断

・洗い流し・乾燥

②縮毛矯正で必要なアイロン操作
IMG_5748.jpg


・160度から180度のアイロンでプレス&スルー

③2剤の<酸化剤>の働きで切れた結合を再結合

・ストレートヘアを定着

縮毛矯正について何となくイメージ出来ましたか??

《ストレートパーマの歴史》
ストレートパーマと聞いて、
ある一定の年齢以上の方が思い浮かべるのは
多分このスタイルじゃないでしょうか?

ストレートパーマの歴史をたどると…

1970年代
当時の厚生省に認可されていない縮毛矯正剤が一部出回り始める。
外資系メーカーが「ストレーナー」という名称の商品が発売され、
一部の美容室でメニュー化されるが満足を与えるレベルではなかった。

1980年代前半
IMG_1179.jpg

1982年頃を境にストレートパーマが登場し一気にブームとなる。
ストレートパーマ用パネル(カラフルな樹脂パネル)に毛髪を貼り付ける工程。
「ロンドンブリッジ」という製品が一世を風靡した。

1980年代後半
薬剤とアイロンを併用するテクニックが誕生。

1990年代前半
1993年 縮毛矯正は本格的に「伸ばす時代」へ突入
その反面、髪のダメージが一気に増加

1998年 薬事法の改正に伴い180℃までの高温アイロンの使用が可能となる。

2002年
自然な仕上がりを求めるニーズにこたえ曲面状のストレートアイロンが出現

2010年後半
[酸性ストレートパーマ剤] の登場により
酸性領域で施術するため髪への負担軽減。
艶感と自然な仕上がりの実現が可能となる。

ストレートパーマが普及し始めて約40年が経過。
薬剤や施術方法も徐々に進化し今に至ります…。

今回は、少し専門的な内容だったかも知れません…。
何となく伝わったでしょうか?

くせ毛に限らず髪にまつわるお悩みは人それぞれだと思います。
その解決策として我々美容師が皆様のお力になれれば幸いです(^-^)
【2023/12/09 13:24】 | 美容室 | トラックバック(0) |
【信州 夏の一人旅】 松本・安曇野・燕岳テント泊        NAOYA
IMG_8216.jpg

この夏、信州(松本・安曇野)へ行ってきました。
旅の一番の目的は燕岳(2763m)でテント泊。

観光も兼ねた『ぼっち旅』

前回の一人旅は20数年前の夏。
『青春18きっぷ』で、在来線を乗り継いで訪れた白馬八方。
あの時は、馬籠宿を経由して、八方池や白馬ジャンプ台へ。

もっと遡れば、高3の夏休みの一ヶ月間
八ヶ岳山麓(長野県川上村)のレタス農家に一人で住み込みバイトも経験しました(^_^;)

どういう訳か、夏になると信州に訪れたくなるんです(^-^)

ここ数年、夏には信州への山旅を計画するものの行けずじまい…。
燕岳は8年前の夏、当時小1だった息子と2人で小屋泊で訪れて以来3回目。

夏山登山をお考えの方は参考程度に(^-^)

では早速、時系列を追って…

8/20(日)
23:05
今回も京都駅八条口発・松本行き高速バスで

8/21(月)
5:30
松本到着前(南アルプス北端・諏訪湖辺り) バスの車窓から眺める日の出
IMG_8903_20231004120633770.jpg

6:00
松本バスターミナル着
IMG_7763.jpg

朝の松本駅は人影もまばら…
IMG_7767.jpg

城下町の松本は、カラフルなマンホールが印象的でした
IMG_7774.jpg

国宝松本城を見学
IMG_7818.jpg

IMG_7849.jpg

松本観光もほどほどに安曇野方面へ向かいます。

松本~上高地方面はこの列車
IMG_7911.jpg

松本~新宿方面は特急あずさ
IMG_7912.jpg

松本駅から『大糸線』で穂高駅へ
※前面展望。前方に北アルプスの山々が!
IMG_9377.jpg

14:36
穂高駅下車(登山客・観光客で賑わっています)
IMG_7919.jpg

先ずは穂高駅前に位置する『穂高神社』へ安全祈願
IMG_7924.jpg

今回お世話になったお宿【宿り木】さん
穂高駅から車で約10分。送迎サービス付。
森の中の隠れ家的雰囲気がイイ感じ(^-^)
(一泊素泊まり¥3500~)
IMG_7947.jpg

この日、宿泊客は他に居られず貸切でした(^_^;)
image4 (91)

夕方、お宿から徒歩5分の温泉『しゃくなげの湯』一風呂浴びて
IMG_7934.jpg
早々に就寝…明日に備えます。

8/22(火)
3:30起床!

4:20お宿出発
(中房温泉登山口まで一人¥1000で送って頂けます)

4:55登山口着
キレイな朝焼け
IMG_7966.jpg

登山届を提出して
IMG_7973.jpg

5:30出発!!
IMG_7985.jpg

さすが『北アルプス三大急登』の一つである合戦尾根。
のっけから急登が続く登山道!
IMG_7998.jpg

6:00
【第一ベンチ】で小休憩
IMG_8006.jpg

お宿のご主人から頂いたシャキシャキの梨で水分補給。
IMG_8007.jpg

6:30
【第二ベンチ】をスルーして
IMG_8017.jpg

木々の間から山容が現れたころに…
IMG_8022.jpg

7:00
【第三ベンチ】
この辺りが中間地点
IMG_8027.jpg

7:45
【富士見ベンチ】
IMG_8039.jpg

合戦小屋まで あと10分
IMG_8042.jpg

あと5分!!
IMG_8045.jpg

8:20
合戦小屋到着
IMG_8051.jpg

名物のスイカ!
IMG_8058.jpg
よーく冷えたスイカに、たっぷり目に塩をかけてかぶりつく。
疲れた体に沁みるー(^-^)

合戦小屋とは…標高約2350m地点にある休憩所。
由来は、桓武天皇の時代、この辺りで坂上田村麻呂が合戦したと言われる。

8:30
リフレッシュして再スタート!
IMG_8061.jpg

遠くに『燕山荘』が見えたら、ひと頑張り‼
IMG_8074.jpg

9:30
燕山荘到着‼
IMG_8123.jpg

受付を済ませテントを設営
IMG_8110 (1)

※テント場の『ご近所さん』に、挨拶代わりに配る目的で持参した
個包装の『おたべ』ニッキ味&抹茶味2個セットでお配りし喜んで頂けました(^-^)

この日のテント場は満席 (僕は黄色の矢印)
IMG_9440.jpg

<今回のご近所さん>
①ほぼ同時刻にテント場に到着した長野市在住のソロのお姉さん。
「何処にどう向けに張りのがイイですかね?」etc…色々教えて貰いました。
京都出身とのことで「おたべ懐かしいです」と(^-^)

②東京から小5の息子さんとお父さん
夏休みの思い出に縦走する予定が天候を考慮してピストンに。
僕が持参したライターが着火せず、予備のライターを貸していただき命拾いm(__)m

③明石から中1の息子とお母さん
テント設営にも少しだけお手伝いしました。
お母さんが高山病の症状で息子さんがご飯作ったり看病。
中1にして頼もしい息子さんでした!

お昼ご飯は超手抜きで『たらスパ』 ※基本的に手抜き料理(^_^;)
IMG_8134.jpg

ゆる~い時間を楽しんでから…
山頂を目指します!
image4 (93)

8年振りの燕岳登頂‼(2763m)
IMG_8161.jpg

この日はガスが多く360度大パノラマとはいかず残念(>_<)

予報では若干下り坂(^_^;) ※有名なイルカ岩
IMG_8195.jpg

ポツポツ…やっぱり降って来た
IMG_8686.jpg

日の入時刻もガスガス…
IMG_8282.jpg

楽しみだった夕陽&星空は全くダメでした(>_<)

そして夜明け前…
ご来光に僅かな期待を寄せるも、この通り…
IMG_9438.jpg

粘ったけど結局見れず、朝食タイム
『餅茶漬け』→味変→『お吸い物』意外といけイケる!
IMG_8305.jpg

IMG_8306.jpg

IMG_8323 (1)

時折、日が差し込み「おぉー‼」ってなります(^-^)
IMG_8339.jpg

すっかり日が昇った頃に現れた雲海と青空
IMG_8347.jpg

IMG_8452.jpg

ブロッケン現象と白虹
IMG_8429 (1)

燕山荘と燕岳
IMG_8455.jpg

この景色が見れただけでも良かったです(^O^)/
しばらく景色を楽しんで…

7:50 高山植物を散策しながら下山開始
IMG_8469_2023100413115941a.jpg

IMG_8501.jpg

IMG_8489_20231004131155139.jpg

10:40 下りは約3時間で下山完了‼

登山口の『中房温泉』でひと風呂浴びて
IMG_8531.jpg

コレ‼
IMG_8532.jpg

乗り合いバスで『穂高駅』へ
IMG_8534.jpg

穂高エリアで見つけた
ご当地マンホール(自称:ご当地マンホールマニア)
IMG_8558.jpg

レンタサイクル『あづみ庵』で自転車を借りて安曇野を約2時間サイクリング!(1時間¥200)
IMG_8656.jpg

のどかな田園風景を自転車で。
IMG_8568.jpg

大王わさび農場を見学
IMG_8602_20231004131248f1a.jpg

黒澤明監督の映画『夢』のロケ地となった水車小屋
IMG_8604_20231004131250a35.jpg 

各地に祀られた『道祖神』
IMG_8645.jpg

下山後は、安曇野・松本で時を過ごし、夜行バスで京都へ。
IMG_8672.jpg

※車中、どこからともなく聞こえる「ガサガサ…」の雑音。
誰?レジ袋かお菓子の袋の音を出してるの⁇
繰り返し繰り返しなので、気になって全く寝れず(>_<)

朝5:30 疲労困憊で京都駅八条口到着
IMG_8689_202310041314400d0.jpg

今回の信州一人旅を振り返って
燕岳テント泊の目的は達成できたものの、
星空やご来光など見たかった景色はダメでした(>_<)

とは言え
今回の山旅では出会った方々とのご縁に感謝です(^-^)

帰宅後
IMG_8702.jpg

テントのメンテナンスをしながら
『次は、いつ・どこへ・誰と行こうかなぁ…』と思いを馳せ(^-^)
IMG_8242_202310041312456f6.jpg

【2023/10/05 14:39】 | 美容室 | トラックバック(0) |
【kanattの壁アート】   NAOYA
IMG_6235_2023072818213048f.jpg


季節ごとにチェンジするkanattの壁アート。

皆様にお楽しみ頂いている(と、勝手に思い込んでいる)
壁アートのお話し。

kanattの壁アートが始まったのは2013年7月頃。
気が付けばこの夏で10年が経過しました。

今回のブログは『壁アート10周年』を勝手に記念して
壁アートの変遷と制作工程をまとめました。

以前、2020年2月のブログでご紹介させて頂いたこともあり、
過去のブログと重複する点もあります。
というより、ほぼバックナンバーです(^_^;)

ブログ前半に壁アートの変遷。
後半は制作工程をご紹介。

kanattのInstagramやFacebookでは
制作工程の一部をご紹介しています。

今回は、その工程をもう少し詳しく(^-^)
10年間で手掛けた壁アートは約36作品。
個人的には、一点一点思い入れがあります(^-^)

では早速 全作品を一挙ご紹介!

<壁アートの変遷>
2013年7月 この頃からスタートしました。現在と作風が違いますね(^_^;)
IMG_7107.jpg

お気付きかと思いますが、当時は壁が黒板みたいなグリーンでした。
イラストはシンプルに白単色。黒板アートのイメージですね(^-^)

2013年7月 ビニールテープで七夕風に 
IMG_7108.jpg

2013年10月 ナイトメアビフォアメリークリスマス 
IMG_7109.jpg

2013年12月 ナイトメア クリスマスバージョン
image3 (93)

2014年1月 年が明けて「午年」の始まりを壁アートで
image4 (83)

2014年5月 ムーミンの作者 トーベヤンソン生誕100年を記念して
IMG_7112.jpg

2014年10月 食欲の秋をテーマに(のちにカラーバージョンも)
IMG_7113.jpg

2014年12月 ウインターバージョン
IMG_7264.jpg

2015年1月 新年らしくお着物バージョン
IMG_7263.jpg

<2016年 春>
自分たちで壁を白に塗替え…

2016年7月 壁にグリーンを飾っていた頃も
IMG_7143.jpg
手前の壁はブルーでした

2017年2月 カナットちゃんの春
image3 (94)
この頃から色味が加わり徐々に作風に変化が…

2017年6月 カナットちゃん夏バージョン
image4 (84)
少しずつ色味が加わり、カラフルな雰囲気に

2017年8月 読書の秋
IMG_7123.jpg

2017年12月 カナットちゃん編み物バージョン
IMG_7124_20230720185432259.jpg

2018年3月 カナットちゃんガーデニングバージョン
IMG_7125_20230720185428e06.jpg

2018年7月 カナットちゃんの夏
image3 (95)

2018年9月 音楽の秋 カナットちゃんウクレレバージョン
image4 (85)

2018年12月 カナットちゃん雪原を歩く
IMG_7130.jpg

2019年3月 雪原からマイナーチェンジ(^-^;
IMG_7132.jpg

2019年5月 爽やかな初夏のイメージで
IMG_7134.jpg

2019年7月 カナットちゃんとシャボン玉
image3 (96)

2019年10月 主役はカナにゃン ハロウィンバージョン
image4 (86)

2019年12月 カナットちゃん クリスマスバージョン
IMG_7138.jpg

2020年2月 カナットちゃん 春バージョン
IMG_7140.jpg

2020年6月 カナットちゃん 砂浜を歩く
IMG_7144_20230720185418a0b.jpg

2020年10月 食欲の秋 カラーバージョン
image3 (97)

2020年12月 カナットちゃんウインターバージョン
image4 (87)

2021年3月 カナットちゃん ハイジ風に
IMG_7147.jpg

2021年7月 カナットちゃんサマーバージョン
IMG_7271 (1)

2021年9月 kanatt20周年を記念して 
IMG_7150.jpg

2021年12月 カナットちゃん雪原を歩く
IMG_7151.jpg

2022年3月 カナットちゃん ウクライナカラーを纏って
IMG_7152.jpg

2022年6月 カナットちゃんの夏
IMG_7153.jpg
※お気付きかと思いますが、夏verは<海・砂浜・灯台>お決まりの三点セット(^_^;)

2022年9月 カナットちゃん 20周年描き下ろしバージョン
IMG_7154.jpg

2022年12月 カナットちゃんウインターバージョン
IMG_7156.jpg

2023年2月 カナットちゃんといちごパフェ
image3 (99)

2023年6月 カナットちゃんの夏 2023
IMG_7277.jpg

kanattの壁アートの変遷を駆け足でご紹介しました。
見覚えのあるイラストはありましたか?

続いて制作工程をご紹介。

いつものようにイラストレーター藤川亜矢さんデザインのDMがベースになります。
※オリジナルの世界観を壊さぬよう背景などはアレンジしています。
IMG_5992.jpg

先ず用意するものは『ブラックボードシート』
IMG_5991_20230728144806bec.jpg

忠実に拡大する為にDMと
IMG_5995.jpg

ブラックボードシートに縦横斜めに線を引き、下準備を施します
IMG_5993.jpg

そこに下描き
IMG_5996.jpg

カッター&アートナイフで切りぬく前に
IMG_6076.jpg

『真っ白なキャンバス』となるホワイトシートを
IMG_6056.jpg

貼っておきます。
image5 (44)

貼って切って、切って貼ってを繰り返しながら…
IMG_7163.jpg

カナットちゃんの輪郭が出来上がり
IMG_6081.jpg

ここから先は、ビニールテープ&マスキングテープを駆使して…

青い海と
IMG_6082.jpg

青い空。
IMG_6083.jpg

灯台と雲をプラスすると、それっぽくなって来ました(^-^)
IMG_6085.jpg

更に、貼って切ってを繰り返し…
IMG_7165.jpg

水着とデニム
ビーチボールと髪にも色を足して一旦終了。
IMG_6095.jpg

更に、砂浜と砂に書いた文字をプラスして
IMG_7277.jpg

完成(^O^)/

実は、kanattのトイレも、季節を意識した壁アートを施しています。
今年の夏はこんな感じで…(^-^)
IMG_7142.jpg

これからも
季節ごとにチェンジする壁アートを楽しんでもらえたら嬉しいです(*^^*)
【2023/07/28 18:35】 | 美容室 | トラックバック(0) |
【くせ毛にまつわるお話を】   NAOYA

IMG_5764.jpg
※写真は合成です。本文とは関係ありません(^_^;)


不定期でお届けする髪にまつわるお話・・・。
今回のテーマは『くせ毛』です。

『くせ毛』は髪のお悩みベスト3に入ると思います。

髪にまつわる代表的なお悩みを挙げるなら
白髪・ボリュームが多いor少ない・生えぐせ・枝毛・パサつき・薄毛・直毛過ぎるetc…
ほとんどの方が髪のお悩みをお持ちだと思います。
これから梅雨を迎え湿度が高くなると、くせ毛でお悩み方が増えるのは毎年のこと。

そんなお悩みに寄り添うのが我々美容師のお仕事。

僕自身 元々くせ毛なんですが『くせ毛きつくなったかも?歳のせい??』と感じることがあります。
IMG_5711.jpg
(考えられる原因については後ほど触れてみます)

くせ毛にまつわる以下の項目でまとめました。

《項目》
①くせ毛の種類
②くせ毛の原因
③寝ぐせの原因
④くせ毛にまつわるQ&A
⑤ストレートパーマと縮毛矯正の違い
(今回は簡単な説明だけで…)

まず初めに
日本人のくせ毛の割合は70%~80%。
パッと見、直毛に見えても部分的に(生え際など)くせ毛のケースは多々あります。
ストレートにくせ毛が混在するケースはよくあります。
程度の差こそあれ、くせ毛で悩んでる方は意外と多いです。

では早速、くせ毛について掘り下げて行きましょう。
※今回のブログは多方面から画像を引用させて頂きましたm(__)m

①《くせ毛の種類》
・くせ毛は大きく分けて4種類に分類されます。
IMG_5727.jpg

(波状毛)
・大きくうねり波打っている
・S字カール

(捻転毛)
コイル状にねじれているタイプのくせ毛

(縮毛)
・ぱさついている
・毛髪が縮れた状態

(連珠毛)
・数珠が連なった状態
・髪の太さが一定ではなく凸凹感がある

くせ毛は4種類に分類されますが共通するのは『毛根のゆがみ』
後ほど説明しますが遺伝の要因が強いと考えられます。

②《くせ毛の原因》 
・大きく分けて2通り

①先天的なくせ毛
②後天的なくせ毛

①先天的なくせ毛とは?
生まれつきのくせ毛には、遺伝や成長過程が関係します。

(くせ毛の遺伝)
くせ毛の遺伝に関して、下記のデータがあります。
IMG_5640_20230525132749f12.jpg

両親がくせ毛でなくても生まれつきくせ毛の人もいます。
(このケースは祖父母・曾祖父母etc…くせ毛の遺伝子を受け継いだと考えられます)

※くせ毛に限らず、生え方、つむじの位置etc…『親子そっくり』というケースはよくあります。

②後天的なくせ毛とは?
原因1 (髪のダメージ)
キューティクルにダメージを受けて、うねりが出てしまうくせ毛。

原因2 (ホルモンバランス)
思春期にくせ毛になったり、出産後や更年期にくせ毛になった人に多い原因。
image4.png

原因3 (加齢によるくせ毛) エイジング毛
歳を重ねて、発毛や育毛サイクルの変化によりハリコシがなくなり、うねりが出てくせ毛となる。
また、頭皮が衰えて毛穴がゆがむこともくせ毛の原因となる。
IMG_5698.png

頭皮への対策として
・頭皮マッサージで血行促進と頭皮のリフトアップ
・毛穴の汚れが毛穴のゆがみの原因となり得るため毛穴を清潔に保つ
etc…
IMG_5737.jpg


③寝ぐせの原因
IMG_5745.png

最大の原因は、髪に水分を含んだまま寝てしまうこと。

髪の形は、髪の内部の『水素結合』で決まります。
image5.png

ブローの原理は
濡れた髪(水素結合切れる)→ドライヤーで乾かす(水素結合 再結合)→スタイリング完了

くせ毛or直毛に関係なく、寝る前にドライヤーで髪と頭皮を乾かす事で寝ぐせは最小限に抑えれます。
※頭皮を清潔に保つためにも習慣づけて頂きたいです。

④くせ毛にまつわるQ&A… 
Q『中学の時、部活で丸坊主にしてからくせ毛になったんですけど』

Aこれに関しては、丸坊主が引き金になったというより、
 本来くせ毛の要素を持っていた人が成長期と重なり、
 たまたまその時期にくせ毛の要素が表れたとも考えられます。

逆に
Q『丸坊主にしたら くせ毛が治る?』
image6 (29)

Aくせ毛の大きな原因として、毛根自体や生え方にゆがみが生じているものがあります。
 ほとんどは先天的な原因なので、途中で丸坊主にしたからと言ってくせ毛が無くなるわけではありません。

Q『くせ毛でツヤが出ないのはどうして?』
 IMG_5694.jpg

Aくせ毛でねじれた髪にあたった光は乱反射し、均一に輝かないことでツヤが無いように見えます。
 また、キューティクルが乱れていると髪の表面に凸凹が生まれツヤが無いように見えてしまいます。
 ・ヘアアイロンでねじれを整えツヤをだす
 ・ドライヤーでキューティクルを整える(最後に冷風でキューティクルを引き締めてツヤをだす)
 ・ヘアオイルでコーティングetc…

Q『なぜ雨の日はくせで広がるの?』
IMG_5765.png

A
くせ毛は湿気が多いとゴワついてうねる特徴があります。
一般的には、くせ毛と直毛の構造の違いによるものと考えられます。
image3 (90)

髪の内部には2種類のタンパク質があります。
・水分を保持しやすい(親水性)  Oコルテックス
・水分を保持しにくい (疎水性)  Pコルテックス

直毛はこれらの2つのタンパク質が均等に並ぶ。
一方、くせ毛は偏って分布。

湿度が高い環境下では、水分を保持しやすいOコルテックスの分布箇所が水分で膨張。
直毛はバランス良く膨張し直毛(ストレートの状態)を維持しやすい。
一方、くせ毛は膨張する場所が偏ることで、髪のうねり・広がりが発生する。

⑤《ストレートパーマ》と《縮毛矯正》の違いは?
今回は尺の関係で簡単に説明します。

簡単に言えば…
ストレートパーマ = パーマとり
くせ毛を延ばす力は弱い
(アイロンは使用しない)

縮毛矯正 = 縮毛を矯正する
(アイロンによる熱処理の工程がある)
IMG_5750.jpg

※大きな違いは、施術の途中にストレートアイロンで熱を加えるか否か。

今回は、くせ毛にまつわるお話を抜粋してご紹介しました。
ストレートパーマや縮毛矯正に関しては、また別の機会に改めてご説明させて頂きたいと思います。

【2023/05/29 16:48】 | 美容室 | トラックバック(0) |
| ホーム | 次ページ
プロフィール

カナット

Author:カナット
京都の美容室
kanatt
*KAZUHIKO Kishida
*NAOYA Kishida
*SAYAKA Kitagawa
*MARICO☆ Yanagisawa

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード