FC2ブログ
カナット通信~kanatt blog~
京都のヘアサロン kanatt スタッフのブログ
【北アルプス 親子登山】 ~ライナスの毛布を背負って~
1534897738751.jpg



この夏、白馬方面の北アルプス『唐松岳』(標高2696m)へ、山旅に出掛けました。
唐松岳は4年前の夏、当時5歳だった息子と2人で山小屋泊で訪れて以来。

<4年前の夏、唐松岳にて>
18-09-13-16-34-42-538_deco_20180913172007d90.jpg

あれから4年が経った今年。
同じ山に登るなら、「ステップアップ」の意味を込めてテント泊を計画。
今回は、以前に唐松岳~五竜岳を一緒に縦走した山仲間のフェブリエの藤原さんも同行。

山旅の計画を立て始めたのが約3か月前。

僕自身、普段 子供達とは休みが会わず、一緒に山へ行けるチャンスは日帰りも含めて年に数回程度。
まして、泊まりで北アルプスとなると行けるチャンスは夏の1回のみ。 

だからこそ、子供から『楽しかった!また行きたい!』の声が聞ける山旅にしたいのが親心。
そんな想いを胸に、タイムスケジュールを書いてみたり、山アイテムを買い足したり。
この時点で既に山旅は始まっています・・・。

(八方尾根コースのイメージ)
18-09-13-15-58-12-259_deco.jpg

出発の数日前にもなると、あらゆる天気予報のサイトを検索しては一喜一憂。
なかでも 『てんきとくらす』 と言うサイトは、参考にしている人は多いです。
さらに、天気予報と現地のライブカメラを見比べて予報の精度を確かめたり・・・。

以前、カナットのマリちゃんのお父さんの言葉に 『旅の良し悪しは半分天気』 があります。
確かに旅先の天気は重要。 山はなおさら。僕流に言えば『山の良し悪しは全部天気』ですかね。

この夏は例年以上に台風が多く、当日の天気が心配で心配で・・・。

いよいよ最終準備の『パッキング』
登山には『パッキング(荷造り)』という作業が重要。

パッキングの際、床一面に山アイテムを並べて
「あれ持って行こ、これ持って行こ。」
「これは要らんかな・・・? やっぱり一応持って行こ・・・。」と自問自答。
『衣・食・住』を詰め込んだ僕のザックの重量は約15㎏。
少しでも荷物を軽くしたい一方で、逆にこの重さが安心感でもあります・・・。

自分にとっては、『荷物の重さ』が安心感であるように、
息子にとっての安心感は、長年使い込んだ『タオルケット』
いわゆる【ライナスの毛布】であります。

< ライナスの毛布とは・・・? >
18-09-10-12-00-20-725_deco.jpg

安心毛布の事であり、人が物などに執着している状態を指す。
「お気に入り」 や 「愛着」が、これにあたる。
漫画『ピーナッツ』に登場するライナスが肌身離さず毛布を持っていることにより『ライナスの毛布』と呼ばれる。


息子のザックには、カッパ・寝袋・マット・おやつ・・・そして例のタオルケット。
自分で持って行くと決めたならば、道中 タオルケットの重みを感じるのも経験のうち。
そうこうしているうちにパッキング完了!

僕自身、パッキングは苦手な方ですが、パッキングのお話しを少しだけ。

今回のようにテント泊の場合、アイテムが増えて重くなります。
txt16-sp (1)

図のように、重さのバランスを考慮してパッキングすると負担が軽減されます。
img01-sp (1)

18-09-10-12-22-50-925_deco.jpg

唐松岳へは片道約4時間、比較的ショートコースですが15kgを背負うので疲労度は違ってきます。
参考にしてみて下さい。

前置きはこの辺で・・・

【当日のタイムスケジュール】 

<8月19日(日)>
京都駅八条口 23:45発
   ↓
(高速夜行バス)
   ↓
<8月20日(月)>
 白馬八方     6:00着
   ↓
ゴンドラ&リフト  7:45
   ↓
 登山開始     8:30
   ↓
八方池(休憩)   9:40
   ↓
唐松岳頂上山荘 13:20着
(テント設営&休憩)
   ↓
唐松岳登頂!   15:15
   ↓
夕飯・就寝・星空観測etc・・・

<8月21日(火)>
  起床       4:00
   ↓
  ご来光     5:10
   ↓
  朝食       6:30
   ↓
テント撤収&下山 8:30
   ↓
 下山 完了!  12:30
   ↓
  温泉
   ↓
 特急バス     15:50発
   ↓(約1時間)
  長野駅      22:45発
   ↓
(高速夜行バス)
   ↓
<8月22日(水)>
  京都駅      5:55着

*山行記録を時系列に沿って・・・

23:55
・京都駅八条口にて乗車手続き (藤原さん登場)
1535537245282.jpg

・タオルケットは車内へ (乗車15分後には爆睡でした)
18-09-07-17-04-22-406_deco.jpg

6:00
・白馬八方到着
18-08-20-06-09-45-740_photo.jpg

・青空の下、白馬三山をバックに
18-08-20-06-40-21-152_photo.jpg

7:30
・八方ゴンドラリフト駅(標高770m)
DSC04329.jpg

・ゴンドラ・リフトを乗り継いで
DSC04330.jpg

1534897627436.jpg

18-08-20-07-57-12-121_photo.jpg

8:30
・八方池山荘前から登山開始(標高1830m)
八方池までは約1時間のハイキングコース (軽装の人多数)
18-08-20-08-07-33-729_photo.jpg

・最初は木道が続き
18-09-16-12-50-13-107_deco.jpg


・八方池手前 (白馬三山が見えて「おお~っ!!」ってなります) 
1536716552442.jpg

9:40
・最初の目的地の八方池が見えて、休憩タイム
18-09-10-16-20-40-046_deco.jpg

・ここが八方池(標高2060m) (八方尾根と言えばこの景色!水面に移り込む白馬三山が見事!)
DSC04365.jpg

10:10
・ここからがいよいよ本格的な登山道
18-08-20-10-19-47-393_photo.jpg

11:20
・扇雪渓で小休止(夏でも溶けない万年雪です)
DSC04379.jpg

DSC04380.jpg

12:10
・丸山ケルン(標高2430m) あとひと踏ん張り!(個人的にここからの景色が一番好きかも)
1534897643404.jpg

藤原さん、今日のゆっくりなペースが丁度良いみたい
DSC04401.jpg

13:00
・山頂手前の尾根道を乗り越えて
DSC04406.jpg

13:20
・山小屋が見えた瞬間 (左奥が五竜岳)
DSC04408.jpg

13:40
・山小屋で受付後、テント設営
18-08-20-13-59-45-110_photo.jpg

・僕たちはオレンジ色のテントです
18-09-10-16-36-39-957_deco.jpg

・到着が遅くなると、このように小屋から離れた下の方に張ることに・・・
18-09-10-16-37-05-556_deco.jpg

15:15
・休憩をはさみ、ようやく登頂! ガスガス!!
IMG_20180822_122506_416 (2)

・藤原さんとの貴重なツーショット(^O^)/
1534897764220.jpg

・テント場へ戻って、ゆる~ィ時間が流れ
DSC04429(1).jpg

17:00
・夕食タイム! 明太子パスタ&コーンスープ
DSC04431.jpg

18:00
・この日の夕陽は雲に隠れ・・・今夜の星空は期待薄。
DSC04437_20180913155419621.jpg

18:30
・すでに爆睡 (タオルケットと一緒に気持ちよくzzz・・・)
DSC04438(1).jpg

22:00
・浅い眠りから目が覚め、テントから外に出ると、こんな景色が!
18-08-22-09-24-49-967_deco.jpg

・徐々に月も傾き・・・
DSC04448(1).jpg

4:00
・夜明け前の空。山小屋越しに輝くオリオン座(右下)
DSC04502.jpg


4:40
・ご来光を待つ時間 (一番好きな時間)
18-09-10-16-58-12-797_deco.jpg

・雲海越しに
DSC04515.jpg

5:30
・テント場の清々しい朝
DSC04524.jpg

7:00
・朝食を済ませた頃。剱岳からレインボー
18-08-25-08-06-49-632_deco.jpg

8:00
・唐松岳に別れを告げ下山開始
DSC04530(1).jpg

・ケルンに石を置いて・・・
DSC04531.jpg

・早速、高度感ありありの尾根道。
DSC04534.jpg

8:30
・雲上の散歩道
DSC04541.jpg

・今日の八方池は霧が立ち込め全く見えずスルーして

11:30
・やがてリフト乗り場到着!後はゴンドラリフトの空中散歩のみ
DSC04548.jpg

12:30
・最後のゴンドラを降り、下山完了!
DSC04550(1).jpg

その後、山麓の八方温泉で汗を流しサッパリと(^-^)

高速バスで長野駅まで移動して、夜は焼肉店で山旅を振り返り・・・。(藤原さん、御馳走さまでした!)
18-08-21-19-14-54-626_photo.jpg

楽しかった山の思い出を乗せて夜行バスは一路京都へ・・・。

帰宅後は、テント・寝袋・マットetc・・・のアフターケア。
山旅を振り返りつつ、次の山旅へ思いを馳せながら・・・。
18-08-22-06-47-38-416_photo.jpg


『山旅を振り返って』
今年の夏も訪れた北アルプス。
行き先やメンバー構成は違えど、息子は今回で4度目の北アルプス。
そんな息子は、運動が大の苦手。
道中、弱音を吐きまくり・・・休憩も多く、コースタイムも余計に掛かります。
しかしながら、下山後は決まって『山登り楽しかった!』ってなります。

今回の山旅は、見たかった・見せたかった景色もたくさん見れました。
山での素晴らしい景色と心温かい方々との出逢いで何かを感じた事でしょう。

日々の成長を感じる一方で、【ライナスの毛布】はいつ手放すのか・・・。
これからも、成長を傍で見守って行きたいと思います。
1536716587140.jpg





スポンサーサイト
【2018/09/15 16:20】 | 美容室 | トラックバック(0) |
【びわ湖テラス】 ~天空のカフェテラス~  [NAOYA]
18-06-06-10-08-17-442_deco.jpg

梅雨入り迫る6月上旬。
関西屈指の絶景スポット 【 びわ湖テラス 】へ行って来ました。
※どちらかと言えば山登りが目的です・・・(^_^;)

びわ湖バレイリゾートエリア内にそびえる二つの山の頂きに二つの個性的なテラスがあります。
打見山山頂(1108m)・・・<THE MAIN>   蓬莱山山頂(1174m)・・・<cafe360>

(イメージ)
18-06-08-12-50-23-548_deco.jpg


2016年7月にオープンした『びわ湖テラス』
今では、関西屈指の絶景スポットとして紹介されるようになりました。

山頂からの展望はオススメです!!

蓬莱山山頂(1174m)へは
JR志賀駅からバス→ロープウェイ→リフトなら約30分で行けます。
が、「3時間歩いてみよう!」とお考えの方はチャレンジして下さい!
< ※ロープウェイ往復 大人¥2500  小学生¥1000 >

<今回のコース> メインルートのキタダカ道です
18-06-10-15-00-01-433_deco.jpg


では早速、この日の時系列を追って・・・
※個人的にオススメの景色には【オススメ!】を付けてあります (^O^)/
・京都駅 (始発)5:53発 湖西線乗車
18-06-06-15-41-29-152_deco.jpg

・志賀駅 6:28着 (志賀駅のホームから見上げる目的地)
18-06-07-14-52-24-430_deco.jpg

・下車したら必ず立ち寄る、大好きな琵琶湖畔の風景。 【オススメ!】
さざ波と鳥のさえずりだけが聞こえ、静かな時間が流れます。
IMG_20180604_162639_534.jpg

・山麓の「樹下神社」への参拝 & いつもここで準備運動 (6:50)
18-06-06-13-36-16-111_deco.jpg

・山麓のマンホールのデザインがイイ感じ
琵琶湖・ヨット・比良山系・シャクナゲ(県花)がモチーフ?
18-06-04-14-17-46-607_deco.jpg


・スタートして程無くすればこの雰囲気 (7:10)
18-06-06-13-37-26-645_deco (3)


・分岐を右へ(3時間コース)  左はロープウェイ(30分コース)
18-06-06-13-38-14-659_deco.jpg

・時々、登山道の苔を観察しながら
IMG_20180604_162639_536.jpg

・ここは休憩ポイント (7:25)
18-06-06-13-38-55-089_deco.jpg

・朝日を浴びる杉木立
IMG_20180604_162639_537.jpg

・道中 [何故かいつもふと見上げるブナの木]  (8:00)
18-06-06-13-39-53-074_deco.jpg

・登山道のシンボルツリー『天狗杉』 (8:10)  【オススメ!】
18-06-06-13-40-37-970_deco.jpg

・通称『番屋岩』  (8:30)
18-06-07-18-38-09-920_deco.jpg

・植生が変わり、徐々に空が開けます
18-06-06-13-41-25-078_deco.jpg

・楓の木漏れ日もイイ感じ
18-06-06-13-42-14-677_deco.jpg

・通称 『クロトノハゲ』 から眺める湖北の景色 (8:40)  【オススメ!】
18-06-06-13-42-58-056_deco.jpg

・びわ湖バレイの施設が見え始めて、ここからひと踏ん張り!!
18-06-06-13-44-12-764_deco.jpg

・道中、琵琶湖を一望できる絶景スポット! (9:00) 【超オススメ!】
18-06-06-13-45-04-941_deco.jpg

・びわ湖テラス [THE MAIN] 到着! (9:20)
18-06-06-13-47-50-691_deco.jpg

・気になるメニューは?
18-06-11-18-14-37-993_deco (1)

18-06-11-18-14-01-442_deco (1)


18-06-06-13-45-49-820_deco.jpg


18-06-06-13-48-47-748_deco.jpg

18-06-06-13-50-15-999_deco.jpg

映えます(^-^)
IMG_20180604_162639_596.jpg

・目指す蓬莱山山頂へは、もうひと踏ん張り!
18-06-06-15-37-25-376_deco.jpg


・平日もリフト運行中 <片道¥400>  (9:50)
18-06-06-13-30-18-657_deco.jpg
※リフトの運行状況はびわ湖バレイにお問い合わせ下さい。

・意外ときつい最後の坂を登って・・・
18-06-06-13-50-53-491_deco.jpg

・山頂に到着! (10:00) 【オススメ!】
IMG_20180604_162639_599.jpg

・蓬莱山山頂に在るのが[cafe 360]
18-06-06-13-53-12-979_deco.jpg

・プレミアムシートという席があります
18-06-14-11-31-25-112_deco (1)


・ロケーション最高! (紫外線対策必須!!)  【オススメ!】
IMG_20180604_162639_601_20180611181015def.jpg

18-06-06-13-52-26-171_deco.jpg

18-06-06-13-51-28-116_deco.jpg

<山頂の景色>
・山頂を示す三角点
18-06-06-15-36-11-299_deco.jpg

・稜線の遥か先にそびえる「比叡山」
18-06-06-15-36-45-842_deco.jpg


・下山開始 (10:20) 下りは一気に! (※ケガ・膝痛に気を付けて)

・往来するロープウェイの真下を通り
18-06-06-15-38-04-039_deco.jpg

・再び『天狗杉』 (11:30)
18-06-06-15-38-47-031_deco.jpg

・行きとは違うコースを一部通って・・・ (12:20)
18-06-06-15-39-23-670_deco.jpg

・下山完了! 再び 樹下神社 (12:40)
18-06-06-15-39-57-063_deco.jpg


今回訪れた『びわ湖バレイ』は、平日にも関わらず大盛況!
[びわ湖テラス]はオープン以後、来場者数は3倍以上と好調のようです。
天気の良い休日に、ぜひ一度お出掛けされてはいかがでしょうか?

びわ湖テラスへの行き方は・・・二択です!
・ロープウェイで一気に!
・下からてくてく歩いて!!

どちらの方法で行かれても、そこから見える景色は同じです。
が、歩いて行けば『達成感』が もれなく付いてきますよ!

最後に…
帰りの湖西線京都行きホームから、今日登った蓬莱山を眺める時間が一番好きだったりします(^-^)
18-06-06-15-40-50-886_deco.jpg


【2018/06/06 19:10】 | 美容室 | トラックバック(0) |
【PIECE OF PEACE】 『レゴ ブロック』で作った世界遺産展 PART-3
18-04-01-11-29-46-027_deco.jpg

2018年・春。大阪・心斎橋にて開催されたレゴ展【PIECE OF PEACE】へ行って来ました(^-^)
DSC04099.jpg

「少しでも、世の中に元気を、笑顔を届けられたら。その、きっかけになれたら」
そんな想いから、2003年に始まった”PIECE OF PEACE~「レゴブロック」で作った世界遺産展~”
未来に残したい地球のたからもの【世界遺産】
DSC_3071 (1)

フロア全体に、日本をはじめ世界の代表的な世界遺産をピックアップ。
PART3の今回は、世界34カ国世界遺産50作品と地球がレゴブロックで表現。
会場を廻って小さな世界旅行が楽しめます(^-^)
DSC_2927.jpg

【PIECE OF PEACE】は、世界遺産チャリティーエキシビジョン。
『いまの時代に生きているひとりひとりの「ピース」があれば、きっと未来に残してゆける。
次の時代を生きる子どもたちに このたからものを引き継いでゆけるはず。』
そんなメッセージも込められています・・・。

<今回のブログの項目>
・LEGOについて簡単に
・世界遺産について簡単に
・世界遺産クイズ 全4問
・PIECEの数ランキングTOP5
・製作時間ランキングTOP5
・日本の世界遺産
・その他、僕のお気に入り あれこれ

*写真多めでサクサク行きます!
DSC_2929.jpg

<LEGOについて簡単に>
デンマークの玩具メーカー。
1934年に『よく遊べ』を意味するデンマーク語『Leg Godt』から社名をLEGOとした。
組み合わせは無限大!
・8つのポッチのある同じ色のブロック
18-03-22-12-59-37-735_deco.jpg

2個で・・・24通り。 3個で・・・1060通り。6個で・・・915,103,765通り! もはや∞!!

<世界遺産について簡単に>
1972年のユネスコ総会で採択された「世界の文化遺産及び自然遺産の保護に関する条約」に基づく。
世界遺産は次の3種類。
[文化遺産]・・・建造物群、遺跡、文化的景観など。
タージマハル、ケルン大聖堂、ピサの斜塔、万里の長城etc・・・
[自然遺産]・・・顕著な普遍的価値を有する地形や地質、生態系など。
キリマンジャロ国立公園、イエローストーン国立公園etc・・・
[総合遺産]・・・文化遺産と自然遺産の両方の価値を兼ね備えているもの。
ギリシアのメテオラ、グアテマラのティカル国立公園
DSC_3043.jpg

DSC_3044.jpg

2017年時点で、193カ国・1073件。 文化遺産832件・自然遺産206件、総合遺産35件・危機遺産54件。
日本は、文化遺産16件・自然遺産4件が登録されている。


<世界遺産クイズ> 答えはブログの最後にあります。
Q①:世界遺産が最も多い国は?
A,イタリア
B,フランス
C,イギリス
D,中国

Q②:「実際に行ってよかった世界遺産」1位は?(楽天トラベル調べ)
A,マチュピチュ
B,アンコールワット
C,モン・サン・ミシェル
D,グランドキャニオン

Q③:「実際に行ってよかった 日本の世界遺産」1位は?(楽天トラベル調べ)
A,厳島神社
B,古都京都の文化財
C,知床
D,屋久島

Q④:日本の世界遺産登録を古い順に並べると?
A,古都京都の文化財
B,姫路城
C,富士山・信仰の対象と芸術の源泉
D,日光の社寺


<PIECEの数 TOP5>
どれもこれも完成度の高さが凄いです!
*画像をタップして、グ~ッと寄ってみて下さい。
①35,000PIECE <制作時間288h>
・フエの建造物群 (ベトナム)
18-03-28-22-08-12-089_deco.jpg

②26,000PIESE  <192h>
・古代都市スコタイと周辺の古代都市群 (タイ)
DSC_3029.jpg

③25,000PIECE  <600h>
・アントニ・ガウディの作品群 (スペイン)
DSC04064.jpg


④21,500PIECE  <144h>
・富士山・信仰の対象と芸術の源泉 (日本)
DSC_3025.jpg


⑤21,000PIECE  <264h>
・ドナウ河岸、ブダ城地区 及び アンドラージ通りを含むブダベスト (ハンガリー)
18-03-28-22-22-19-440_deco.jpg



<制作時間 TOP5>
①648時間  <14000PIECE>
・ロスキレ大聖堂 (デンマーク)
DSC_2980.jpg
(左後方:エッフェル塔)

②600時間  <25000PIECE>
・アントン二・ガウディの作品群 (スペイン)
DSC_3065.jpg
(作品の大きさが伝わりますか?)

③576時間  <16000PIECE>
・モスクワのクレムリンと赤の広場 (ロシア)
DSC_3052.jpg

④552時間  <12200PIECE>
・日光の社寺 (日本)
DSC_3013.jpg

④552時間  <10000PIECE>
・琉球王国のグスク及び関連遺産群 (日本)
18-03-22-22-15-21-929_deco.jpg

<日本の世界遺産>

・金閣寺 (3600P・14h)  京都府
18-03-22-22-13-59-626_deco.jpg

・厳島神社 (12000P・480h)  広島県
DSC_2932.jpg

・白川郷・五箇山の合掌造り集落 (4500P・144h)  岐阜県・富山県
DSC_3009.jpg

・法隆寺地域の仏教建造物 (5000P・96h)  奈良県
DSC_3016.jpg

・紀伊山地の霊場と参詣道 (8000P・480h)  三重県・奈良県・和歌山県
DSC_3018.jpg

・姫路城 (20000P・240h)  兵庫県
DSC_3020.jpg
(富士山とのコラボ)

・明治 日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船・石炭産業 (6000P・360h) 軍艦島:長崎県
DSC_3028.jpg

・ル・コルビュジエの建築作品 (13000P・240h)  東京都
DSC04048 (2)

・平泉・仏国土を表す建築・庭園及び考古学的遺産群 (16000P・240h)  岩手県
DSC_2940.jpg

<僕のお気に入り あれこれ>
・古都グアナフアトとその銀鉱群 (10000P・288h)
18-03-23-07-16-41-731_deco.jpg

・四川ジャイアントパンダ保護区群 (13000P・192h)
18-03-22-22-16-42-890_deco.jpg

・タージ・マハル (8000P・336h)
18-03-22-23-32-47-803_deco.jpg

・アンコール (13000P・240h)
18-03-29-13-05-32-653_deco.jpg

・ウェストミンスター宮殿、ウェストミンスター大寺院及び聖マーガレット教会 (11000P・168h)
DSC04065 (1)

・ローマ歴史地区、教皇領と サン・パオロ・フォーリ・レ・ムーラ大聖堂 (7000P・432h)
18-03-22-22-18-58-930_deco.jpg

・モン・サン・ミシェルとその湾 (6800P・120h)
DSC04077.jpg

・マチュ・ピチュの歴史保護区 (2000P・96h)
DSC_2991.jpg

・ピサのドゥオモ広場  (2200P・96h)
18-03-27-07-19-19-075_deco.jpg

・ラバ・ヌイ国立公園 (4500P・240h)
18-03-27-07-34-41-681_deco.jpg

・シドニー・オペラハウス (12000P・240h)
18-03-29-13-24-53-615_deco.jpg

・太陽の塔
DSC04092 (1)

・通天閣
DSC_3038.jpg

・くいだおれ太郎
DSC04091.jpg

・地球 (800P・168h)
DSC04082.jpg

(番外編)
・百舌鳥・古市古墳群  大阪大学レゴ部 制作協力  (11000P・1か月)  560分の1スケール
DSC_3067.jpg


今回のイベントで訪れた世界遺産50作品で巡る小さな世界旅行。
ササっと見て廻る人は10分で済みます。
が、細部まで見入ってしまって 気が付けば1時間以上経過してました。

(こういうディールが とにかく凄い!)
DSC04094.jpg

18-03-23-07-32-24-525_deco.jpg

18-03-23-07-22-09-059_deco.jpg

DSC04078.jpg

DSC04084.jpg

今回の世界遺産。クオリティの高い作品ばかりでした。
たくさんの世界遺産を眺めていると、『いつかきっと・・・』と、思いを馳せます(^-^)


最後に。
子どもたちが、テレビゲームやスマホアプリ、YOUTUBEなどに夢中になる昨今。
LEGOのような <ザ・アナログ> の遊びで、想像力と創造性を養うのも大事かなーと感じました。
18-04-02-18-10-03-226_deco.jpg


<世界遺産クイズの答え>
Q①:A イタリア 53件 (フランス43件・イギリス31件・中国52件)
Q②:D グランドキャニオン 
Q③:B 古都京都の文化財 
Q④:B 姫路城1993年→A:1994年→D:1999年→C:2013年
【2018/03/22 11:28】 | 美容室 | トラックバック(0) |
| ホーム |
プロフィール

カナット

Author:カナット
京都の美容室
kanatt
*KAZUHIKO Kishida
*NAOYA Kishida
*SAYAKA Kitagawa
*MARICO☆ Yanagisawa

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード