FC2ブログ
カナット通信~kanatt blog~
京都のヘアサロン kanatt スタッフのブログ
歩いて登って跳んだ日☆KAZUHIKO
IMG_8903.jpg

2021.2

『コロナ禍』と言われてから一年が過ぎ、

「どっか遠くに、旅行にでも行きたいー!」

そんな思いが膨らんでいる方も多いんではないでしょうか。

そんな僕も普段はサロンワーク、休日は事務仕事に家の野暮用等々で時間があっという間に過ぎてしまい、もう長いこと旅行や遠出とか、してないなぁ…と。

反面ではありますが、以前よりも健康ことを気にかけたりするようにもなったのも事実です。
これには一昨年、病気で手術入院し、命の大切さを実感したせいもあるかもしれませんが。


話は変わりまして…

年明けぐらいからひょんなきっかけで、遅ればせながら韓国ドラマに出会い、たまに観るようになりました。
(韓ドラの先輩マリちゃんのオススメ作品アドバイスも受けながら…)

今まで全くスルーしていたジャンルですが、観だすとこれがまたおもしろい!


名称未設定 2


【韓国ドラマのいいところ】

・とにかく脚本がいい!

・カメラワークを含めて映像がすごくきれい!

・主題歌や挿入歌などBGMが秀逸!

そして何より

・俳優の演技が素晴らしい!
話が進むごとにどんどん魅力的に見えてきて最後は必ず 『好き』 になり 『推し』 になります。
(これも演出?と思うぐらい不思議です 笑)

あと、何故か食事のシーンが多く、それが美味しそうで食べたくなったり、ロケ地に行ってみたくなる!

更に、

もう一回観たくなる!

というのも加えておきます。


僕などまだまだ歴は浅いですがとにかくハマる人の気持ちがやっと理解できました^ ^
(今まで 「韓ドラ面白いよ!」 という声を全スルーしていた過去の自分にデコピンしてやりたい!)


話が脱線しましたが…


少し前の休日の朝、
「体を動かしたい!」
という衝動に駆られ、先ずは自転車で京都御所へ向かいました。

IMG_8814.jpg

とりあえずウォーキングです。
御所ウォーキングはたまにするんですが、とにかく中は静か。

そして砂利の上を歩くのがすごく気持ちいいんです^_^

IMG_8776.jpg

IMG_8816.jpg



ただただ頭を空っぽにしてひたすら歩いてもこの上なく安全です。


IMG_8821.jpg

自然を感じながら…

IMG_8768.jpg



アプリを覗くとこの日は御所で5,000歩強稼げました^ ^



その足で左京区の大文字山へ向かい、登ります。


大文字山は去年の夏以来、約半年ぶり。

緊急事態宣言中ということもあり登山口近くの銀閣寺門前のお土産屋さんはほとんど臨時休業中…

登山する人もまばら。

IMG_8826.jpg


上から見下ろすとあんなに広かった御所が真正面に見え、人間の小ささを感じます。

IMG_8856.jpg


遠くには大阪のビル群やあべのハルカスも。

IMG_8831.jpg

ここまでで15000歩をちょっと超えたところです。



下山し、そのまま自転車で帰宅。

お昼を食べて、久しぶりに『なわとび』にチャレンジしてみました。

何十年ぶりでしょう。

IMG_8903-2.jpg


これがまたびっくりするぐらい出来なくなっててショック(ーー;)

今となっては全くイメージを持たれてませんが、こう見えても昔はなわとびはもちろん、スポーツテストなどは常に一級をもらってたスポーツ万能少年だったんですが。。

当時は四重跳びぐらいなら普通に出来てたのに、久しぶりにすると二重跳びどまりであまりにも。。

こればっかりは仕方ないですね (>_<)


でもまあ、

「今日は思いっきり体を動かしたー!」
と思える充実した休日のお話でした。
(後日筋肉痛。。これからはあまり無理はせず適度に^ ^)

私たちはお客様を迎える仕事。
健康で、そして元気でなければ!
を肝に銘じて。

皆様もどうかお身体大切に!

早く、『どっか遠くに行ける日』が来ますように!

そしたら是非是非、韓国に行ってみたいな。。
スポンサーサイト



【2021/02/15 14:11】 | KAZUHIKO(岸田カズヒコ) | トラックバック(0) |
ゆるキャン△ MARICO
IMG_0883.jpg

またまた、ワタシのブログの更新が滞ってしまいました、、、。(;^ω^)
なので、去年の夏までさかのぼってキャンプに行った事を
書こうと思います。笑
半年も前のネタですみません。m(__)m
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
去年の夏休み、帰省するのをやめたもののどっか行きたい気持ちがおさまらず、
『そうだ、キャンプ行こう』と。笑
テントも一式買っていたので、その設営練習もしたいなとも思っていたし、
S香ちゃんを誘っていきました。

ワタシたちは車がないので、電車で日帰りで行けるところを検索し、、、
滋賀県の伊吹山の麓、グリーンパーク東山(とうざん)に行くことにしました。
山登りはするけど、キャンプは行ったことないし何を持っていけばいいのかな?
とりあえず検索してみる。(こればっかり)

IMG_2892.jpg
(軽量のテーブルを購入。今後も行くだろうと、ちょっといいやつを)

YouTubeでキャンプ飯なるものを見たり、足りない道具はダイソーでも買ったりして
準備しました。

IMG_2893.jpg
(ちっさいフライパン200円)

キャンプ当日。
JRの湖西線で米原まで行き、東海道本線に乗り換えて近江長岡駅まで。

IMG_0805.jpg

駅からはバスのつもりが乗り遅れて駅からタクシーで(^-^;
キャンプ場に到着!!

IMG_0808.jpg

今日はデイキャンプ(日帰り)です。
トイレもあるし~水道もあるし~アイスも買える!
ゴミも捨てて帰れて設備は完璧です。

IMG_0810.jpg

ワタシたちのテント張る場所も誰もいな~い(^O^)/
で、まずタープ設営です。わかりやすく言うと、ビーチパラソルの代わりのような感じ。
要は日陰です。
初めて建てるので途中説明書見ながら。簡単なハズがけっこう難しい。。。

IMG_2895.jpg
(書いてあることよくわからない、、、)

IMG_2896.jpg
(これをこの上にかけて、、、)

IMG_2897.jpg
(風に飛ばされながらも)

IMG_2898.jpg

やっとの思いで出来ました!そして飾りつけ。笑
イヤ、特にやらなくてもいいんですけどネ。なんかみんなかわいくしてたから、、
(検索のしすぎです)

IMG_0825.jpg
(改めて見ると、なんやこの飾りはww)

そうこうしているうちに、11時。お昼の用意しよう。
キャンプ初心者なので、茹でるだけと焼くだけの、ツナサラダそうめんとウインナーにしました。
カスバーナーでそうめんを茹でようと思ったら、、今度は火がつかない!
使うの久しぶりでしたので(^▽^;)慣れないことをした時のあるあるですナ。

IMG_2899.jpg
(アレーー??)

IMG_2901_20210122150311ced.jpg
(ガスがないんかな?心配そうに見つめるS香ちゃん。)

とにかく誰かに聞こうと思ってキャンプ場の人に持っていったら、無事つきました!よかった!!笑

IMG_2894.jpg
(そうめんを茹でるの図)

IMG_0836.jpg
作るの簡単でおいしかったです♡

IMG_0853.jpg

それから、、
凧あげもしました。(お決まりの)
この時期に外にいたらめっちゃ暑いんだろうなと思いきや、風があって日陰はすずしかったです。
蝉は絶えず鳴いていましたけどね。

IMG_0846_2021012016265307c.jpg
(のんびり過ごす、の図)

ひとしきり休憩(お昼寝)したあと、インスタントのワンタンスープ食べる。笑

IMG_0904.jpg

キャンプは山登りと違って、一カ所にとどまっていられるところがいいです。
歩いて疲れるってことがない(当たり前か)

IMG_0841.jpg

食べて、寝て、、なんか自由 笑。
そんな感じでチェックアウト時間まで過ごし、
隣接されている旅館(鴨池荘)の温泉に入って帰りました。

帰りはちゃんとバスに乗ろうと、教えてもらったバス停で待っってたのに
なぜかバスが素通りしていき、50メートル先にあった停留所で止まったのでそこまでダッシュするハメに。ε-(´∀`; )
たくさんの失敗を経て、人は成長してゆく。笑

はじめて行ったキャンプで思ったことは、車じゃないと荷物が多くて大変だってこと。苦笑

IMG_0907.jpg
(このリュックと、大きいトートバック、クーラーバックも、、、重たかった)

泊りで行くなら+テントと、寝袋、防寒着も必要だし、次の日分の食材も要ります。
でもまた電車とかで行くんなら、もっと荷物を減らすしかない。。。
またYouTube見て勉強しないといけません。(そればっかり)
駅の階段の上り下りが一番疲れたけど、楽しいキャンプでした。
今年も、楽しく安全キャンプや山登りに行けますように☆★
【2021/01/20 11:13】 | MARICO☆(栁澤真利子) | トラックバック(0) |
【希望に満ちた初日の出】 @愛宕山     NAOYA
image0 (11) - コピー

寒中お見舞い申し上げます。
本年もどうぞ宜しくお願い致します(^-^)

今回は2021年の幕開けにふさわしく【初日の出】のブログです。

ここ数年、自身の恒例行事となりつつある愛宕山初日の出登山。
愛宕山(924m)山頂付近は、京都市内で初日の出を拝める一番高い場所。
つまり、京都市内では最も早く初日の出を拝める場所とも言えますね(^-^)

当日は『年越し寒波襲来』の天気予報(>_<)
更に、日の出時刻 朝7時の天気予報は☁曇り。
流石に2021年の初日の出はダメ元で決行しました。
(登山を計画される方はタイムスケジュールご参考にして下さいね)
※冬の愛宕山は積雪対策としてアイゼンがあると安心です。


午前1:30
家族には『無理なら引き返すし、取敢えず行ってくる』と告げて家を出発。
(清滝まで自転車で)

午前2:30
登山口の清滝まで自転車で約1時間で到着。
清滝までの登り坂が地味にキツイ!
(この時点で、ほぼウォーミングアップは済んでます)

午前2:45
ヘッドライトを装着。
先ずは鳥居で一礼してスタート。
毎回オーバーペースになりがちなので『ゆっくりゆっくり』と、自分に言い聞かせ。
image0 (2)

午前3:30
五合目の休憩所を過ぎ
image1.jpeg

午前3:50
中間地点を過ぎた辺りのビューポイント
新年を迎えた京都市内の夜景
image4.jpeg
この時点では予想外の好天です。
※愛宕山登山は道中のビューポイントが極めて少ないです・・・(^-^;)

午前4:20
水尾別れ(おおよそ七合目)

ここまで数人の方とすれ違いました。
この日ばかりは『こんにちは!』ではなく『おめでとうございます!』の挨拶(^-^)

午前4:45
黒門付近はすっかり雪景色。
ここまで来れば愛宕神社まであと少し!
image3.jpeg

午前5:00
愛宕神社到着!
最後の石段の先に見える神社の灯り。
どっと溢れる安堵感。
image5 - コピー

凛とした空気の中にも温もりを感じます
image0 (3) - コピー

気温-7℃!
image1 (1) - コピー

本殿にて初詣
image0 (11)

午前6:00
ビューポイントにて一人で初日の出を待ちますが・・・

ご覧の通り、真っ白け(>_<)
image4 (1) - コピー

初日の出は絶望的。
僅かな期待を込めてひたすら待つのみ。
体感気温-10℃以下
image3 (1)

白み始めた
午前6:25
絶望から一転。
ん?もしかしたら初日の出見れるかも??
IMG_6654.jpg

午前6:40
日の出まで25分。
またまた雲に覆われて諦めムード・・・
image2 (1) - コピー

午前6:50
日の出まで15分。
徐々に雲が流れ
image1 (2) - コピー

絶望から希望へ!
image4 (2) - コピー

午前6:55
日の出まで10分
舞台の幕が開くかのように
image0 (5) - コピー

雲が掃け
image2 (2)

午前7:00
日の出まで5分
さあ、準備は整いました!
image3 (2) - コピー

静かにその時を待ちます・・・

午前7:05
2021年の初日の出!
神々しい輝きと温もりを感じる瞬間。
image4 (3)

徐々に輝きを増しながら昇る太陽
image1 (4)

刻一刻と移り行く景色に
image2 (3)

暫く
image3 (3)

足を止めます
IMG_6776.jpg

午前7:30
下山開始 ガッチリ凍ってるのでアイゼン必須です
image0 (7)

黒門を抜け
image2 (4)

『中年ハイカー気を付けて!』←僕も該当者ですね(笑)
image3 (4) - コピー

遠くにサンガスタジアムを眺めながら
image4 (4)

水尾別れで
image3 (5) - コピー

これくらいの積雪
image1 (7) - コピー

気持ちいい雪景色の登山道
image0 (9) - コピー

すっかり日も昇った頃に
image1 (6) - コピー - コピー

午前9:20
無事に下山。
最後に鳥居に向かって一礼を終えて全て完了。
image2 (6) - コピー - コピー

<今年の愛宕山初日の出登山を振り返って・・・>

日の出時刻のギリギリまで雲に覆われ、半ば諦めていました。
しかし、
そんな絶望から一転、奇跡的な絶景!

世界中の願いでもある
『一日も早い終息を・・・』
みんなの願いが通じたかのような綺麗な初日の出。
2021年は希望に満ち溢れた幕開けとなりました(^-^)

皆様にとって幸せな一年となりますように。


【2021/01/13 15:20】 | NAOYA(岸田直也) | トラックバック(0) |
【2020年 last blog】 今想うこと    NAOYA
image0.jpeg

2020年も残すところ僅かとなりました。

今年の漢字は【密】
image0 (1)
(写真:京都新聞より)

その意味を調べると
①隙間がないこと・・・「人口が密だ」
②関係が深いこと・・・「連絡を密にする」
③きめ細かいこと・・・「密な計画」
④こっそりと・・・「謀は密なるをもってよしとす」
etc・・・
確かに、今年は【密】の言葉はよく耳にしました。
「親密な関係」や「密集」のように、人と人との距離が近いイメージが強いです。

しかし、この一年は人と人との距離を置く生活を強いられています。
僕自身、体感的には密の対義語である【疎(そ)】の印象が強いですが如何でしょうか・・・?

2020年はあっという間に過ぎたように感じます。
『過ぎ去った』の表現が正しいのかも知れません。

今年の元旦、愛宕山山頂付近から初日の出を眺めたのが昨日のことのよう。 
image0 (1)

今こうして当時の画像を見返すと、”いやらしい曇”に覆われた初日の出。
何かを暗示するかのような、スッキリしない2020年の幕開けでした。

今現在、世界規模で誰もが経験したことのない不自由な日常を強いられています。
イベントの中止や縮小、外出の自粛や制限etc…。
”失われた一年”と表現する人も。

出口の見えないモヤモヤの中での生活は今も継続中。

この一年、全てが色褪せた思い出になってしまうんじゃないか・・・。

そんな折
テレビから流れる心地良いポップなサウンド
♪思い出はモノクローム 色を点けて(つけて)くれー 
【君は天然色】 
作詞:松本隆 作曲・歌:大瀧詠一 1981年リリース

作詞に込められた本来の意図とは違うものの、このフレーズが今の心とリンク。

【君は天然色】のタイトルにもインスパイアされ、秋色を求めて休日ごとに出掛けました。
僕目線で切り取った2020年の秋色コレクション。
モノクロームではなく、色鮮やかな一期一会の景色。
そこには僕の知らなかった京都の秋色がたくさんありました。

下手な写真ですが良かったらご覧ください。

【初めて訪れた宇治 息子と二人でハイキング】 (2020 11/3)
・平等院鳳凰堂 あえて後ろから
image2 (2)

・このショット、大多数の人が撮ると思われます(^-^)
image3 (2)

・鳳翔館
image4 (1)

・天ヶ瀬吊橋
image0 (2)

・天ヶ瀬吊橋 全景
image1 (3)

・大吉山展望台からの宇治市内の展望
image4 (2)


・源氏物語ミュージアムにて①
image2 (3)

・源氏物語ミュージアムにて②
image3 (3)


・朝霧橋
image0 (3) - コピー


【大原野神社 サイクリング】 (2020 11/10)
・鯉沢の池と紅葉①
image1 (4)

・鯉沢の池と紅葉②
image2 (4)

・紅葉 見頃間近の静かな参道
image3 (4)

・狛犬ならぬ”狛鹿”に見守られ
image4 (3)

・街路樹も秋の装い
image0 (4)

・足元の紅葉
image1 (5)

・足元の黄葉
image2 (5)

【柳谷観音 楊谷寺 サイクリング】 (2020 11/16)
・花手水①(龍手水)
image3 (5)

・花手水②(庭手水)
image4 (4)

・花手水③(恋手水)
image5.jpeg

・花手水④(苔手水)
image1 (6)

・上書院にて
image2 (6)

・上書院から①
image4 (5)

・上書院から②
image3 (6)

・静かなお庭
image5 (1)

・本堂の甍を紅葉越しに
image0 (5)

・帰りに立ち寄った長岡天満宮にて
image0 (8)

【保津峡駅から嵐山 ソロハイク】 (2020 11/17)
・保津峡の朝
image1 (7)

・保津峡駅のホームを紅葉越しに
image2 (7)

・しずかな保津峡 トロッコ保津峡駅にて
image3 (7)

・道しるべ
image4 (6) - コピー

・鳥居本の紅葉①
image0 (6) - コピー

・鳥居本の紅葉②
image1 (8) - コピー

・化野念仏寺
image2 (8) - コピー

【浄住寺~嵐山ハイキング】 Withまりちゃん (2020 11/24)
・静かな佇まいの浄住寺
image3 (8) - コピー

・まりちゃん  紅葉を撮影中
image4 (7) - コピー

・フォトジェニックなお魚 黄檗宗特有の木魚の原型
image1 (9) - コピー

・まりちゃん お庭を眺める
image2 (9) - コピー

・地蔵院  通称:竹の寺
image3 (9) - コピー

・鈴虫寺
image6 - コピー

・松尾大社を経由して
image7 - コピー

・嵐山 渡月橋からの眺め   このあと対岸の小高い丘(嵐山公園)まで歩きます
image1 (10) - コピー

・眩い嵐山公園の紅葉
image2 (10) - コピー

・嵐山公園展望台からの保津峡
※川沿いの建物は「星のや京都」
image3 (10)

駆け足でご紹介した2020年の秋色。
出会った景色、どれもが色鮮やかに感じました。

最後になりますが・・・
失われた一年と言う表現もありますが、そうでしょうか?

”例年通り”とは行きませんでしたが
この一年で
新しく誕生した生命もあります。
めでたくご結婚された方。
素敵な記念日を迎えた方。
華々しく人生の節目を迎えられた方etc…
おめでとうございます!

それだけに限らず、
日々、小さな幸せは誰にでも訪れているはず。
その小さな幸せに気付ける心でありたいと思っています。
幸せは自分の心が決めるんだと。

今はモヤモヤした世の中ですが、近い将来 必ず晴れます。

そんな今
僕の好きな言葉の一つ
『雲の向こうは、いつも青空』が、フィットします。
(ルイーザ・メイ・オルゴットの言葉)

厚い雲に押しつぶされそうな日は、覚えていてください。
太陽がなくなったわけではなことを。
ただ、少しの間 雲が邪魔しているだけ。

雲の向こう側には、いつも青空が広がっていますよ!

2021年が皆様にとって素敵一年でありますように。
image4 (8)

スタッフ一同願いを込めて・・・
(2020 11・24 @松尾大社) fhoto by naoya


【2020/11/30 14:58】 | NAOYA(岸田直也) | トラックバック(0) |
麒麟と桔梗と半沢直樹 [KAZUHIKO]
IMG_7700-0.jpg

2020.10

今年の大河ドラマ『麒麟がくる』もいよいよ後半戦。

「大河観てないよっ」
「歴史そんな興味ないよ」っていう方、すいませんm(_ _)m


でも安心して下さい。
この投稿は決して高尚な内容ではありませんw


『麒麟がくる』は戦国時代の明智光秀が主人公のドラマです。

皆様、明智光秀ってどんなイメージをお持ちですか?

・本能寺の変で主君の織田信長を討った人。反逆者。

それから…
・三日天下。

僕自身はそんな感じですかね。というかそれ以外の事はよく知りません。。

どちらかというと『裏切り者』としてネガティブなイメージが勝ちますね。

まあ、ほとんどの人がそうじゃないでしょうか?


でも今回主役で光秀を演じるのがあの(誠実感あふれる⁈)長谷川博己さんです。

IMG_7303-2.jpg


彼が演じる役が悪人?
なわけありませんよね(笑)

「きっと色々あったんやろなぁ」と思ってしまいます。



明智光秀はわりと遅咲きの武将のようで、40歳を過ぎた頃に織田信長のもとで働くようになるまでの半生は謎が多く、ドラマではフィクションも交えてそのあたりを面白くしてあります。

そのオリジナルストーリーがまたすごくて、特に門脇麦さん演じる『お駒さん』の役どころ。

IMG_7306-2.jpg


戦災孤児で京都の町医者の助手。
ひょんなことから明智光秀と出会い、そして幼いころ火事にあった時に命を助けられたのが光秀の父だと知り…

あの織田信長の奥さんとも親友になり…

若かりし頃の徳川家康に自分が作った薬をプレゼントしたり…

まだ何者でもない頃の豊臣秀吉に偶然出会い文字を教え、恩人と慕われ…

公家の関白殿下や室町幕府最後の将軍になる足利義昭や堺の豪商なんかとも遭遇して普通に話をしてたり…

歴史上の人物と出会いすぎ!
しかも結構影響与えてる…

駒さんいったい何者⁈
すごくスーパーな一介の町娘ですよね(笑)

いくら何でも!
という設定ですが、まあ、面白ければいいと思う派です。

ドラマなんですし^ ^

IMG_7702.jpg


話が逸れましたが、この原稿を書いている時点での話の進み具合がちょうど光秀が信長の元で働くようになり、さあこれから世に出ようか、というところ。

今後、信長に反旗をひるがえすまでのその「何故?」が描かれるわけです。

このタイミングで、これから舞台になるであろう場所をいくつか巡ってみました。

【京都亀岡大河ドラマ館】(亀岡市)昨年完成したサンガスタジアム内にあります。先ずはここでドラマの世界観を体験。

IMG_7298.jpg

IMG_7322.jpg




【亀山城址】(亀岡市)光秀の城。本能寺の変を決意し、この城から出陣しました。

IMG_7356.jpg

IMG_7424.jpg




【本能寺跡】(京都市中京区)当時は西洞院六角あたりにありました。今は石碑のみ。

IMG_7466-2.jpg




【本能寺】カナットのすぐ近く。信長の供養塔もあります。僕もほぼ毎朝ここの境内を歩きます。現在『本能寺の変と天下人』という寺宝展示が開催され今ているので観てきました。(21年1月まで)

IMG_7476.jpg


IMG_7473.jpg

IMG_7477.jpg




【天王山】(京都府大山崎町)光秀が秀吉と天下をかけての戦い、そのキーポイントになったのが天王山。登ってきました。

IMG_7513.jpg

IMG_7542.jpg


各地巡って感じたのは、

亀岡は明智光秀びいき、

本能寺は完全に織田信長側、

天王山は豊臣秀吉が主人公の物語…

当たり前と言ったら当たり前ですが
“それぞれの側に立った歴史”
が記してありこれも面白いです。


IMG_7486.jpg
明智かめまる【亀岡ゆるキャラ】(ひそかにゆるキャラあつめてます^^)

IMG_7488_20201012162507d2d.jpg
『シューラスクがくる』  ネーミング(笑)
でもめっちゃ美味しかったのでおすすめです^^


『本能寺と天下人』(本能寺・信長展 これは信長だそうです)
IMG_7480 のコピー


『秀吉の道』(天王山登山道の各所に秀吉が天下を取るまでの絵がかかげてあります)
IMG_7535_20201012162512992.jpg


ところで同じく日曜の夜のもうひとつの楽しみであった半沢直樹。
視聴率も凄かったようですね。

その最終回でのやりとりもグッときました。

白井国交大臣(江口のりこ)が、恐い怖い上役設定の政界のドン美濃部幹事長(柄本明)に反旗をひるがえした場面。

白井大臣は半沢直樹の奥さんである花ちゃん(上戸彩)からもらった桔梗の花を大事にポケットに忍ばせていました。


『桔梗』といえば…


そうです。
明智光秀の家紋であり旗頭のシンボルです。

『麒麟がくる』の同じ日の回にもその桔梗の紋をクローズアップしている場面がありました。

IMG_7486-2_2020101320482158f.jpg



『麒麟』と『半沢直樹』が『桔梗』でつながってましたね。

半沢直樹の脚本にやられました^ ^

そして花ちゃんが言った桔梗の花言葉は

『誠実』

半沢や白井大臣がこの言葉のとおり、自分の信念をとおして謀反した姿と、『麒麟がくる』での光秀のこれからがかぶってみえるのは僕だけではないと思います。


あの“誠実”な『長谷川光秀』がこれからどのようにして本能寺の変を決起していくのか…

『光秀の1000倍返し!!!!』

今から楽しみです。



ここまでお読みいただきありがとうございますm(_ _)m
【2020/10/14 15:47】 | KAZUHIKO(岸田カズヒコ) | トラックバック(0) |
【いにしえの都 奈良ハイキング】     NAOYA
20-10-07-16-52-30-088_deco.jpg


秋晴れの下

【駅からはじまる ハイキングブック】を片手に
20-10-08-14-55-31-924_deco.jpg

息子と二人で、古都・奈良の豊かな自然と悠久の歴史に触れてきました。

奈良は天平文化を今に受け継ぎ、京都とは違った魅力を今に残します。
また、奈良公園・春日大社界隈や、その奥に続く若草山・春日山原始林など、豊かな自然も魅力のひとつ。

そんな奈良を、のんびりハイキング(^^)/

<奈良駅周辺ハイキングコース>
20-10-08-14-55-00-425_deco.jpg

JR奈良駅
   ↓  約3km
春日大社
   ↓ 
春日山原始林
   ↓ 約8km
 若草山
   ↓
 東大寺
   ↓ 約3km
JR奈良駅
(コース距離 約14km)

当日の行程を写真多めにサクサク行きます!
今後の参考にしていただければ幸いです(^^)

11:00
奈良駅到着。久し振りに訪れた奈良駅は新しくなっていました。
20-09-21-10-56-16-597_photo.jpg

余談ですが、Wikipediaによると京都駅から奈良駅間の距離は約41.7㎞。すなわちフルマラソンに匹敵する距離。
そう考えると、この距離を完走するマラソンランナーって凄いな!と別の意味で驚いた( ゚Д゚)

本題に戻って・・・
駅構内で《せんと君》がお出迎え (^^)
20-09-21-10-52-20-398_photo.jpg

奈良市総合観光案内所(先代の駅舎)のレトロ感がイイ感じ
20-09-21-10-57-17-819_photo.jpg

歩き始めてすぐ。この自販機をよく見ると・・・
20-09-21-11-11-57-344_photo.jpg

奈良の鹿の保護活動を支援する、レアな『募金』のボタンが( ゚Д゚)
せっかくなので募金しました。

11:30
春日大社 一の鳥居前を右折
20-09-21-11-27-20-504_photo.jpg

11:35
「浮御堂」が浮かぶ鷺池はどことなく中国の雰囲気が?
20-09-21-11-36-35-396_photo.jpg

11:40
志賀直哉 旧居 (暗夜行路はここで完結した)
20-09-21-11-48-11-207_photo.jpg

ささやきの小径を抜け
20-09-21-11-53-00-520_photo.jpg

春日大社へ 
20-09-21-12-04-39-605_photo.jpg

お約束の鹿せんべい
20-09-21-11-57-16-658_photo.jpg

※鹿の群がり注意!
20-09-21-11-57-57-066_photo.jpg

本殿にて参拝し
20-09-21-12-08-31-404_photo.jpg

鹿みくじは
20-09-21-12-11-52-893_photo.jpg

後に確認したら大吉でした!(^^)!
20-09-21-12-13-14-703_photo.jpg

春日大社すぐそばの水谷茶屋も雰囲気あります(^^)
20-09-21-12-27-02-268_photo.jpg

12:30
春日山遊歩道から若草山へGO!
20-09-21-12-29-45-542_photo.jpg

歩きやすい静かな山道が続き・・・
20-09-21-12-31-11-533_photo.jpg

天然記念物春日山原始林は
20-09-21-12-47-10-494_photo.jpg

標識もしっかり設置され
20-09-21-12-36-17-723_photo.jpg

路迷いは無いと思います。
20-09-21-12-42-21-329_photo.jpg

登り初めから約50分で
20-09-21-13-14-07-153_photo.jpg

この景色! 奈良の市街地の向こうに金剛山・葛城山・生駒山などなど
20-09-21-13-19-28-926_photo.jpg

若草山山頂は『鶯塚古墳』
20-09-21-13-29-07-120_photo.jpg

天気良し! 展望良し!!
20-09-21-13-30-57-433_photo.jpg

13:30
三角点にタッチ!
20-09-21-13-28-43-307_photo.jpg

若草山の下山途中に入山料、大人¥150・小人¥80を支払います。
20-09-21-13-36-43-621_photo.jpg

20-10-08-14-53-34-635_deco.jpg


時々、鹿をお供に
20-09-21-13-55-48-942_photo.jpg

左に春日山原始林の山々を
20-09-21-13-38-22-857_photo.jpg

右に東大寺etc・・・を眺めながらの下山
20-09-21-13-56-05-246_photo.jpg

14:10
下山完了(^^)
20-09-21-14-14-45-384_photo.jpg

東大寺へ向かう途中、お水取りで有名な二月堂の前を通り
20-09-21-14-22-31-610_photo.jpg

石畳の道を抜けて
20-09-21-14-23-46-435_photo.jpg

14:30
いよいよ大仏殿へ
20-09-21-14-31-21-973_photo.jpg

入場待ちの長蛇の列でしたが、10分ほどで入れました(^^)
20-09-21-14-34-56-934_photo.jpg

20-10-08-14-54-17-527_deco.jpg


大仏殿!(国宝)  スケールの大きさは圧巻!!
大仏殿の高さは約49m 興福寺の五重塔約50mに匹敵する高さを誇る
20-09-21-14-47-39-145_photo.jpg

大仏殿前の八角灯籠(国宝)
20-09-21-14-53-10-198_photo.jpg

何年か振りに拝観した大仏さん(国宝)は、やっぱり大きかった( ゚Д゚) 座高14.98m
20-09-21-14-54-32-570_photo.jpg

個人的には、四天王の廣目天や
20-09-21-15-00-03-307_photo.jpg

多聞天(毘沙門天)の凛々しいフォルムが大好きです。
20-09-21-15-03-20-062_photo.jpg

東大寺ミュージアムの『大仏さんの手』 実物大のレプリカ
20-09-21-15-30-31-451_photo.jpg

南大門(国宝)の
20-09-21-15-34-07-098_photo.jpg

金剛力士像(国宝)  まさに阿吽の呼吸で立ちはだかる仏教界の守護神
<阿仁王>
20-09-21-15-32-22-140_photo.jpg

<吽仁王>
20-09-21-15-32-40-763_photo.jpg

『本物』の迫力に魅了された東大寺を後に。
興福寺の国宝館を訪れる予定が時間的にパスし帰路へ。

16:20
『高速餅つき』が有名で、知る人ぞ知る<中谷堂>へ立ち寄って
よもぎ餅 ¥150  美味しかった(^^)
20-09-21-16-19-33-368_photo.jpg

きょう一日 奈良駅周辺ハイキングを楽しみ
JR奈良駅16:53発のみやこ路快速で、心地良い疲労感とともに京都へ・・・。
20-10-04-13-27-51-621_deco.jpg

最後に・・・
今回、久々に訪れた奈良。
豊かな自然と併せて、歴史や文化にも触れることができました(^^)/
春日大社や東大寺といった社寺仏閣のみならず、ハイキングを織り交ぜる事で旅のバリエーションが増えます。
これから迎える紅葉シーズンに、京都近郊の魅力に気付けたらと思っています(^^)





【2020/09/25 11:01】 | NAOYA(岸田直也) | トラックバック(0) |
Mt.唐松岳[MARICO]
IMG_1313.jpg

長野県にある唐松岳へ、姉と2人で登山に行きました。
毎度毎度、山ネタブログですみません。m(__)m
今回初めてのテント泊であります。

am 11:00
特急しなのにゆられて篠ノ井駅に到着。(実際この特急はよく揺れる)
アネに迎えに来てもらって白馬に向かう予定でしたが、急遽お父さんとお母さんが
会いに来てくれる事に!着いて早々の予定変更!笑
でも今年は夏休みに帰省しなかったので、会えてよかったです。
またゆっくり帰るからね~ありがと~\(^o^)/

pm 2:30
白馬グリーンパークキャンプ場。
ここにテントを張って泊まります。

IMG_1247.jpg

最初の計画は、八ヶ岳の『東天狗岳』に登る予定でしたが、天気が悪そうなので行き先を
変更。それでも山頂付近(標高2600m付近)はどこへいっても風が強すぎるということで、
唐松岳の麓をベースキャンプにし、夜明け前から登ろうという計画にしました。

ワタシの中でキャンプ熱が高まっていたのもあるんですけどね!
8月にも滋賀県で日帰りキャンプしました。
なにをするのかっていうと、ほとんど食べてるだけ。笑
お肉を焼いて食べるつもりが、お昼にお母さんたちとハンバーグ食べちゃったので、
夜はキャンプの定番!カレー(インスタントのだけど)

IMG_1249.jpg

呑んだり食べたりしゃべったりしながら、のんびり時間が過ぎていく。。。

IMG_1042.jpg

IMG_1282.jpg
(向かって左は白馬、右は伊那地方で作っているビール)

pm 9:00には就寝。。。

IMG_1054.jpg


am 3:00 起床です。(+o+)
身支を度整えてパッキング。夜明け前なのでヘッドライトをしながら準備します。
テントも撤収し、車で登山口まで。
いよいよ登山開始、、ドキドキ、、、!!

am 5:00
スタートであります。
駐車場からかっこいい山が見えてテンションがあがります!

IMG_1070.jpg

でも、目指すピーク(山頂)は霧の中。果たして、、、。
朝日に背中を押されながら歩きます。

IMG_1079.jpg
(なかなか顔を出さない朝日)

唐松岳は、中学2年生の時に学校の行事で来たことがある山でした。
あのころは、登山なんてただただしんどいだけって思ってたのに、
こうして自ら来たいと思うようになるとはねェ~。

IMG_1283.jpg
(お山の解説をしてくれてるの図)
 
am6:50
日が昇るにつれて青空が見えてきました。
最初のポイント八方池。
真っ白け~でなにも見えない!!笑
ガス(霧)がなくなるのを待ちつつ軽い食事。
結局ここでは何も景色が見えませんでした。

IMG_1119 (1)

でもその後、歩き出して少ししたらなんか見えてきたー!!
キレイな景色が観えるとヤル気が出てきます。

IMG_1131.jpg
(指さしてるのは白馬岳)

am 8:16
雪渓到着。雪少なー!

IMG_1140.jpg

am 8:37
丸山ケルンというポイントに着きました。
ちょっと風がでてきた。
お山も出てるよー!!白馬三山。白馬鹿島槍岳、杓子岳、白馬(しろうま)岳。
かっこいい・・・シビレました!!
標高2430mなので空気の薄さを感じてきました。息が切れます。。。

IMG_1284.jpg
(山の?ポーズ)

IMG_1148.jpg
(雲海だ~)

丸山ケルンを過ぎてから、だんだん道が険しくなってきました。
歩いてるところの両側が急な斜面になっていて、怖くなってきた。。(高所恐怖症なので)
こんな感じだったっけな?あの頃は高い所が怖くなかったんかなァ。
登山道も変わるからねェ~と、終始ヨユーなアネ。

空気が薄いから歩いててドキドキしてるのか、怖いからドキドキしてるのか
よくわからなくなってきました。(@_@;)
ロープを持ちながら歩くところもあるし、岩をつかみながら、這いつくばって進みました。
たぶん、高い所が怖くない人は普通に歩けると思います。笑

IMG_1254.jpg
(リアル ロッククライミング)

なんだかブログを書きながら、この辺を歩いていた時の記憶があんまりないなあ、と。
朦朧としていたのかもしれません。 アネも前に、あの場所歩いていた記憶があんまりないってうい登山があった
らしいけど、それかなァ。(^_^;)

IMG_1297.jpg
(もーふらふら(~_~;))


am 9:22
そしてついにーーー!
見えました!山荘です!!

IMG_1281.jpg
(山登りでワタシがいつもする、凧揚げ。山荘が見えて意識を取り戻したときでもあります。笑)

ここからピーク(山頂)までが往復40分。どうする?と、アネに聞かれ、
風もだいぶ強いしもういいよ!と、ワタシ 笑 
お昼ご飯も食べるつもりが、風が強すぎてお湯わかしてカップラーメン食べてる場合ではなく、、
トイレを借りて下山しました。

16F64E88-0DBA-4AB1-883B-179D135FAC10.jpg


IMG_1285.jpg
(遠くの方までよく見える~~)

ピークは行けませんでしたが、おかげで?
下山してすぐぐらいに雷鳥に会えました!

IMG_1288.jpg

登りは4時間半(休憩も含めて)かかりましたが、下りは3時間程。下りは早い~。
一番最後はリフトでスイ~っと、楽ちんです。

IMG_1259.jpg

IMG_1258.jpg
(ゴールテープを切った瞬間 笑)

でも、ここからまだ京都まで帰らないといけないのです!
移動距離が半端ない!笑
今度は妹が会いに来てくれて、ひとしきりしゃべった後
バタバタと電車に乗り込み家路に着いたのでした、、、。

IMG_1287.jpg

家に帰ってから、中学校の時の登山が懐かしくなって
文集を出して読んでみました。
その当時は雪渓にもたくさん雪が残っていたらしく、その雪の中にペットボトルの水を埋めて冷やした、
と書いてありました。笑 今はロープが張っていて、雪渓には近づけないようになっています。
昔は今ほど夏は暑くなかったし、冬に降る雪も多かったんだろうな。。。

担任の先生の文章も読んでみると、
『・・・自然が本当に身近に感じられる事に気がつきました。
人工的な物は極めて少なく、花や樹木や動物そして雲や雪や岩だけですから
当たり前と言えばそれまでですが、何かホッとする自分に出会いました。』
と、書いてあり
あの頃あんまり好きになれない先生だったけど、
今ならその気持ち、、すごくわかります!!
と、ウン十年の時を経て初めて先生の気持ちを知ったのでした。

あっという間の二日間だったけど、
超リフレッシュ&懐かしい気持ちにさせられた
唐松岳登山でありました。


IMG_1253.jpg
【2020/09/10 10:58】 | MARICO☆(栁澤真利子) | トラックバック(0) |
【今年の夏山は息子と比叡山へ】    NAOYA
20-08-19-14-12-32-249_photo.jpg

例年通りとは行かなかった今年の夏。
ある意味『特別な夏』でした。

北アルプス方面へ行きたかったのですが、諸般の事情により計画は早々に断念。
そんな中、せめて夏休みらしいことを・・・という事で、現在小6の息子と比叡山登山に行ってきました。
今ではすっかりインドア派になった息子とは2年振りの登山。

そんな事もあって、今回のコースは初心者向けの言わばハイキングコースにしました。
坂本方面から山頂まで頑張って登れば、下りはロープウェイ+ケーブルカーの計画。
昼食は延暦寺にて、名物『鶴㐂そば』のオプション付き。
遠足気分です(^-^)

今回の行程
JR比叡山坂本→延暦寺→山頂→ロープウェイ→ケーブルカー→八瀬
20-08-26-12-49-59-581_deco.jpg
(比叡山ハイキングマップから引用)

比較的気軽に行けるコースですので、参考にして頂ければ幸いです。

では早速 順を追って・・・
JR湖西線 比叡山坂本駅下車
(奥に聳えるのが比叡山です)
20-08-19-09-59-34-407_photo.jpg

駅前の観光案内
20-08-19-10-01-24-357_photo.jpg

登山口まで徒歩で約20分 
20-08-19-10-14-44-600_photo.jpg

坂本の穴太衆(あのうしゅう)積みの石垣群  雰囲気のある景色
20-08-19-10-15-24-756_photo.jpg

※ここから徒歩10分程の場所に、明智光秀の菩提寺『西教寺』が在ります

左:延暦寺へ  右:日吉大社
(左の石段からスタート!)
20-08-19-10-41-18-728_photo.jpg

登り始めは比叡山高校横の石段 
20-08-19-10-43-13-514_photo.jpg

10分もすれば、こんな感じで琵琶湖が望めます
20-08-19-10-58-48-232_photo.jpg

石段を抜け、木漏れ日の山道を歩みます  
20-08-19-11-08-23-739_photo.jpg

が、やたら休憩が多いです・・・^_^;
20-08-19-11-36-31-019_photo.jpg

雰囲気のある森を歩き
20-08-19-11-51-24-294_photo.jpg

さらに30分歩き、お堂が見えたら延暦寺まであと少し!
20-08-19-12-25-53-092_photo.jpg

文殊楼   (靴を脱いで拝観できます)
20-08-19-12-40-59-313_photo.jpg

手を合わせて文殊観音様から知恵を授かります
20-08-19-12-43-33-067_photo.jpg

根本中堂にて(平成28年から約10年をかかて大改修中です)
20-08-19-12-52-13-268_photo.jpg

昼食は比叡山名物『鶴㐂そば』
20-08-19-13-02-56-710_photo.jpg

門前そば(冷) ¥830 
20-08-19-13-12-37-537_photo.jpg

ざるそば ¥670
20-08-19-13-12-30-383_photo.jpg

お品書き
20-08-19-13-25-44-414_photo.jpg

『世界平和祈りの集い』の一環で、折り鶴を納めてきました
20-08-19-13-27-18-472_photo.jpg

阿弥陀堂にて鐘をつかせていただいて
20-08-26-15-49-16-255_deco.jpg

さらに山頂を目指します
20-08-19-13-47-40-788_photo.jpg

静かな山道が続き
20-08-19-13-53-47-238_photo.jpg

TV局の比叡山中継基地を過ぎれば、山頂はすぐそこ!
20-08-19-14-08-49-279_photo.jpg

比叡山山頂!(848m) 三角点にタッチ!
20-08-19-18-11-18-281_deco.jpg

山頂から約5分。ガーデンミュージアム駐車場からの展望
京都方面
20-08-19-14-21-31-159_photo.jpg

反対側は琵琶湖を望めます
20-08-19-14-23-40-784_photo.jpg

ロープウェイ駅への看板が、ジワります・・・
20-08-19-14-27-06-011_photo.jpg

20-08-19-14-27-39-557_photo.jpg

20-08-19-14-29-18-499_photo.jpg

20-08-19-14-32-13-454_photo.jpg

京都市内からも見える山頂のアンテナを真下から
20-08-19-14-32-54-075_photo.jpg

ノスタルジックなロープウェイ山頂駅
山頂駅→八瀬(ロープウェイ+ケーブルカー)片道¥900
20-08-19-14-35-51-240_photo.jpg

眼下には岩倉方面の展望
20-08-19-14-48-30-103_photo.jpg

約3分の空中散歩  ナイスビュー!
20-08-19-14-52-13-817_photo.jpg

ケーブルカー乗り換えの待ち時間に
『かわらけ投げ』に挑戦!
20-08-19-14-55-54-950_photo.jpg

『HIEIZAN』の映えスポットがありました(^-^)
20-08-19-14-59-21-120_photo~2

叡山ケーブルカーで八瀬まで
※叡山ケーブルカーの高低差は日本一です。
ちなみに反対側(滋賀県側)の坂本ケーブルは走行距離が日本一
20-08-19-15-02-51-951_photo.jpg


20-08-19-15-10-15-706_photo.jpg

乗車時間10分でケーブル八瀬駅到着
20-08-19-15-15-17-480_photo.jpg

そして、叡電八瀬驛から出町柳を経由して帰路へ
僕自身、初めて叡電に乗りました・・・(^_^;)
20-08-26-15-12-01-832_deco.jpg


今回の登山は・・・
・坂本の登山口から延暦寺まで、超スローペースで2時間弱。
・延暦寺から比叡山山頂まで、超スローペースで20分弱。
そんな感じで、登山口から山頂までは2時間ちょっと頑張れば到着できます。

比叡山の標高848mは、3000m級の北アルプスの山々には遠く及びません。
しかし、自分の歩幅で山頂に辿り着いた達成感は、何物にも代えがたいと思います。

子供は、ひと夏でグンッと成長します。
今回の経験が『特別な夏』の思い出にになればと願います。

20-08-19-15-49-34-415_photo.jpg

下山後
『次は二人でどの山の頂に立てるのか・・・。』
そんなことを想いながら比叡山を振り返りました。


【2020/08/26 11:22】 | NAOYA(岸田直也) | トラックバック(0) |
今年の大文字は“ひっそりと”[KAZUHIKO]
2EEE0043-.jpg

京都の4大イベントといえば、

葵祭(5月)
祇園祭(7月)
大文字の送り火(8月)
時代祭(10月)

が有名ですね。

中でも

『祇園祭』で本格的な夏の始まりを、

『大文字の送り火』で夏の終わりを感じる…

と京都の人は何となく体内にインプットされている方も多いのではないでしょうか?

それだけこの二つのイベントは『京都の夏』には欠かせない行事ですね。


今年はコロナの影響で4大イベントどころか、大小ほぼ全ての行事がことごとく中止もしくは大幅な縮小で、『季節』というものを実感しづらいです。。

節目なく淡々と日ばかりが過ぎていくようで、
時が経つのが異様に早く感じるのは僕だけでしょうか?

「いつの間にか8月やん!でもそんな感じしいひんやん!」って。。。。



ここから本題です。

今回は『カナットで一番山が似合わない男』カズヒコの山ブログです^^

この間の休みの日、
久しぶりに大文字山に登りました。

大文字山は幼稚園や小学校の行事でも登山が組み込まれるほど京都人にとってはすごく身近な山です。
実際、登るとまあまあの確率で山上でお昼の弁当を食べる子供達に囲まれます(笑)

子供達だけではなく近所の人達が散歩代わりに登ることも多く、先日来の緊急事態宣言が出された頃は、密になりやすいという理由で大文字山登山も控えるように…とのお達しも出たとか。

IMG_6408.jpg



「運動不足やし大文字でも登ろっか!」
となる人、結構いるかもです。

まあ、今回僕も半分はそんな感じでしたが。。
(あとの半分は更新が遅れていたブログのネタのためです^^;)

IMG_6420.jpg


今はコロナ禍で京都の観光地も人はまばら。

IMG_6418.jpg
(銀閣寺門前もひっそり)

その日も登山中や山上でもほとんど人に出会わないという、

IMG_6215.jpg

これまで何回も登っている中では初めての経験でした。

IMG_6217.jpg


とりあえずは『火床(ひどこ)』まで。

8F6DDD27-.jpg


ここは『大』字の交わる最重要の点火台です。




IMG_6224.jpg
(火床からの眺め)

IMG_6337.jpg
(拡大:河原町御池方面を望む)

IMG_6227.jpg
(大の字三画目はこんな感じ)

ご存知の方も多いと思いますが、今年の送り火は例年のように『文字』や『形』にはなりません。

『点』です。

例えば大文字ならこの中心部と頂点の6カ所。

その他の山も各1ヶ所か2ヶ所の『点』のみです。

IMG_6438.jpg


見物する人や点火に携わる保存会の人達の密を避けるための大幅な縮小。

「大文字観るために集まらないで!」
というメッセージですね。



五山送り火は、今年に限っては大々的は『イベント』というよりは

「密集せず、お盆に迎えた先祖の霊を静かに送る」

という本来の目的に沿った最小限なものになるようです。

送り火が中止もしくは大幅縮小になるのは
1943年から1945年までの戦時中までさかのぼり、
今回のケースは異例中の異例。

ちなみにお客様から教えていただいた情報で興味が湧いて調べてみたんですが、その1943年から1945年までの3年間は、送り火が中止された代わりに当日早朝、地元の小学生の児童達が白いシャツを着て大文字山に登り、人文字で『大』を描き、英霊にラジオ体操を奉納した。というエピソードもあるようです。
当時小学生だと現在は85歳から90歳前後になっておられますね。


中止以外の五山送り火の記録としては、

日清、日露戦争に勝った時も五山送り火をしたそうです。


また、僕の記憶では、2000年12月31日に

『20世紀を送り21世紀を迎える…』

という意味合いで五山送り火が行われました。

その時、大の字を観ながら率直に
『大文字はやっぱり夏でないと。。』
と感じたのを覚えています。

寒くて(笑)


あと、大文字関連の余談として2003年に阪神タイガースが優勝した晩にファンが大文字山に登り、各々の懐中電灯で阪神のHTマークを人文字で灯したとか。

この発想(笑)

大阪の人が道頓堀にダイブするように
「京都やったら大文字やろ!」

というぐらい親しまれている⁈
証拠でしょうか^ ^

六甲おろしを絶唱しながら
浮足立ってあの登山道を登っている阪神ファンの姿を思い浮かべるだけで
笑えます。



今年は本当に大変な年になりましたが、気持ちだけは前向きに、自分なりに季節を感じたいと思います。

長かった梅雨も明け、夏本番!

皆様もくれぐれもお元気で!

kanko_map.jpg


【2020/08/01 15:00】 | KAZUHIKO(岸田カズヒコ) | トラックバック(0) |
【季節の移ろいを感じて】   NAOYA
20-06-05-20-13-04-492_deco.jpg

『ステイホーム』を合言葉に、3月・4月・5月は足早に過ぎ去りました。
季節の移り変わりを楽しむことなく、気が付けば6月。

新しい生活様式の日常がスタート。
とは言え、遠出するのも難しいのが現状です・・・。

こんな時だからこそ、地元京都の魅力を再発見するには良い機会かも知れません。

ということで、梅雨入り前の6月上旬。
花手水で有名な長岡京市『柳谷観音楊谷寺』へ訪れました。

京都市内から自転車で片道1時間ちょっとのサイクル日記です。
約1年前に訪れて以来二度目。
前回訪れた時の写真も併せてご紹介。

では、写真多めで行きます
20-06-05-20-54-07-401_deco.jpg


・桂川に架かる八条大橋を西へ(矢印の辺りを目指して)
20-06-03-15-27-06-852_deco_202006101839016b7.jpg

・30分程走り、西国街道沿いの『五辻の常夜灯』(向日市)を通り  
 ※西国街道・・・山陽道の別名。京都(東寺口~下関・あるいは大宰府までの旧街道)
20-06-02-09-55-35-323_photo.jpg

・更に走ること10分で『長岡天満宮』
20-06-02-12-56-39-092_photo.jpg

・道中で見掛けた標語・・・『山道は 煩悩消して  ライト点け』  (※とびだしぼうず拝)
20-06-02-12-48-51-846_photo.jpg

・竹林沿いの山道をひたすら登ること約20分
20-06-02-10-25-29-463_photo.jpg

・とびだしぼうずがお出迎え
20-06-02-12-41-38-280_photo.jpg

・柳谷観音楊谷寺に到着(標高約240m) 
20-06-02-10-41-39-176_photo.jpg


【柳谷観音楊谷寺】
京都清水寺の開祖延鎮が806年に建立。
眼病平癒の祈願所として、平安時代より天皇公家を初めとする眼病に悩む人々に信仰されてきました。
境内には空海(弘法大師)の法力による独鈷水(おこうずい)があり眼病に効くことで知られ、毎月17日の縁日が開催。
庭園は府指定の名勝で、あじさいのみちも整備されています。

・山間に位置し傾斜を利用した雰囲気のある立派なお寺です。
20-06-02-12-37-51-380_photo.jpg

・境内全景案内図
20-06-02-10-44-12-316_photo.jpg

・山門をくぐりすぐ左に有名な『花手水』
 この時はシャクヤクの花手水でした。
20-06-02-15-15-57-810_deco.jpg

 (シャクヤクの花言葉)・・・いつか来る幸せ

・本堂 御本尊は十一面千手千眼観世音菩薩
20-06-02-10-56-16-187_photo.jpg

・独鈷水(おこうずい)堂
 弘法大志ゆかりの眼病にご利益があるとされる水を自由に汲めます。
20-06-02-11-17-48-422_photo.jpg

・毎月17日の縁日限定の御朱印が人気
20-06-02-11-18-01-890_photo.jpg

・本堂から奥の院へはいくつか順路があり、左から進むと・・・

・ここにもシャクヤクの花手水
20-06-10-17-35-30-937_deco.jpg

・手入れの行き届いた庭園
20-06-02-15-23-32-049_deco.jpg

・心地良い風が吹いてました
20-06-02-11-31-10-481_photo.jpg

・青モミジのハートの手水
20-06-10-17-40-38-448_deco.jpg

・雰囲気のある庭園です
20-06-02-11-32-59-100_photo.jpg

・庭園を抜けた先にある『心琴窟』(しんきんくつ)
①柄杓で水を汲み
②水を地面に落として
③竹筒を耳にあてると心地良い滴水音に癒されます
20-06-02-11-34-17-361_photo.jpg

・あじさい廻廊を経て奥の院へ
20-06-02-11-35-34-439_photo.jpg

・別ルートで本堂向かって右から行くと
20-06-02-11-02-52-562_photo.jpg

・お寺に鳥居が混在する新緑の散歩道
20-06-02-11-03-22-418_photo.jpg

・ひっそり佇むハートのベンチ
20-06-02-11-05-56-816_photo.jpg

・人影もまばらな奥の院。静かな時が流れ・・・
20-06-02-11-06-24-307_photo.jpg

・高台から俯瞰
20-06-02-11-10-47-751_photo.jpg

・三分咲きのアジサイを眺めながら
20-06-02-12-30-01-719_photo.jpg

・苔むした青もみじの手水に季節を感じます
20-06-02-10-54-51-739_photo.jpg

境内のいたるところに『粋』を感じます。
ここ柳谷観音楊谷寺は、長岡京市の山間に位置する『知る人ぞ知る』的なお寺。
これからの季節はアジサイが見頃を迎えます。

最後に、昨年訪れた時の画像もご紹介
この時はアジサイの花手水でした。
19-06-17-14-49-47-499_deco.jpg

19-06-17-12-04-54-612_photo.jpg

19-06-17-11-25-20-298_photo.jpg

19-06-17-12-11-43-235_photo.jpg



京都には季節感を演出した神社仏閣がたくさんあります。
京都も今は観光客はまばら・・・。

これを機に京都の魅力を再発見してみるのも良いかも知れませんね(^-^)
20-06-02-11-01-52-421_photo.jpg



【2020/06/03 15:40】 | NAOYA(岸田直也) | トラックバック(0) |
おうち時間[MARICO]
IMG_9996.jpg


外遊びが大好きと言ってきましたが、家にいる時間が多くなった今日この頃。。。
というわけで、料理することが多くなりました。
もともと作るのは好きなんですけど、ワタシの料理ブームにはムラがあり、
ブームが去ると全然やりません。

でもやはりこの時期、料理する人が多いみたいで、
これ作りました、アレ作りました、こうすると簡単に作れますよ~って言うのをいろんなところで目にし、
影響を受けて毎日作るようになりました。笑

IMG_9435.jpg
(切り干し大根作る途中)

飽きもせずコンビニで買っていたお昼ごはんも(ホントは飽きてた)
お弁当を作って持っていくまでになりました!
こういう形で日常が変わることもあるんだなぁ。

オンライン料理なるものもやりました。
要は、テレビ電話しながら作るってこと。
普段使ったことなかったけど、スマホの画像もキレイだし、音声もはっきりしてて聞き取りやすい。
文明の利器すごいな~ 笑
しゃべりに気を取られて、〇○入れ忘れた!とかありましたけど、
作ってから食べるまでを一緒に過ごせて楽しかったです。

IMG_9743.jpg
(長野の友達N美と一緒にオムライス作りました)

1F11DBB4-7C36-4930-9868-8EF4930073A9.jpg
(ケチャップで絵とか文字、かくよね~ 左 ワタシ 右 N美)

IMG_9998.jpg
(この日はタコライス。盛り付け方がよくわかんなかったけど。笑)

で、気付いたことが、、、
ウチにある食器イケてない!笑

IMG_9962.jpg
(リラックマとミッフィーちゃん。。。(^_^;))

そういば、ここ数年食器を買っていなかった。
家にあるのは、コンビニでシール集めてもらったやつか、結婚式の引き出物だし、
なんならお皿が欠けてるところあるのに使ってるぅ~(^_^;)))
家に居る時間が増えた今、日頃見えていなかった問題点が浮き彫りに。(大げさだな)

仕方ない、やたらあるランチョンマットで気分を変えよう!笑
無かったら無いで、在るもんでやっていくしかありませんネ。

IMG_9579.jpg

IMG_9981.jpg
(ホットケーキミックス品薄です、、無いとムショーに食べたくなる!)

そうしてマイブームも一か月が過ぎ、
食べたいものが無いな~と、、、思いはじめていた時に出会ったのが
ドラマ 『昨日何食べた?』

IMG_9922.jpg

西嶋秀俊さん演じる弁護士のシロさんと、内野聖陽さん演じる美容師のケンジ。
ふたりは同居する恋人同士なんです。そんな二人のほろ苦くもあたたかい毎日と、日々の食卓を描いた物語です。
(ワタシはパラビという動画配信サービスで観ました。アマゾンプライムビデオでも観れます)

いろんな料理レシピが紹介されるドラマかな~とか思いきや、
けっこうおもしろいんです!
内野サンが今まで演じてきた役柄とは全く違うんですけど、そこにハマりました。笑
見た目は43歳の男性なのに、恋する乙女の心を持っていて、かわいい(?)んです。
西嶋さんは、そのまんまシュッとした男前の役だけど、いつも定時に家に帰って晩ごはんを作り、ケンジの帰りを待つ。
お料理は凝ったものではないけれど、丁寧に作られていて、おかずのバランスも良い。
なによりとってもおいしそう!!

おいしいって幸せなことなんだなぁ、と。。。

食べてもらう人のことを想いながら、それがたとえ自分の為にだとしても
思いを込めて作るときっとおいしくなる。(気がする)
こうして料理ブーム再燃!!
今日は何食べよ??

IMG_9978.jpg
(掃除してたらイイ感じのお皿出てきました)



今までの日常がガラリと変わって2か月くらい?
戸惑いや不安もありましたが、その間にいろんな事に気付かされたり、
今の状況に慣れつつある自分もいます。
お山への思いを馳せつつも、おうち時間もけっこう快適です。

その他、おうち時間でやった事。
・家の窓ふき
・家の中でテントを組み立てる
・ドラマ一気観
・友達に便りを送る
・オンライン帰省
・読書 etc、、、



それから、直也さんに習って『壁アート』もやってみました。
初心者は「木」を作るところからやってみるといいそうです。

はじめにパーツを切っておいてから、貼っていきます。

IMG_0009.jpg

(自宅の冷蔵庫に貼っています)

IMG_0010.jpg

りんごの木。なんか、日本昔話に出てくる絵みたいになりました。笑笑


【2020/05/07 11:19】 | MARICO☆(栁澤真利子) | トラックバック(0) |
Mt.信貴山[MARICO]
IMG_9198.jpg


またまたお山の話し。
こんなネタばかりですみません。m(__)m
今回行ったのは、信貴山(しぎさん)。
奈良県生駒郡平群町に位置する山です。
メンバーは摩耶山に一緒に行ったMさんと、Mさんのお友達で
この日に初めて会ったSさんの3人で行きました。

恩智神社からスタート!(最寄りの駅は、近鉄大阪線、恩智駅)
この時期に山登りしたことがなかったので、服装はどうしよう?
寒かったらやだナ、でも歩いてたら暑くなるよね?!レイヤリング(重ね着のこと)には
悩みました。
この日は天気がよかったので、やっぱり歩いていると暑かった!!

IMG_9142 (1)
(今日のおやつはコレ!甘いのとしょっぱいの)

IMG_9152.jpg
(イノシシじゃなくて、イノブタなんだ、、、)

IMG_9160.jpg
(センパイ方、今日もよろしくおねがいします!!)

Sさんは、2000m級の山でテント泊や、富士山も登った事のある方なので、
いろんなお山の話しが聞けました。
予約していた山小屋が、到着したところと間違っていた話とか、、、。笑
お山ではハプニングはつきものなので、対応力も必要です。笑

IMG_9165.jpg
(芽吹いてきてる♪)

1時間ぐらいで『のどか村』に到着。
ここにはBBQができるところがあったり、いちご狩りができるところがあります。
売店もありました。

ベンチもたくさんあるのでここで昼食。
この日はめずらしく家で作って持ってきました!
豚汁とおにぎり。

IMG_9180.jpg

昼食後、目指すは山頂!
ケーブル線高安山駅を経て、高安山山頂。

IMG_9190.jpg

道案内の文字がなんかこわい、、、(^_^;)

IMG_9254.jpg

IMG_9294.jpg

からの~信貴山山頂へ!

IMG_9236.jpg
(上り坂が少なくて、歩きやすい~)

鳥居がたくさんあるので、二礼二拍手でお詣りしていたら、
「ここはお寺だよ~」とMさんに言われる。笑

IMG_9255.jpg

IMG_9210.jpg
(木の切り株の上にあった)

IMG_9235.jpg
(鳥居がたくさん)

展望もよかったんですけど、気ままな山歩きをしていたので時間がなくなり(焦)
早々に山頂を後にし、コーヒータイム場所を探す。笑

IMG_9225.jpg

気分的に下山したかのような、ほっこり気分になっていましたが、
ここからまだ1時間半ほど歩きます。

IMG_9221.jpg
(大きいトラのハリボテ 信貴山 朝後孫寺 ここはトラが縁のある神として、信仰されているそうです)

IMG_9230.jpg

影が長くなってきた~、、、
無事戻ってきて(下山できた)ホッとする気持ちと、山登りが終わっちゃうのが
夕暮れ時っていうこともあって少しさみしく感じるこの気持ち。

今回も、楽しいお山になりました。
なんでワタシは山に行きたくなるのか、前々回のブログで書きましたが、
ワタシはよく、天空の城ラピュタでシータが言っていた言葉を思い出します。

『土に根をおろし、風と共に生きよう。種と共に冬を超え、鳥と共に春を歌おう。
どんなに恐ろしい武器を持っても、たくさんの可哀想なロボットを操っても、
土から離れては生きられないのよ。』

ホントだよネ~
大人になって、この言葉の意味がわかってきた気がします。

いつもの日常が、変わってしまっても
ちゃんと季節は巡ってく。
外での活動は、いろんなことを教えてくれます。

IMG_9192.jpg


・・・下山報告
〆はラーメンで!丸源ラーメン。
登山した後は、タンパク質や糖質(炭水化物)を取ると疲労回復に効果的
らしいですョ。(まりこ調べ)

IMG_9296.jpg
【2020/03/18 19:08】 | MARICO☆(栁澤真利子) | トラックバック(0) |
| ホーム | 次ページ
プロフィール

カナット

Author:カナット
京都の美容室
kanatt
*KAZUHIKO Kishida
*NAOYA Kishida
*SAYAKA Kitagawa
*MARICO☆ Yanagisawa

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード